ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

エアコン室外機、続報

エアコン室外機が倒れているのに気付いたその日のうちに、エアコンを購入した店舗で相談してみた。

結論から言えば、天災による破損等は、店舗およびメーカーの保証対象にはならない、と言うコト。つまり、修理するなら自費で、だと。

ま、たぶんそーだろーな、とは思ってはいたけどさ…。

 

店舗の人の見解では、室外機が倒れたコトにより、本来なら絶対に水がかかってはいけない基盤部分に雨水がかかったのではないか、基盤だけなら修理費用はだいたい3万円前後になると思われる、とのコト。

 

とりあえず、店舗ではどうしようもないので、メーカーに電話して問い合わせてみた。

同じような問い合わせが多いのか、ずいぶん待たされたんだけど、ようやくオペレーターに繋がって状況を伝えた。

で、後日、修理担当の人が自宅に来て、確認・修理をしてくれるコトになった。

 それまでは、室外機は倒れた状態のままで、触らずにいるように、との指示。まぁこれは納得だ。エアコンの冷媒を送る管は銅で出来ていて、非常に柔らかい。素人が下手に触って銅管が裂けたり連結が外れたりして冷媒ガスが抜けたりすると、状態が悪化してしまう。

おとなしく修理の人が来てくれるのを待つコトにした。

 

イマココ。

 

 

 

とりあえず、今後は台風が近付いて来たら、室外機も台風対策をしておく、と嫁と話し合った。