ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

我が家のスマホ事情 その10

ただ、何度読んでもよく判らなかったのが、『最大1Mbps』と『1Mbps保証』とが、混載してあった点。

 

この場合の『最大1Mbps』とは、インターネットのパンフレットや広告なんかに宣伝文句としてよく載っているのと同じような意味だと思う。つまり、「あくまでも計算上の理論値として、最大でこのくらいの速度が出ますよ。でもご使用の環境(!)によってはこの速度の保証は出来ませんよ」て意味だと解釈している。ベストエフォート方式、とか言ったかな。

 

また、この場合の『1Mbps保証』とは、「他社が軒並み300kbpsとか200kbpsとかの低速通信時に、楽天モバイルだけは1Mbpsを最低保証しまっせー! ただし、昼時と夕方を除く」って意味だと解釈。

 

かたや「『最大』1Mbps」、かたや「『最低』1Mbps」、相反する表現が混載していれば、そりゃー意味が判らんだろ…。

まぁこのブログを書いている現在、このカタログが手元には無いんだし、ただの俺の記憶違い・勘違い・思い違いの可能性も大いにあるんだけど。

 

まぁ、速度はともかく、キャッシュバックは大きいなぁ、と思った。

 

そんな理由から、『UQモバイル』『ワイモバイル』に加えて『楽天モバイル』のサイトもチェックするようになった。 

そして気がついた。

以前にも書いたけど、どこの会社に決めたとしても、端末は【HUAWEI nova lite 2】 が最有力候補であった。その【HUAWEI nova lite 2】が、『楽天モバイル』で買えばかな〜りお安く買える広告が載っているコトに気がついた!

まぁ敢えて具体的な価格は書かないけれど、他の会社では軒並み25,000円前後のところ、およそ半額かもしくは半額以下、であった、とだけ書いておこう。もちろんこれだけ安くするには条件があるんだけど、その条件を読んでみたところ、むしろ「望むところだバッチこぉーい!」な条件であった。

その条件はもしかすると今とは異なるかも知れないので、読者の混乱を回避する目的もあって敢えて書かないコトにする。

 

 つづく