ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

ボクシング協会

が、なにやらおもしr…、いや、もとい、大変なコトになってきているらしい。

以前にも書いたけど、俺はスポーツ全般、まったく興味がない。当事者たちは大変だろうけど、俺的にはなかなかおもしろく見させてもらっている(笑)

 

会長の、山根、って言ったっけ、あのオッチャン。

テレビで見る限り、完全にチンピラだよなー。

 

学生時代から下っ端ヤンキーやってて、上の人間にパシリやらなにやらこき使われてきて、今では上の人間はほとんどが更生してまっとうに生きている中、下っ端だった彼はそのままヤンキー街道を進み、たまたまうっかりなにかの間違いで「ボクシング協会」と言う狭い中の頂点に立ってしまい周囲も持ち上げてくれたため調子に乗りまくり、まるで世界は自分の思うまま、と勘違いしてしまった「猿山のボス猿」の成れの果て…、みたいに思ってしまった。

 

なんだかなー。

山根のオッチャンのインタビューを見ていても、何が言いたいのかよく判らないな。なんなら、最近の小学生の方がもっとキチンと答えるんじゃないだろうか。たぶん、山根のオッチャン、頭が悪いんだろーなー。

それともこれが、パンチドランカーってヤツなのかも?

 

あと、VTRを一度しか観ていないんだけど、疑惑の【名古屋判定】だっけ?

あれはひどいな。

青の選手が気の毒でたまらない。

 

それと、暴力団の組長とも個人的に付き合いがあったとか無かったとか?

「個人と個人」の付き合いだから問題ない、と言う、山根のオッチャンの言い分も、まぁ判らなくもない。でも、それを証明できるのか。付き合いの過程で暴力団にお金が流れていないってコトを証明できるのか。

よく言われいるコトだけど、「やった証明」は可能だけど、「やっていない証明」は難しい。いわゆる【悪魔の証明】ってやつ?

例えば浮気をしている証明は、探偵なんかを雇えばワリとアッサリ揃う、らしい。でも、浮気をしていない証明は非常に難しい。

痴漢の冤罪が無くならないのも同じ理由だろうね。

少し話が逸れた。

暴力団との付き合いを認めた時点で、山根のオッチャンは終わったな。

今の日本で、暴力団とのつながりがある人物を上に据える組織は無かろう。

 

【李下に冠を正さず】と言ってだな。

事実がどうあれ、はた目に怪しい行動は慎むべきってコトだな。