ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

日曜日の余暇 その2

とりあえず、ちょっと自己弁護をしておこうかな。

 

俺だって一応は、『結婚して、ヨメさんや子供と言った【家族】を持つと、自分の自由になる時間は取れない』と言うようなコトは判っている。判った上で、結婚したんだけどさ。

 

 でも、『人間はパンのみに生きるに非ず』って言葉もある。

『優先するべきは家族』って頭では理解はしていても、やっぱり自分が好きなコトややりたいコトをずっと圧し殺して我慢し続けるのはシンドい。

 実際、俺が自分がやりたいコト(例えばパソコン)を出来るのって、1週間のうち、トータルでも1時間無いくらい。1日平均しても10分にも満たないくらい。

まとめて1時間なら、まぁ多少やれるコトもあるけど、1回あたり5分10分では、ほとんどなにも出来ない。

 

 事実、結婚前まではハマりまくっていた某有名オンラインゲームも、結婚前後から以降3年あまり、ログインさえも出来ていない。半引退に近い状態だ。それでもたまーに当時のコトをふと思い出したり、ネットサーフィン中に広告を目にしたりすると、「またやりたいなー」「でも時間が取れないしなー」と葛藤するコトがある。

 

もちろん家族は大切だし、家族が喜ぶコトをしたいと思うんだけど、『家族の笑顔が見たい自分』と『気兼ね無く自分が好きなコトをやりたい自分』とは、完全に相反するし、両立は不可能だ。

だからこそ家族を優先し、日曜日もお出掛けするし、夏休みや冬休みなんかの連休には小旅行なんかも行く。

なぜか。

ムスメのため、家族のため、だ。

個人的には日曜日にはどこにも出掛けずに家でダラダラ過ごしたいし、たまーの連休こそ家に引きこもって普段出来ないコトをやりこみたい。

 

 

 

ここんところ数ヶ月ずっと、俺が寝床につくのは23時30分とか24時とか、あるいはそれよりも遅い時間がほとんど。22時までに就寝、なんてほぼ無い。

さらに朝、起きるのは遅くても6時くらい。早ければ5時30分。単純に睡眠時間は平均して6時間と言ったところ。決して短くはないんだけど、それでも時々、昼間の仕事中に、耐え難い眠気に襲われるコトもある。たぶん、俺に適した睡眠はもっと長めなんだと思う。

『自由な時間』を取ろうとすると、この睡眠時間を削らないといけない。

 

あ、リビングでテレビを観たり、スマホでゲームをしたりはなんかは普通にしているんだけどね。ここで言っているのは、あくまでも『自分1人だけの自由な時間』の話ね。

 

 

 

ま、俺は成人して以降のこれまでの人生で、独り暮らしの方が長いくらいなので、良く言えば【自由奔放 】、悪く言えば【自分勝手】が身に染み付いているんだろうと思う。

 だからこそ、意識して日曜日には家族サービスをしているんだけどさ。

やっぱりたまには『自分だけの自由な時間』が欲しくなるんだよな。

 

 

 

 俺自信、父親としても夫としても、まだまだ未熟なんだけど、それでも本来の自分とは正反対の方向に向かって頑張っている、つもりなんだ。

 

 

つづく