ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

主夫

昨日は、職場に事前に申請して、まる1日休みをもらっていた。

まぁ理由は伏せておくけど、以前に嫁から「この日は休めないか」と相談があったから。

当日、俺は休みだけど、嫁は仕事、娘は学校で、俺は久しぶりの1人きりで自由の身となった。

 

そして夜、嫁が帰宅後に夕食となったのだが、おかずが完成するタイミングが合わずに嫁から「使えない…っ!」「主夫失格!」と吐き捨てるように言われた…orz

 ひど!

嫁、ひど!

嫁に便乗する娘もひど!

 これでも俺、頑張ったのに…。

慣れなくて手際や要領が悪くて無駄に時間がかかったところもあるけど、それでも1日頑張ったのに…。

 

 

 

 

 

 

どんだけ頑張ったか、ここに記す。俺の墓標に刻んでくれ…。

 

朝、娘と嫁を送り出してから、万歳ひゃっほービバ独りの時間!を満喫しようと思ったんだけど、それだと嫁にちょっとたけ申し訳ないとも思ったので、ボチボチ家事をしておくコトにした。

 

リビングのフローリングに敷いてあるカーペットを2枚ともひっぺがして、まずは分厚い1枚を洗濯機へドボン。洗濯している間にフローリングを掃除機がけしてクイックル○イパーで拭き掃除。そうこうする間に洗濯が終わったので、カーペットを屋外の物干し竿にかけて干す。

 

ふと空を見上げると空は雲ひとつ無い快晴だったので、これはチャンスとばかりに、2枚目のカーペットを洗濯機に放り込んでから寝室の掛け布団敷き布団をベランダに干してみた。普段の土日祝は、諸事情から特に用事が無くても出来る限りお出掛けしており、なかなか布団を干す機会が無い。この千載一遇の機会を逃すワケにはいかないのだ!

ただ、いくら冬場で太陽の位置が低いとは言え、やはりベランダから垂直に垂れる布団にはあんまり日光は当たらないやね…。ちょっと残念。

 

 家族全員分の布団をベランダの手すりにヨッコラショとかけ終えたころ、2枚目のカーペットの洗濯が終わったのでまた屋外に干す。同時に1枚目の分厚いカーペットが少しでも早く乾くようにと裏表をひっくり返しておく。

 洗濯機前のカゴに入っていた衣類もついでに洗濯。

 

ふと時計を見ると昼食時。

俺独りの食事ならカップラーメンでもなんでも良かったんだけど、朝、娘の朝食にとベーコンエッグを作ったフライパンを敢えて洗わずにそのまま残してある。当然そのフライパンにはベーコンの脂が残っている。その脂を使わずに捨てるなんて、貧乏の風上にも置けない愚行である。

冷蔵庫を見ると卵がかなり多い。賞味期限も迫っている。いろいろ手の込んだ料理をするモチベーションも無いので、卵消費のためにベーコンの脂でプレーンオムレツを作って食べた。なかなか美味である。

野菜不足は野菜ジュースで補っておく。

独りの時は手抜き料理に限るゼ!

 

午後からはいよいよ俺様タイムの始まりだ!…とは行かず、夕食の準備をする。

嫁が朝、出発前に「エリンギを使った松茸ご飯を食べたいなー」と上目遣いで言っていたので、ソレにする。

そもそもエリンギを使っている時点で松茸ご飯じゃないんだけど、先日、某テレビ番組でそーゆーのをやっていて、その翌日に嫁がエリンギを買ってきていた。

 衣類の洗濯物を干して、番組の録画を見ながら下準備を済ませたころ、そろそろ良い時間なのでカーペットやら布団やらを取り込む。

カーペットはもとあったように敷き直し、布団はシーツを掛けてベッドメイク(?)、その際に洗濯済みの敷き毛布に交換して外した敷き毛布は洗濯機へ。

 

あとは、リビングの扉の隙間に隙間テープを貼るなどしている間に娘が帰宅。

 

なんだよ。

結局、俺様タイムがほとんど無かったじゃん!

 そのまま隙間テープを貼ったり、お風呂のカビ取りやら浴室乾燥のフィルター掃除やら、夕食のおかずの準備をしたりしているうちに嫁帰宅。

もっと早く料理に火が通ると思い込んでいたため、実際はまったく火が通っておらず料理が間に合ってない!

なんちゃって松茸ご飯は、少々水加減を間違えたからか、なんか柔らかくてべちゃっとしてる!

卵消費のためにクックパッドで【レンジ、麺つゆ、茶碗蒸し】で調べて作った簡単茶碗蒸しはまぁまぁの出来。

 

嫁が満足するレベルの食卓が完了していない!

そんで食卓を一瞥した嫁から「使えない」キター!!!

 

この時の俺の頭の中では、さだまさしの【関白失脚】がリピート再生されていた。

 

 

 

 教訓。

目立たない地味な場所の掃除やなんかは気付かれにくい…。

誉めてほしいなら、誰でもすぐに気が付く場所を掃除せよ!