ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

寝る時に寒くなってきた

先日の台風以降ここ最近、急に冷え込んできた。昼間はまだ汗ばむコトもあるが、夕方から翌昼前くらいまでは、『涼しい』を通り越して『肌寒い』と感じるくらい。

で、慌てて寝具に毛布を出した。敷布と掛布は夏用のひんやりシーツに毛布と言う、どうにもミスマッチと言うかアンバランスと言うか。

しかしこれだけでも随分暖かく寝られる。

数日前までエアコンを付けて寝ていたのに、季節ってこんなに急激に変化するものだっけ?

 

ところで、ハッキリ言って娘の寝相は悪い。昨夜寝る前はこっちで寝てここに頭があったのに、なんで朝起きるとそっちで寝てて頭がそこ?と言うくらい。

以前にも書いたが、我が家では3人家族で『川』の字で寝ているが、具体的な順番は『俺、嫁、娘』で、娘の隣は壁がある。で、娘の寝相が悪いので、ベッドは落下の危険性から論外で、床に布団を3枚並べて敷いている。そして娘が布団2枚分を占領して寝るので、嫁と俺は1人分の布団で寝ている。

 

前置きが長くなったが、そんな状態で寝ながら、夜中にふと目覚めてトイレなどに行くコトがある。

昨夜もトイレに起きた際に嫁と娘を見ると、嫁は上記の毛布をしっかり抱え込んで暖かく寝ているのだが、娘は毛布どころか夏用のシーツさえも蹴り飛ばし、お腹も丸出しで爆睡している。

一般的に、男よりも女の方が寒さに強いと言われている。理由は皮下脂肪の厚みであり、また、娘はややぽっちゃりと言うかふくよかな体型で、皮下脂肪もその分厚いとは思う。が、それでもさすがに寒いだろうと布団を掛けてやると、「待ってました!」とばかりに布団を巻き込み、ホッとしたような表情でニンマリする娘。

暖かくして寝ろよーと思いながら、俺も床につく。

 

そして数時間後の明け方、俺の携帯のアラームが鳴り、起きて嫁と娘を見ると、嫁は相変わらずぬくぬくと寝ているが、娘はまた布団を蹴り飛ばし、お腹もパンツも丸出しで寝ている。夜中と同じように布団を掛けてやると、これまた夜中と同じように布団を抱え込んで体に巻き付けるようにする。

 

結局、娘は暑いのか寒いのかわからん…。

子供ってここまで体温調節が下手なモンなの???

 

でもまぁ、今朝も元気いっはいに登校して行ったから、特に体調に問題は無いと思われる。