ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

ヨメが寝込んだ その3

翌朝、金曜日もヨメは体調が戻らず。

いくら簡単には休めない職場とは言え、こんな体調では出勤したところで普段のパフォーマンスは保てないだろうし、もしもインフルエンザその他の感染症であれば、職場でヨメ起因のパンデミック!なんて洒落にならん…。

なので、さすがにヨメも朝から職場に休むと連絡を入れ、無事(?)に許可が出たようだ。

 

俺は出勤し、ムスメも登校し、ヨメはゆっくり休ませた。

 

お昼前、ヨメからLINEが入る。

どうやら自宅常備の鎮痛剤やらを飲んで一休みして、動けるようになったので改めて病院に行った、らしい。

診断結果は…。

インフルエンザではなく、咽頭炎のヒドいヤツだとのコトで。感染の心配は無いんだとか。そうか。それでインフルエンザの検査をしても出なかったのか。納得。

ノドの周辺にかなりの量の膿が溜まっていて、医者からも「ずいぶん痛みもあっただろう」と言われたとか。あとで聞くと、実際、この木曜日から金曜日にかけて、夜は痛みなどでほとんど寝られなかったんだと。それを1人で堪えていたそうな…。

 

ヨメ…( ノД`)…

 

 

 

ま、体調不良の原因が特定されたので、対咽頭炎用の薬を処方してもらい、その日はそのままゆっっっくり休ませた。翌日土曜日には俺目線で通常の3割ほどまで回復、その後も順調に回復していった。

 

 

咽頭炎の原因は、恐らくお風呂を出てからの湯冷めじゃないかな、とはヨメの推測。

そりゃえろースンマへンな。

俺が風呂を出るのを待って、一緒に洗濯物を浴室乾燥に干すのを待ってたんだよな。

「子供じゃないんだから暖かい格好をすればいいのに…」と出かかった言葉を飲み込み、まぁ待たせた事実は変わらないので謝っておく。

とりあえずヨメは完治したらしく、鬱陶しいくらいに元気である。 

 

 

 

 

 この時期、突然の高熱でインフルエンザを疑うコトは自然なコトだとは思う。でも、インフルエンザではない可能性だってゼロではない。実際に、俺はヨメは完全にインフルエンザだと思い込んでいたワケだし。

でもヨメが「インフルエンザにしてはなんかおかしい…?」と、セカンドオピニオン…、と言うのは大袈裟かな。とにかく改めて診察してもらったおかげで病気が特定でき、早めに治療できた。もしもあのまま、インフルエンザだと思い込んでいたら、今でもヨメは体調が悪かったかも知れない。

 

まだまだ寒い時期が続くけれど、体調管理は充分に行ってくださいな!