ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

エアコン 三菱編

ここからは各メーカーの特徴を簡単に書いていきたいと思う。購入の際の参考にでもしていただければ幸いかな。

ただし、しつこいほどの繰り返しになるんだけど、ここに書く情報はすべて数年前のモノであり、最新の情報ではない点、忘れないでいただきたい。また、数年前に覚えたコトなので、すっかり忘れているコトもあるかと思うんだけど、その点も併せて容赦いただきたい。

あと、すべて各メーカーの最上位機種のみの説明になる点も、了承願う。

 

 

 

 

 

今回は三菱エアコン。

 

三菱エアコンの特徴は、まず1つ目は送風口のフラップが左右で別れており、別々に稼働するコトにより最大2ヵ所(2方向)まで吹き分けが出来る点。

さらに、通常はエアコンのファンと言えばシロッコファンと呼ばれる筒状のファンが1つだけなんだけど、三菱エアコンは扇風機のようなファンが吸気口の左右にそれぞれ付いており、この左右のファンの回転数を変えるコトにより、2方向に向けて、それぞれ風力の異なる風を送るコトができる。

 

2つ目は、今や大抵のエアコンにはなにかしらのセンサーが付いていて当たり前になっているんだけど、中でも三菱のセンサーは全メーカー全機種中、最強の温度センサー『ムーヴアイ』が付いている。

どれくらい強力かと言うと、なんでも衛生軌道上から地表の温度を測れる、くらいの性能らしい。

まぁそーゆー風に教えてもらったんだけど、事実かは知らん(笑)

また、センサーの性能もトップクラスなんだけど、その範囲もトップクラス。

なので、なにをおいてもまず、良いセンサーが付いたエアコンを求めるなら、三菱一択だと思う。

 

このムーヴアイと2ヵ所吹き分けで、例えば窓から伝わる温度にエアコンの風を狙い打ちして防ぎつつ、人間には快適な風を当てる、なんて芸当ができるそうな。

窓にはカーテンをかけて外気の影響を抑える、てのが鉄則なんだけど、ここでは敢えて言うまい…。

 

 

ただ、センサーの直下は、センサーの死角になるらしいので、例えば寝室でエアコンの真下で寝る、なんて場合にはセンサーが『人間』をキャッチしてくれない可能性もある。

 

他にもピュアミストとか細かい特徴はいくつもあるんだけど、大きな特徴としては以上2点かな。

 

 

【三菱エアコンの特徴はムーヴアイと2ヵ所同時吹き分け】