ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

ねこねこ日本史

しばらく前、家族でTSUTAYAに行ってきた。

で、それぞれに別れてあれこれ見ていると、ムスメがとあるDVDを見つけて持ってきた。

それがアニメ【ねこねこ日本史】シリーズだった。

…なんだこれ?

パッケージの裏の説明を見てみると、ふむふむなるほど。

どうやら日本史を子供向けに簡単に判りやすく、登場人物を可愛らしくデフォルメした猫に代えてある(一部例外アリ)アニメーションらしい。

ムスメ、なかなか可愛いところあるじゃないか。

ここ近年、ムスメは日本の歴史にハマっている。主に室町時代辺り。戦国時代も少々。またはその周辺。戦国武将とかよりも、お姫様だとか貴族だとか、そっち系がお好みのようだ。

さらに他国の歴史(と言うかお姫様?)にも多少の興味を持っているようで、楊貴妃とかマリーアントワネットとか関連の映画のDVDをレンタルしたコトもある。

家族旅行でのお城巡りもその延長みたいなモノだ。

そしてそんなムスメが普段から読んでいる本は、ヨメや俺がタイトルは知っているけれど手に取ったコトさえもないような、そんな難しそうな本である。

参考までに、いくつかタイトルを挙げると…

 

更級日記

土佐日記

源氏物語

平家物語

枕草子

 

などなど。

さらに新元号【令和】発表よりも1年以上も前から万葉集やら百人一首やらを読んだり。で、さすがにすべてではないんだけれど、いくつかの歌を暗記している。

その他、時代小説、とでも言うのだろうか。例えば大河ドラマの原作とか参考文献なんかを知るとそれを読みたがったり。

とにかく「なんか難しそうな本だな」と思うような本を、好んで読む我がムスメ、現在小学6年生であった。

 

そんなムスメが、いかにも子供向けな感じのDVDを持ってきたコトに少々驚きながらも嬉しく思ったものだった。

そして、その【ねこねこ日本史】シリーズのDVDをいくつか借りて帰った。

 

俺も初めて見たんだけど、ワリと大御所声優さんが出ていてワロタ(笑)

山寺宏一さんとか小林ゆうさんとか。

 

で、だ。

先日たまたま、テレビの番組表を見ていると、なななななんと!

【ねこねこ日本史】がリアルタイムで放送しているっ?!?!?!

放送局は…。

NHKかよっ!!!

このアニメ、NHKやったんか!!!

まったく気付かなかった!

と言うか、気にしていなかった。

…不覚っ。

 

ここ最近は、ムスメもNHKの【ヒストリア】に飽きてきたようで、家族でNHK離れが進んでいたのに…。

ムスメに聞くと「見たい!」「録画したい!」とのコト。

そうか。

ならば致し方あるまぃ。

不倶戴天の、憎きNHKと言えど、ムスメのためであれば録画くらいしてやるさ。

あぁ!

録画してやるとも!

NHKの視聴率に貢献するのはなんだか癪だけど。

 

でもまあ、考え方によっては、残念ながら、嫌々、泣く泣く、仕方なく、受信料を払っているんだから、「NHK大嫌い!」と見ないのは逆にもったいないのかも知れない。それこそ、お金をドブに捨てるようなモノかも知れない。

であればいっそ、支払った受信料分以上は、NHKを見ないと損なのかも…。

それに、決して安くはない受信料、有意義に使っているのかを監視しなくては…。

…なんて考えて、自分を無理やり納得させようとしている俺ガイル。

 

ちなみに【ねこねこ日本史】、特に歴史に興味がない大人(俺)が見ても、そこそこ楽しめた。

日本の歴史を知るための入り口としては、良いかもね。ただ、各話ごとの主役(歴史上の人物)によって年代が前後に飛ぶので、年表とかで確認しながらでなければ、混乱するかも???