ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

お弁当

今日(8日)は、ムスメの学校でオリエンテーリングがある、予定であった。まぁ俺はまだ、学校周辺の地理には疎いのでよくわからないんだけど、とりあえず弁当持参で学校周辺の公園やら神社仏閣やらを歩いて回る、予定だった。

ところが、ここンところのお天気が不安定であり、昨日のうちに『天気予報では当日は雨だそうなのでオリエンテーリングは中止』と、連絡が回ってきた。

しかし、オリエンテーリングが中止になっても、だからと言って止めてあった給食はどうにもならないので、どのみちお弁当は作らないといけないワケで。ヨメはそれはそれは張り切って、一昨日(6日)のうちに弁当用の買い物をしてあった。

 

さて。

昨夜は夫婦の営みも無く(と言うかここンところずっと無いゃ…)、早々に就寝し一夜明けて今朝、5時過ぎにヨメに蹴り起こされた。ようするに弁当作りを一緒にやる、て話。

そして(本日では)初めての共同作業開始…(笑)

 

 

眠い目をこすりつつ、俺の担当はいつも通り、卵焼き。あとはヨメの助手。

まずは卵焼き用の四角いフライパンに油を敷かずにウインナーを入れて軽く焼く。ウインナーの脂をそのまま卵焼きに使うのだ。ウィンナーを焼く間に、(もちろんちょくちょくフライパンを揺すって焦がさないように注意をしながら)小さ目のボウルの砂糖を多めに入れ、隠し味に塩をホンのちょっぴり。マヨネーズを入れて、熱湯を少々入れて菜箸で混ぜ溶かす。卵を割り入れてさらに混ぜる。

昔、【美味しんぼ】ってマンガの1シーンで「卵を混ぜるとはつまり、白身を切るコト」ってのがあった。なので、白身を切るように混ぜる。

そうこうする間にウィンナーに火が通ったようなのでお皿に取り出し、フライパンが熱いうちにすかさず溶き卵を投入。

………なんてコトをやっている間に、ヨメがオニギリやらその他おかずやらを準備していた。気がつくと、この段階ですでに7割ほど準備が終わっているように見えた。

しかしここで焦って卵焼きを台無しにするワケにはいかない。

卵焼きをクルクルと巻き、お弁当であるがゆえにトロトロ卵焼きではなく、中までしっかりじっくりと火を通すように、でもコゲたりしないように気を使いながら焼き上げた。

卵焼きをお皿に取り出し、適度の幅に切り分けた辺りで、すでにお弁当はほとんど【詰めるだけ】状態であった。

ヨメ、なかなかやるな…。

 

ヨメがお弁当を詰めつつ、俺がムスメを起こし、弁当の残りで朝食を摂らせる。

登校準備の着替え等はヨメが手伝う。

その間に粗熱を飛ばすために開けてあったムスメ用弁当をパチリ。

コレ↓がムスメ用弁当。 


f:id:ponkotu-papa:20180308124520j:image

 ふむ。

まぁなかなかカワイイじゃないか。

でもさ。

ムスメ、もうすぐ5年生だぜ?

弁当だけを見れば、幼稚園児用みたいじゃね?

 それとも一般的に「女子のお弁当」ってこんなモンなの?

中学生高校生になってもこんな弁当を希望されたらメンドクサすぎる…。

てか、中高生になったら自分の弁当くらい自分で作ってくれ、と、かなり真剣に願う。

 

 俺が朝食を摂る間に、ヨメがムスメ用弁当および朝食の余りで、俺用弁当を詰めてくれた。

そして先ほどの昼食時に開けてみた結果がコレ↓


f:id:ponkotu-papa:20180308124531j:image

……………………あ、うん。

思っていたよりは、キレイに詰めてくれてあった。逆に少しビックリした。

味は、うん。おいしかったよ。詰められているおかずは基本、同じモノだし。

でもさ。

ムスメ用のパンダおにぎりの残りの海苔だろうがなんだろうが、ハート型はヤメてくれ、マジで…。

 

…むしろ職場の誰にも見られなくてよかった……………。