ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

我が家のスマホ事情 その3

それまでテレビのCMは見て、なんとなくそーゆーモノが存在している、とは知っていたけれど、改めて考えてみると、【格安スマホ】についてなんにも知らないコトに気がついた。

 

この時、折しも時期は春前。

4月の進級や進学や就職を機に、スマホデビューをする、あるいは一人暮らしで新たにインターネットを引く、 なんて人が一気に増える時期である。

各携帯会社やネット会社は、こういった新規顧客獲得のために、割引やらキャッシュバックやらのキャンペーン・特典が、恐らく1年中でもっとも熱くしてくる時期である。

地域によって多少の差はあるかもだけど、俺の個人的な経験で言えば、この新規顧客獲得フィーバー(笑)は、早ければ12月くらいから始まり、遅ければ6月くらいまで続く。

そして、前回にも書いたけど、ヨメの携帯の更新月は5月。これは、もう変えるしかないやろ!

 

まぁたぶん、ほとんどの人が、この新規顧客獲得フィーバー(笑)時期に契約しているだろうから、更新月は春先に集中しているとは思うけど。

当然、他社から既存顧客を奪える時期でもあるため、『解約金負担!』なんて打ち出しているキャリアや店舗もある。ま、その店舗では話を聞いたコト無いんだけど、恐らく「解約金は負担するけど、未払いの端末料金は個人でね(はぁと)」だと邪推。なので、『解約に伴って発生する料金(解約金・端末料金など)すべて』が負担してもらえるかは、よくよく確認する必要がある。

 

 で、やはり大手3キャリア(D、A、S)は料金が高い。どうせ乗り換えるなら、更新月のヨメだけではなく、 解約金を払ってでも俺も乗り換え、ムスメ用に新規契約し、家族全員の更新月を揃えたい。でも大手3キャリアだと、どこに乗り換えても、割引なりキャッシュバックなりがあったとして一時的にお得感があったとしても、結局は月々の料金に大きな差は無さそう。

 

 そこで、いくつかの格安スマホ会社の料金を調べてみた。

結論から言うと、確かに安い。【格安スマホ】と銘打っているのは伊達じゃない、ってコトか。

 

 
νガンダムは伊達じゃない 真ガンダム無双 Dynasty Warriors: Gundam - YouTube

 

もちろん、各社によって、あるいはプランによって、多少の差はあるものの、俺のこれまでのスマホの使い方ではどの会社のプランであっても、月額5,000円に収まる感じであった。

前回書いたけど、俺の携帯の月額が、およそ14,000円であるから、乗り換えると月額で10,000円前後は浮いてくる計算になる。もちろん、プランの料金に加えて端末代も支払うとなれば、実際は5,000円には収まらないかもしれないんだけど。 

高価な端末ではなくて、安価な端末を選べば、当然その分月額は安くなるワケで。

となれば、端末代だけで100,000円ほどするようなiPhoneは論外、Androidの安い機種を希望しつつ、とりあえずは【格安スマホ】各社についての情報をさらに集めるコトにした。

 

つづく