読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

睡眠時間

人間の睡眠時間は約90分単位だと言う。

睡眠の1サイクルが約90分であり、この1サイクル中に、身体が眠る時間と脳が眠る時間がある。それぞれを『レム睡眠』『ノンレム睡眠』と呼ぶが、俺はどっちがどっちだか覚えていないので、ここでは『身体の睡眠』『脳の睡眠』としておく。気になる人はググってくださいな。俺は気にならないのでこのままで(笑)

 

身体が眠っている時は脳が起きていて、この時に夢を見る。この時に脳は日中の出来事、記憶を整理している、らしい。なので、テスト勉強などで一夜漬けをするなら、早起きして勉強するよりも、寝る前に勉強する方がいいそうな。ホンマかいな?

 

脳が眠っている時には、成長ホルモンが分泌されて、身体の成長やケガの修復が行われるんだとか。『寝る子は育つ』と言うのも、あながち迷信でもなく真実なのかも。

なので、筋肉痛なんかはタンパク質をしっかり摂って、お風呂で血行を良くして、ぐっすり眠ると比較的早く回復するんじゃないかなー。筋肉痛ってのは、筋肉の繊維が切れて破損しているらしく、寝ている時にその名もズバリ『超回復』と言う中二病真っ青な名前の回復が行われ、以前よりも強い筋肉になるんだとか。

 

 この『身体の睡眠』と『脳の睡眠』が1セットで約90分、夜寝て朝起きるまで、これが何度か繰り返される。なので、ホントは一晩で必ず何度も夢を見ているんだけど、まったく覚えていないか、覚えていても1回分くらいだよな。

 

 さて。

ここまでが前降り。

何が言いたいかと言うと、要するに睡眠時間は90分単位にすると良い、と言うコト。つまり、寝始める時刻の3時間後、4時間30分後、6時間後、7時間30分後、9時間後…に、目覚ましをセットすると良い。

例えば仮に24時に就寝したとすると、4時30分、6時、7時30分…にアラームをセットすると、スッキリサッパリクッキリシッカリ起きられる。

起きなければいけない時刻から逆算して寝る時刻を決めるのもアリ。例えば明日の朝6時30分に起きるなら、今日の24時30分、23時、21時30分、20時、辺りに寝る。

もっとも、理想の睡眠時間は7時間30分間らしいけど。

 

ただし、当然ながら1サイクルはあくまでも『約90分』なので個人差はあるし、その時々の体調なども影響すると思う。俺の場合は、だいたい90分より少し短めみたい。

この辺りは自分で何度か試してみるしかないと思う。

「今朝はなんだかスッキリ起きれたな。昨夜は何時に寝たっけ。じゃあ何時間寝たんだな」

と言う感じで、スッキリ起きられた時には、自分の睡眠サイクルを知るチャンスだと思って計算する。

 

ただ、この『90分』と言うのは大人の話。

子供はどーなんだろ。

どーもウチの娘は寝起きが悪い。ホントに悪い。超悪い。寝室から起きてきても、リビングのソファーで30分近くゴロゴログダグタする。

なので朝食がその分遅れ、それが俺や嫁の出勤時間に影響するので、毎朝無駄にバタバタする。

「リビングで30分ゴロゴロしても良いから、その分30分早く寝室から起きてこい」と言ってもぜんぜん聞かない。

 

まったく、子供ってヤツは…。