ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

嫁とお風呂

昨夜、嫁と一緒にお風呂に入った。

 

せっかくなので、嫁の頭を洗ってやった。嫁が自分で泡立てて、それを頭に乗せて俺が頭を洗う。

やはり髪が多いからか、嫁も泡立てネットを使っているのに、髪全体に泡が行き渡らない。

…ん?

待てよ。

今、改めて思ったが、嫁はシャンプーの前にメイクを落としていたんだけど。

メイクは油。油は油で落とす。だからメイク落としも油。

で、メイクを落とした後、嫁は手を石鹸やボディソープで洗ったっけ…?

覚えてないけど、もしも手にメイク落としが残ったままなら、シャンプーも泡立ちが悪いよな…。

まぁソレはまた後日ゆっくり観察するとして。

髪全体に泡が行き渡らないので、まずは軽く馴染ませて泡を流した。そしたら嫁が「一回で済ませたいのに~」と。

いや、あの泡の量では無理だろ…。

再度泡立てて頭に乗せて、頭皮を軽くマッサージしながら髪を洗う。個人的には、まず髪の汚れを落として、軽くすすいで次に頭皮を洗いたいんだけど、つまり二度洗いしたいんだけど、嫁が面倒臭がるので今回は一度で済ます。

ま、二人でお風呂に入っている間、娘はリビングで一人でゲームをしていたので、早くお風呂を出て娘の相手をしたいってのもあったんだろう。

シャンプーが終わるとコンディショナー…、かと思ったら、嫁が取り出したのはトリートメント。そー言えば木曜日か金曜日辺りに毛染めしてたっけ。毛染めは髪が傷むって言うからな。はいはい。毛染め後数日間はトリートメントなのね。

でも通常、トリートメントって毎日使うモノじゃないと思うよ。

トリートメントを塗布したら、さすが手慣れた感じでクルクルっと髪を束ねてた。

この辺の手の動きは、なんか不思議な感じで、いつまでも何度でも見ていられる感じだな。

 

 で、次は身体を洗う。

嫁がタオルを取る。改めて見ると、見覚えが無いタオル。聞くと、泡立ちが良いタオルらしい。いつの間に…。てか順応早いな、嫁。 

そー言えば土曜日はマッサージに必死で、ぜんぜん気が付かなかったが、な、な、な、なんと言うコトでしょう!

嫁が、あの嫁が…!

シャンプーやらボディソープやらをしっかり泡立てて使っているではありませんか!

 

嫁と一緒に暮らし始めて初めて一緒にお風呂に入った時に、嫁が身体を洗う時にロクに泡立てずにガシガシゴシゴシと力業で洗っていたのに衝撃を受けた。で、「泡で洗うんだ」と何度も説明してきたのに改善されなかったのが、以前にもカキコしたようにシルク姉さんの言葉でようやく、ようやく「泡で洗う」を実践し始めたようだ。

まぁまだまだぎこちない部分はあるが、アラフォーにしてようやく、女子中学生でも、いや、もしかすると小学生でも知っている「泡で洗う」を理解したようである。

そー言や先日、娘から「パパと暮らし始めて初めて『泡で洗う』って知ったよ」って言われたっけ。てコトは、娘も最近までは力業でガシガシ洗っていたのか…。娘と一緒にお風呂に入ったコトが無いから知らんかったわ。でも考えてみれば、力業で洗う母親から身体の洗い方を教わったなら、当然同じように洗うよな…。

いや、娘はもちろん、嫁だって、今からでも充分にリカバリは可能さっ!

 

でも、背中はガシガシ洗うのが気持ち良いよねっ!

ってコトで、嫁の背中もガシガシ洗ったったー!

嫁も若干痛がったが、そもそも嫁はドMなのでおk。風呂上がり後に寝巻きを捲って見たら嫁の背中、ちょっと赤くなっていたけど気にしなーい。

 

その後は二人で湯船に浸かって、外反母趾対策とマッサージを兼ねて、嫁の足の指の間に俺の手の指を挟んでグーパーグーパー。嫁「いったぁーーーーー!!!!」と、ドMなりの喜びを表現。

ま、嫁は外反母趾になるような要素は無いんだけど。そもそもヒールとか持ってないし。

 

嫁がお風呂を出たら、俺のターン。

さささっと身体を洗って出たら、嫁と娘はすでに寝室で寝ていた…。

 

なんか、寝付きが良すぎやないかぃ???

パパは一人残されて寂しいぞ…。