ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

エアコン SHARP編

SHARPエアコンの特徴は、なんと言っても『プラズマクラスター』だろう。

 

「♪プラズマクラスターSHARPだけっ♪」と言うキャッチコピーはあまりにも有名だ。聞いたコトが無い人なんて、まずいないと思う。

 

プラズマクラスターは、除菌・消臭効果があり、さらに美肌・美髪などの効果もあるとかないとか…。

ただ、上記のように説明すると勘違いする人がホントに多かったんだけど、プラズマクラスターはホコリを取ったりなどの、いわゆる【空気清浄効果】は無い。

プラズマクラスターで除菌はしても、破壊されて無効化された菌の残骸までは除去できない。

 

このプラズマクラスター、言ってみれば『マイナスイオン』で、ベルチェ方式と言う方法で、空気中の水分からイオンを生成するらしいけど、この辺は正直、よく判らん(苦笑)

森林なんかに行くと、同じくマイナスイオンのおかけ、空気が澄んだ爽やかな感じがするよね。

このベルチェ方式、この後に出てくるパナソニックの『ナノイー』とか、東芝の『ピコイオン』とかにも使われており、イオンの大きさや濃度に違いはあっても、本質的には似たようなモノ、だと思う。もちろん、同じようなイオンなので、どのメーカーのイオンでもホコリ等は取れないので、【空気清浄効果】は無い。

イオンがより小さく、より濃度の高い方が除菌・消臭効果は高いハズ…なんだけど、個人的にはあんまりイオンは信用していない(笑)

 

 

でもSHARP製品にはやたらとプラズマクラスターが採用されている。ある意味、SHARPの一番の売りなんだろう。たぶん良いモノなんだろうと思う…。

信じるか信じないかはあなた次第!(ビシッ

 

 

 

あと、プラズマクラスターに比べると地味な印象ながら、もう1つの特徴として、送風口の大型フラップがある。

この大型フラップ、いくつもの歯車が複雑に絡み合い、冷房時と暖房時で風向きを上手く調整できるようになっている。 

たぶん、開発者はミリ単位での歯車の大きさや位置を変更するなどの、気が遠くなるほどの試行錯誤を繰り返したんだろうな。

恐らく男性には、この大型フラップが稼働するところを見た時の感動を共感してもらえると思う。

 

あとはSHARPの特徴として、プラズマクラスター絡みで、ファンを逆回転させて送風口にあるプラズマクラスター発生機からエアコン内部にイオンを取り込み、内部の除菌をする、とか…かな。

 

 

多様化している各社のエアコンの中で、(あくまで個人的に)やや地味な印象のSHARPエアコンだけど、抑えるべき点はしっかり抑えている、間違いが無い無難なエアコンだと思う。

 

 

 【プラズマクラスターSHARPだけ。でも他社でも似たようなモノはある。あと『空気清浄機』ではない。】