ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

ヨメの勤める保育園で学芸会

が、昨日、土曜日にあったらしい。

で、それで思い出したらしく、前日の金曜日の夜、ヨメが自身が小学生くらいの時の合唱大会(?)の思い出話をしてくれた。

 

なんでも、ヨメ自身はその時に自分が歌った曲目なんかキレイサッパリ忘れている。何度も何度も繰り返し練習したハズなのに、まったく印象に残っていない、とのコト。

ところが、他のクラス(他の学校?)が歌った曲目がすごく印象に残っている、と。

 

そして、YouTubeで検索して聴かせてくれた曲が

 


【AIR】 鳥の詩 【高音質】 - YouTube

 

ちょ。

なんでヨメがその曲を知っている…?

俺はイントロ1秒で判ったけど。

しかし数秒後、

ヨメ「あれ、違うな…」

って、違うんかぁーぃっ!

 

 

改めて検索してかけたのが

 


鳥の詩 杉田かおる - YouTube

 

こっちかぁー。

って、いやいや…。

いくらなんでも小学生でこの曲は無いやろ。

小学生には理解できんのじゃね?

ヨメ、また間違えたな。

「節子、それ、ドロップやない。おはじきや」

 

と思っていると

ヨメ「これこれ。この曲。小学生でこれを歌わせるって、この先生スゴくない?」

と。

曲目よりも、これを選曲したセンスがスゴい、とのコトで、ヨメは良い意味で、すごく印象に残ったらしい。

 

まぁ冷静に考えてみれば、たぶん、ヨメが小学生のころにはまだ、Liaの【鳥の詩】の方は出ていなかったと思う。

 

それにしても。

小学生に魔王・杉田かおる(笑)さんの【鳥の詩】を歌わせるとは、なかなか勇者だなぁ、その先生。俺はヨメとは別の意味でスゴいと思ったわ。

 

ヨメに言わせると、子供たちが自分が歌う曲の内容とか意味とかを、その時には理解できなくても、成長してある時ふと思い出した時に、その曲の内容とかメッセージに気付くコトがある。わたし(ヨメ)は子供たちの卒園式などの節目節目には、そういう曲を歌わせている。

とのコト(概要)

 

ちなみに、数年前、ヨメが卒園児を受け持ち、卒園式の責任者として教え子たちに歌わせたのが

 


さよなら僕たちの保育園 - YouTube

 

だそうで。

その卒園式のムービーを見せてもらったが、歌っている園児も、見ている父兄も、号泣していたっけ。

まぁ、確かに良い歌ではあるわな。

ヨメはその時はもちろん、後々思い出した時にも、その歌の意味や想いを感じ取ってほしいようだ。

 

ヨメ、案外、深いなぁ。