ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

茨城の母子6人殺害事件に思うコト

ニュースで聞いた時、最初は外国の事件かと思った。まさか日本での事件とは思わなかった。

 

しかしまぁ、ニュースやらネットやらの情報を見れば見るほど、犯人のクズっぷり、ゴミっぷりが浮き彫りになってくる。いや、クズさんやゴミさんと同等にしては、クズさんやゴミさんに対して失礼だな。

 

もう、なんなの、あの男?!

北斗の拳】のワンシーンであったセリフが浮かぶわ…。

『貴様には地獄すらも生ぬるい!』

 

まぁ子供たち全員の名前がずいぶんなDQNネームだし、フリガナが無ければまず読めない辺りから“お察しください“だし、おそらくご近所でもかなり浮いた存在だったんだと思うんだけど。

 

奥さんも大学まで出て、なんでも薬剤師だとか?

ほぼ無職のあの男を養っていた、とか?

あの男、奥さんの稼ぎでパチンコとか競馬とかやってそうだなぁ。

奥さんが働いている間に、浮気とかしてそうだなぁ。

奥さん、なんであんな男にひっかかるかなぁ…。

まぁ奥さんは一応、20歳も越えた良い大人なんだし、極論を言えば『自分が選んだ男に殺されても自業自得』かも知れない。でも、子供は親を選べないからなぁ。子供は完全な被害者だよなぁ。可哀想だなぁ…。

 

3歳の子供まで手にかけるまで、理性がぶっ飛んで暴走するなんてありえる???

その間に、1度も我に帰るコトも無かったの???

 

この男なら、20回くらい死刑にしていいよ。

 

ちょっと話が飛躍するんだけど、『死刑制度反対派』の人たちは、自分の大切な人をこんな風に理不尽に残忍に殺されても、それでもその犯人の死刑を望まないのかな。

俺だったら、そんな犯人を法が殺してくれないなら、自分が犯罪者になったとしても、自分で復讐するかも知れない…。