ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

昨日は嫁の仕事の

非常に大切な、考えようによってはある意味、一年中でもっとも重要な日だった。この日に備えて、ずいぶん前から寝る間も惜しんで準備をして練習をして、ハタから見ていても大変そうだった。

帰宅後は、ストレスと疲れとでヘロヘロだった。どうやら頑張った甲斐もあり、成功だったようだ。

 

で、帰宅後はすぐに俺に「マッサージして」だと…?

まぁ、俺は素人なんでプロみたいに上手くはないけど、それはもう、ありったけの愛情と握力を込めたマッサージを施してやったっスよ!

嫁は感涙して喜んでいたよ。

 

夕食後は珍しく一緒にお風呂に入って、湯船に浸かったまま、身体を暖めながらさらにマッサージ。愛情と握力にさらに腕力と拳を加えてグリグリっと。足の裏なんかまで、それはもう、嫁は「あー、気持ちいいいいたたたたたた…っ!」と言うような、歓喜(?)の声が響くくらいに。いやぁー、浴室ってエコーがかかるねぇ。

 

お風呂を出て寝室に移ってからは、目一杯の愛情と握力と腕力と拳にさらに体重までを込めて、グイグイっとやったったー。

 

気付くと嫁は、あまりの気持ち良さに寝落ちしていたよ。

嫁、お疲れさん。