ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

千葉の幼女殺害遺体遺棄事件について思う事

嫁と俺は激怒した。

 

…と、太宰治的な書き出しになったが。

 

容疑者逮捕のニュース以降、嫁と俺は怒りっぱなしである。

 

ご両親が日本を出国した辺りから、ニュースが少なくなって進捗が判らずヤキモキしていたが、いきなりの容疑者逮捕のニュースに驚いた。たぶん、報道規制をかけていたんだろうな。

実名報道と顔公開の辺り、ほぼ「犯人」と確定している「容疑者」なんだろう。

 

それにしてもこの容疑者、タチが悪いコトに、そこら辺の近所のオッサンではなく、被害者が通う小学校の保護者会会長だとか。子どもを守る立場であったワケだ。

毎日のように通学路に立って子どもたちを見守っていたそうだが、今となってはそれも、「可愛い女の子いないかなー」という感じで子どもたちを物色していたのではないかとさえ思う。気持ち悪さが半端ない。

 

 逮捕以降、ずっと黙秘をしているそうだが。

この容疑者の子どもも可哀想だ。

 

そもそも性犯罪者ってのは、とにかく再犯率が非常に高いらしい。

江戸時代の犯罪者にイレズミを入れるみたいに、性犯罪者、特に子どもを狙った性犯罪者は、一目でそれと判るような目印を付けてほしい。それができないなら、生涯塀の向こう側でいてほしい。

ん?

犯罪者の人権?

んなモンはいらん!

犯罪者の人権よりも、未来の被害者を無くす方が優先だ。

 

とにかく今は、被害者の女の子の冥福と、1日でも早い事件の全容解明を祈る。