ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

独身で独り暮らしの頃にNHKが来た その2

とりあえず、会社名を聞いただけでは訪問の目的が判るハズも無く。

 

俺「なにかご用ですか?(イライラ)」

客「◯◯(会社名らしい)なんですけど」

俺「だから、なんの用ですかっ?!」

 

と、さらに同じようなやり取りが何度か続く。

そしてようやく聞き出せた用件と言うのが、「NHKの契約がされていないから契約しろ」と言うようなコトだった。

 

~~~~~~

あ、その1も含めて、この話は何年か前の話であり、当然、会話をすべて一言一句覚えているワケではないので、おおよそこんなニュアンスであった、としてご了承ください。

~~~~~

 

だったら最初から「NHKです」と名乗れよ!

なんでワザワザ違う会社名を出すんだよ!

まぁね。

判る。判るよ。

この兄ちゃん、NHKからこーゆー仕事を委託されている会社の、派遣社員とか契約社員とかなんだろ。で、この兄ちゃんが所属している会社が、先程からしつこく繰り返していた◯◯なんだと思う。

で、たぶん、この兄ちゃん、まだ新人なんだ。恐らく、俺からは見えない死角部分に先輩とか上司とかが隠れているんだろ。

まぁそれはそれとして。

そんな聞いたコトも無い会社名を出したって、訪問の用件なんぞだれが判るっちゅーねん!!!!!

この数分間、凍えながら無駄に過ごしたコトがもンのすごく情けなく腹立たしく思った。

 

さて、話を戻そう。

兄ちゃんの訪問の目的は判った。

だが残念だったな!

当時、俺はテレビを持っていなかった。

テレビ放送がアナログ放送からデジタル放送に変わる前後からこの時を含む数年間、まったくテレビを見ない生活をしてきたのだ。まぁテレビが無くてもあまり困るコトは無い。そりゃ時勢には疎くなるのは仕方ないけど。

そー言えば、日本の首相が変わっているコトに半年ほど経って初めて気づいた、なんてコトもあったっけ。そのくらい、時勢に疎くなるくらいで、特に不便は無かった。

まぁそんなワケで、ウソでは無くリアルに「ウチ、テレビ無いんですけど!」と言ってやった。

あぁ、言ってやったさ!

 

実はNHKが来たのは今回が初めてではない。この時より遡るコト数ヶ月前に、おっちゃんが来たコトがある。このおっちゃんにも「ウチ、テレビ無いです」と言ったのだが。 このおっちゃんは「あ、そうですか」と素直に帰って行った。

 

当然、この兄ちゃんも、素直に帰ってくれるモンだと思っていた時期が俺にもアリマスタ。

 

つづく