ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

緊急ミッション エピローグ

昨夜はあの後、娘は俺と一言も交わすコトなく就寝し、今朝は俺の出勤が早い日なので娘が寝ているうちに家を出た。

 

最終的に娘のコトを嫁に丸投げしたワケだが、ここはやはり男親が出る幕ではないだろう。

 

昨夜、娘に生理用品を届けた後、寝室からリビングへ戻った嫁は、自分が生理痛がキツいコト、生理の特徴は母親と娘はワリと似ていると言われているコトなどを俺に話して聞かせた。そして嫁は、娘がこれから始まる数十年におよぶ生理との付き合いを想像してずいぶんと凹んでいた。

 

数分間凹んだ後、嫁は気持ちを切り換えたようで、「明日はお赤飯でお祝いしよう!」と言い出した。

「生理は恥ずかしいコトじゃなくて、おめでたいコトなんだと教えてやらないと!」と妙にテンションが上がっていた。

まぁこの辺の感覚は男には理解できないよな。

俺は緊急ミッションの最中も、「娘も成長しているんだなー」くらいの感覚だったんだけど。

 

そーいえば、以前、なにかの災害を取り上げたテレビ番組を観ていた時、嫁が「こーゆー時の救援物資には生理用品も必要」みたいなコトを言っていて、目からウロコだった。言われるまでまったく想像もしなかったよ。

それほど男にとって、女の生理ってのは遠い存在なんだ。ある意味、月のフォン・ブラウンよりも、いやア・バオア・クーよりも、いやジオン公国のサイド3よりも、遥かに遠い遠い存在だよな…。

 

しかしまぁ、今までもさんざん「パパうるさい!」「臭い!」「近寄るな!」とか言われていたんだけど、これからますます娘の父親嫌悪が強くなるのか…。

娘の成長が嬉しいやら、淋しいやら………。

 

生理擬人化動画

言語も字幕も日本語じゃないんだけど、嫁には「わかるわかる!」と大ウケだった。

 
月經真人版: 如果月經是個人? - YouTube