ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

昨夜のメニューはハンバーグ

昨日はヨメが遅番の日で、俺が夕飯を作る係だった。

ヨメが事前にこの日のために、【ハンバーグの素】的なインスタントを買っていた。パン粉やタマネギや調味料なんかがすべて入っている粉末状のヤツで、ソレを水や牛乳でふやかしてからミンチを加えて混ぜるだけのヤツ。

ミンチは安売りの時に買って冷凍してあった分を、ヨメが朝から冷蔵庫(チルド室)にて解凍。

 

イチからタマネギを微塵切りにしたり炒めたりとかの、面倒臭い下ごしらえはすっ飛ばせるのは便利だ。もっともそうは言っても、実は俺、これまでの人生でほとんどハンバーグを作ったコトが無い。なので若干の不安は拭えない…。

 

だけど、普段はあまり野菜を食べないムスメに、ここぞとばかりに野菜やキノコ類を食べさせようと、仕事終わりにすばやくスーパーで千切りキャベツやシイタケ、エノキダケ、シメジなどのキノコ類なんかを購入。

千切りキャベツはそのままサラダとして。

キノコ類はハンバーグにかけるキノコソースとする予定で。

 

帰宅後、まずはお風呂の準備をしてから調理開始。

キノコ類を切ってフライパンに入れ、弱めの火力でバターで炒める。その間に大きめボウルでハンバーグの素とミンチを混ぜる。

昔、テレビでやっていたんだけど、このミンチを混ぜる作業は手でこねるなら手を氷水で冷やしながら、とかって言っていたので、手の熱が伝わらないように、また手が汚れないようにとスプーンで混ぜる。温度的には、ミンチがまだやや凍っているので、大丈夫だ、問題ない…。ただ、すっげぇ重い…。混ぜるのだけで、結構な時間と体力を奪われた。やっぱりスプーンだと、うまく力が伝わらないのかなぁ?

 

そうこうする間に、ムスメを風呂に行かせる。 

 

そー言えば、ヨメが言っていたっけ…。

「チーズを入れてチーズハンバーグにすれば、ムスメちゃん喜ぶよ」

………………めんどくさいコト言いやがって…っ。

仕方ないので、冷蔵庫からとろけるチーズを取り出し、小皿にザザッと出す。薄い使い捨てのビニール手袋をはめて、慣れない手つきでミンチでチーズを包んで空気を抜いてお皿に並べて…。

 

この辺りで、ムスメがお風呂から出てきた。

 

で、良い感じでキノコ類に火が通ったら、キノコ類を一旦別皿に取り除け、再度フライパンを火にかけ、バターを入れてチーズ入りハンバーグをフライパンに並べ、蓋をして弱火の蒸し焼きにする。

その間にクックパッドで照り焼き風ハンバーグのキノコソースのレシピを見ながら、調味料を合わせた。ま、目分量なんだけど。結果的に、ソースはやや塩辛かった。目分量は難しい…。

 

ハンバーグをひっくり返し、さらに片面を焼いていく。

ハンバーグってさ、中までしっかりと火が入っているかって、割ってみないと解らないんだよね。ハンバーグ作りの経験値が圧倒的に足りない俺は、焼き上がりのタイミングが解らない…。

さてどんなもんだろうかと思案していると、ハンバーグの割れ目からチーズが溢れてきた。これはきっと、中まで火が通った証拠!

これこそ神の啓示!

と、ハンバーグをお皿に取り出し、肉汁が残ったフライパンに、先ほどのキノコソースの合わせた調味料とキノコ類を投入。

中火くらいで加熱してとろみがつく間に、ムスメ用にとワンディッシュに盛り付ける。

あぁメンドクセェ…。家庭の食卓でいちいち演出をしないといけないなんて…。幼稚園児かっ!

 

ご飯を丸くよそって、サラダ、ハンバーグ、そして熱々のキノコソースをかけて出来上がり。

ムスメにお皿を出して、食べ始めたところで俺はソファーにダウンした。

仕事から帰ってそのまま、ロクに休憩も取らずに不慣れなハンバーグを作り始めたため、心身ともに疲れ果てたワケで。

 

まぁムスメは美味しいと言っておかわりまでしてハンバーグを食べてくれたんだけど、インスタントの力ってすげぇなぁ…。でも次からはもっともっと簡単なメニューにしようゼ、ヨメ…。

 

 30分くらい休んでから俺もハンバーグを食べた。

前述のように、キノコソースがやや塩辛い。

醤油が多すぎた…。

この点は反省。