ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

娘がダウン、嫁もちょっとダウン

10月30日31日くらいから、娘が微熱、鼻水・鼻詰まり、喉の痛みなどを訴え、学校を休んで病院に、お婆ちゃんに連れて行ってもらって、薬をもらったりしていた。

 

まぁ、以前にも書いたと思うんだけど、俺は【風邪が治る風邪薬は存在しない】と思っているので、娘にも「薬を飲んで症状が楽なうちに寝て治せ」と言い聞かせていた。

…んだけど、娘はあんまり大人しく寝てくれない。

でも、それを加味しても、どうもあまりに症状の改善が見られない。

 

そのうちに、嫁までが同じような症状を訴え始めた。とは言え、娘よりはいくぶん、症状は軽いように見て取れるんだけど。

 

で、11月3日の夜、夜間診療?、救急外来?に、娘を連れて病院に行った。

そー言えば、少し前にテレビで『熱が上がらない風邪(インフルだったっけ?)が流行っている』みたいなコトを言っていたっけ…。

なんてコトを思い出していた。

通常、風邪で熱が上がるのは「風邪菌は熱に弱いから、体温を上げて風邪菌をやっつけよう」と言う、身体の免疫機能なワケで、熱が上がらないってコトは風邪菌がなかなか退治できない、つまりなかなか治らないてコトで。

なので、熱が上がりすぎて辛い場合を除き、俺は基本的に解熱剤は反対派であるし、たまに聞く『簡単に解熱剤を出す医者はヤブ』は、ワリと真実を突いていると思う。

 

さて、診察室に娘と嫁と俺と3人で入ってお医者先生と話をした。この時、嫁が話していたんだけど、なんでも嫁の職場(保育園)で、子供たちの間に『RS』と言う病気が流行っている、それをわたし(嫁)が家に持ち帰って感染したのかもしれない、と言っていた。

 

…『RS???』

俺はまったく聞き慣れない単語なんだけど、やはりプロフェッショナル。お医者先生は理解している様子で「ふむふむ」とパソコンでカルテ?に入力していった。

 

『RS』については、俺もよく知らないのでテキトーなコトは書けないので、知りたい方は各自で調べてくださいな。

インターネットって素敵…。

 

 まぁ結局、娘が『RS』であるかどうかはこの時点では判らなかったし、インフルエンザでも無いようなので、薬を追加してもらった。

 

 そして昨日の月曜日、嫁はずいぶん元気になったが、娘がまだ体調が戻らない。

 なので、昨日も学校を休ませた。夕方帰宅すると、娘かなり良くなった様子で、「明日は学校に行く!」と言っていた。

 

 で、今日、火曜日、俺は早出出勤なので娘が目覚めるよりも早く家を出たんだけど、たぶん娘は学校に行ったと思う。

まだ完全回復ではないと思うけど、とりあえずは登校できるくらいにまでは回復できたんだろうな。

良かった良かった…。

 

それにしても不思議なのが、今回、娘と嫁が体調を崩したんだけど、なぜか俺には症状はほとんど出なかった。自慢じゃないが、家族中では俺が一番最初に風邪をひき、一番最後まで症状が残るケースが多い。

俺ってほら、繊細で敏感だから…(笑)

でも今回は、娘と嫁はほぼ同じ症状だったんだけど、俺は多少の頭痛や軽いめまいなんかはあっただけで、ほとんど症状が無かった。

早々に娘にマスクをさせていたのが良かったのかも知れない。まぁ娘も嫁も、セキやクシャミはほとんど無かったんだけど。

「食べたり飲んだりする時以外はマスク着用!」と言い聞かせたモンな。

風邪にしてもインフルエンザにしても(RSは知らん)、基本的には飛沫感染らしいので、周囲の人間に広げないためにも羅漢者にマスクは基本だよな。

また、羅漢者本人もマスクをするコトによって、鼻詰まりで口呼吸をしても、ある程度湿気を帯びた空気を吸い、喉の乾燥を抑えられるワケで。

 

…で、娘と嫁が回復した後、時間差で俺に症状が出たら笑うわー。

 

みなさんも、うがい手洗いをして、ご自愛くださいなー。