ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

娘の体調不良

娘は結局、登校の途中でどうしても気分が悪くなり、引き返してきたそうだ。そして、お隣のお婆ちゃんに病院に連れていってもらい、点滴をしてきた、とのコト。

昨日は朝も夜も、体調不良を訴える度に病院に行くか聞いても断固拒否していたのに、今日は素直に行ったのか…。まぁそれだけ辛かったのかもしれない。

 

俺が帰宅した時は、点滴が効いたのかずいぶん元気そうだった。いや、元気だった。むしろ元気すぎて「運動したい!」とか言い出す始末。

いやいや待て待て。

その元気はたぶん、点滴が効いて辛いのが一時的に抑えられているだけだと思うぞ。

楽になっている今のうちにゆっくり休んで回復させておくべきだと思うぞ。

…と言うようなコトを言ってみたが、そこは小学生だけに、冷静な判断が出来ないようで、良くも悪くも自分の欲求に素直で手足をバタバタさせたりしていた。

 

そうこうする内にお隣のお婆ちゃんが来て、病院での話をしてくれた。

どうやら夏バテとか風邪とか睡眠不足とか疲れとかストレスとか、いろいろ絡み合っての体調不良らしい。

 

やがて嫁が帰宅すると、娘は今朝のコトを怒っていたようで嫁に対して「ママ嫌い!話しかけないで!」とキレていた。

まぁ気持ちは判らなくもないけど、娘よ。

休むべき時に休まず遊んでいた娘自身にも非はあるぞ?

でもこーゆー時、これまで何度も嫁から注意されたんだ。「両親から同時に責められたら、子供は気持ちの逃げ場が無いから、絶対に私(嫁)側に付くな。無視するか、参加するなら娘の味方に付け」とゆーよーなコトを…。

まぁ娘の気持ちも嫁の気持ちも判るので、不参加6、娘の味方3、嫁の味方1、くらいのスタンスでいた。

 

最初、娘は籠城戦の構え、嫁の言い分をまったく聞かず。これは長期戦になるなーと思っていたら、嫁が帰宅途中に買ってきたハンバーグを取り出して「みんなで晩御飯にしよう!」と明るく言うと、娘はあっさり無血開城…。

ちょ、おま…。

ちょろい!

ちょろすぎる!

それでいいのか、娘!

 

まぁ娘は完全に嫁を許したワケではないみたいだけど、一応の和解をした模様。

 

明日は朝の様子を見て、もう一日休ませるかを判断。まぁその時刻には俺はすでに出勤しているので、嫁任せになるんだけど。

夏休み前の今の時期、普通の授業だけじゃなく、いろんなイベントがあるみたいなんだけどな。まぁそのイベントのせいで疲れているってもあるんだろうけど、今年の夏は今年しか無いんだし、出来ればイベントには参加させたいと思うんだけど。

小学◯年生の夏の思い出はダウンしていました、なんて悲しい…。

でもまぁ、やっぱり体調次第だよな…。