ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

24時間テレビ

個人的に俺は24時間テレビは好きじゃない。「嫌い」てほどでもないんだけど、でも絶対に「好き」ではない。

どちらかと言うと「嫌い」と言うよりは、「信用していない」と言う方が合っているかも…。

なので、ここ何年も、まともに24時間テレビは観ていない。

ま、たまに道路を走るマイクロバスに24時間テレビのロゴが入っていたりするのを見かけると、あの番組のおかげで便利になって助かっている人たちがいる、と言う事実に気が付かされるんだけどさ。

 

 

…なんて言うのかな。

こう…。

とにかくなんでもかんでも無理矢理にでも「お涙頂戴」に持っていこうとするわざとらしさに逆に冷めると言うか…。

まぁチャリティー番組と言え、テレビ番組である以上、それはエンターテイメントだし、ドラマとかマラソンとかで話題性を取って、視聴率を上げて、ひいてはスポンサー様を満足させなくちゃいけない。そのためには下手な演出も必要だろう。

その演出の中には、批判を承知で敢えて言葉を濁さずに言えば、『障害者を見世物扱い』しているように感じるコトも多い。

障害者が何かにチャレンジする、と言うのが毎年のようにあるらしいが、果たしてそれは本当に障害者本人が望んだコトなんだろうか?

周囲から半ば強制的にやらされているんじゃないだろうか。

確か何年か前に、そうやって何かに挑戦して、途中でリタイアしたいと泣き出した子供に、親やスタッフが無理矢理続けさせようとしていたシーンがあったような気がする。エンターテイメントとしては、やはり『チャレンジ失敗』よりも『チャレンジ成功!』の方が盛り上がるよな。

で、そのチャレンジを観た視聴者は、程度の差はあるにせよ、心の中で思うんだろ。「自分(あるいは家族)が健常者で良かった」ってさ。

まぁ俺自身がひねくれているのは否定しないけどさ。

 

 

 

そんなひねくれた俺でも、募金の列の中にいる小さな子供が、自分のお小遣いを貯めて募金する姿には素直に感動したりもする。きっとこの子、自分が欲しいモノも我慢して、このために一生懸命にお小遣いを貯めたんだろーな、なんて、勝手に裏側を想像したりして目頭が熱くなるコトもある。

 そういう、純粋な気持ちと別に、制作側のわざとらしい『大人の事情』『大人の思惑』『大人の打算』なんかがあると思うと、萎えるわぁ~。

 

そもそも、なんで走ってるの?

走る意味ってなに?

あんな風に誰かが走ると募金が増えるの?

結局、最後は時間ギリギリにゴールして感動、涙、でサライ、のお決まりのパターンに視聴者はなんで飽きないの?

 

 

 

ま、娘や嫁は24時間テレビはワリと好きらしいので、観るのを反対したりはしないけど、俺自身は極力24時間テレビには関わらないようにしている。

でももしも娘や嫁が24時間テレビに募金しようとすれば、全力で止めるかもしれない。そのくらい信用していない。

 

 

 

 このまま2~3日、下手すると1週間くらいは、24時間テレビを引っ張るんだろーな。

鬱陶しいな…。