ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

キッチンのシンクの排水詰まり事件 つづき

シンクの排水口が詰まったところまでカキコしたのが前回。

お待たせ(?)しました。つづきです。

…待ってくれている人がいるのかは永遠の謎……………。

 

娘の懺悔により、排水口の詰まりの原因は、排水口に直接流した食べ残しのお茶漬けだと判明。

恐らく、お米が溜まっているのは配水管のトラップ部分。

配水管が途中で「N」字型になっていたりクルンとなっていたりして、水を貯めているあの部分。

この水が詮の役割を果たしているため、下水の匂いやらネズミやらゴキブリやらの侵入を防いでいる、あの部分。

 

詰まりの原因とおよその場所が特定できたおかげで、今回の作戦を思いついたのだ!

 

空のマヨネーズ容器に目一杯空気を入れて、そのクチを排水口に突っ込み、シンクに水を貯めて、マヨネーズ容器を一気に握り潰して水と圧力を送ってみた。

 

ゴポゴポゴポッという音をさせながら、はたしてシンクの水は流れ始めた。

作戦は大成功である。

 

念には念をと、さらに何度か同じようにマヨネーズ容器で水と圧力を送り、最後に排水口全体にラップをかけるように置いて詮にし、シンクほぼ満タンに近い水を貯め、ラップを退けて一気に水を流して排水を確認し、本作戦を終了とした。

 

なお、マヨネーズ容器は、生クリーム泡立て用として保管してあったのだが、本作戦実行時においてその身を呈して作戦の要となり、名誉の戦死を遂げ二階級特進、その亡骸は即刻不燃物入れに送られた事をここに報告する。

 

それにしても。

詰まりの原因がお米で助かった…。

一応、水とかと混ざれば流動体だもん。

これがもしも、卵焼きだとかコンニャクとかだったら素人には完全にお手上げだよな。

いやまぁ、食べ物を粗末にするコト自体ダメなんだけどさ。

 

とりあえずこの件はこれにて終了。

この後、真夜中まで嫁と俺との子育て論で激しくぶつかるのだが、それはまた別のお話…。