ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

我が家のスマホ事情 その9

あ、そうそう。

ここまで書いておいて今更なんだけど、俺はどこかしらの会社や、なにかしらの端末を宣伝するつもりは無い。ただ、我が家ではこんな事情で、こんな理由で、こんな考えで、こんな感じで、乗り換え・機種変を進めていく、進めていった、という、ただそれだけの話である。

こんなブログを参考にしていただけるなら、それはそれでありがたいとは思うけど、乗り換え・機種変は自己責任でお願いしたい。

決して特定の会社や端末をオススメするつもりではない、と言う点をご理解いただきたいと思う。

 

 

 話を戻して。

 この時点で、俺は楽天モバイルに少し興味を持ち始めた。つい数分前までは完全にアウトオブ眼中(死語?)であったのに…。我ながら単純で現金である…(笑)

 

それから数日をかけて、楽天モバイルの情報を集めてみた。

なるほど。

確かに通信速度に関しては、UQモバイルやワイモバイルには及ばない。それだけUQモバイルとワイモバイルが、通信速度に関しては飛び抜けているんだな。

ところが、各プランの高速通信容量を使い切った後、通信速度がガクンと落ちる。これは大手キャリアも格安スマホも同様だと思う。

通常では頭ひとつふたつ飛び抜けているUQモバイルやワイモバイルでさえも、この低速通信時の速度は(調べた当時では)200kbps前後とか、それよりも遅くなる、らしい。

恐らく、500kbpsを切れば、メールやLINEなんかのテキストなら影響はほぼ無いだろうけど、YouTubeなんかで少し重い動画なんかはまともに観られないんじゃないだろうか…。

ワイモバイルではなく、UQモバイルに仮決定していた理由のひとつが、この低速通信時の速度が、ワイモバイルよりもUQモバイルの方が少〜しだけ速かったから、なんだけど。

楽天モバイルでは、ななななんと!

この低速通信時でも、1 Mbpsの速度を保証していた!

単純に考えても、他社のおよそ4倍から5倍、あるいはそれ以上の速度である。もっとも、一般的に通信が増えるお昼ごろと夕方ごろは、この保証の対象外となるらしいんだけど。それでも特定の時間帯を除く時間帯に1Mbpsと言うのは驚異的な数値だと思えた。

 

 

 つづく