読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

家の外灯が点かない件

ウチの自宅は、まだギリギリ「新築」と呼べると思う。その新築で、年末から“ある特定の設備“の不具合が頻発した。まぁ不具合であって故障ではないのだが。それに最初の不具合の時に復旧のさせ方を教えてもらっているので、とりあえず自力での復旧は出来る。

ちなみに最初の不具合の修理に来てくれた日は、忘れもしない12月24日、クリスマスイブ。俺1人なら特に何もせずに終わる、【ただの年末の1日】なんだけど、やはり子供がいるとパーティーっぽいコトはするよね。

多分、修理に来てくれた人だって、自宅でパーティーとかあるだろうに。お互いに気まずい雰囲気の中での修理だった…。

 

で、先日、また不具合が発生し、とりあえずその場は自力復旧、後日業者に来てもらい点検・部品交換となった。

業者と言うか、その“ある設備“のメーカー直系のサポートセンター…かな、まぁ故障や修理を受けてくれるところ。カタログの一番後ろなんかに載ってるところ。

そこの人が来て修理してくれて。

で、ついでと言ってはナンだけど、同じメーカーの外灯で、どうも点灯しないのがあったのでそれも見てもらった。

その人は、不具合の出た“ある設備“担当のようで、外灯は担当外のようだったけど、会社と連絡を取りながら見てくれた。

その結果、驚くべき事態が判明したのである!

 

続きはCMのあとで…っ!

 

 

 

~お好きなCMを思い浮かべてください~

 

 

 

その驚くべき事態とは?!

 

なんと、電球が切れているようだ、とのコトである。

これを読みながらズッコケたあなた!

電球は電球でも、ただの電球ではないのだよ!

ザクとは違うのだよ、ザクとは!

LEDなんだよ!

省エネと超長寿命が売りのLEDの電球なんだよ!

聞くところによると、LED電球が切れるよりも、本体の基盤の方が先に壊れる、とか言われているLED電球が、ギリギリ「新築」の家で切れてるんだよ!

もービックリだゎ…。

まだ確定ではなく、後日改めて担当の者が来てくれるようになっているが…。

 

俺はもちろん、今回来てくれた修理の人も、「信じられない」みたいな顔をしていた。

 

続報は…、あるかどうかは判らないけど、まぁなんかネタになりそうなコトがあれば書くかな。

 

 

3月14日、今日は…

先日も書いたけど、「連邦の白い悪魔の日」、あと、あまり聞かないんだけど、ごくごく限られた一部では「ホワイトデー」とも言われるらしい。

…なんだけど、ニュースなんかだと、「3.14」→「円周率」→「数学の日」だとか、さらに「π」→「パイ」→「パイの日」だとか、さらにさらに「円周率は永遠に続く」→「プロポーズの日」だとか…。

 いやはや。

よくもまぁ、いろいろ思い付くモンだ…。

「プロポーズの日」とか、言ってて恥ずかしくないのかな。

そもそも「男女の愛が永遠に続く」なんて、どんだけ脳内お花畑なんだか…。おめでたいですな(呆れ

言い出したヤツを問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そー言えば、俺、嫁にプロポーズしたっけ?

まぁ今さらこっ恥ずかしくって絶対に言えないけどさっ。

でもまぁもしも言うとすれば…

 

 

鋼の錬金術師

「俺の人生半分やるから、お前の人生半分くれ!」

 
Ed Propose To Winry Japannses Version - YouTube

 

 

とか

 

 

Angel Beats!

「俺が結婚してやんよ!」

 
Angel Beats Yui x Hinata [Episode 10's ending] (Ichiban No Takaramono) - YouTube

 

 

とか

 

 

化物語

「流行るといいな、嫁、蕩れ(『萌え』のさらに上級表現)」

 
【化物語】戦場ヶ原ひたぎの告白 デレ - YouTube

 

 

とか

 

 

【タッチ】

「俺は、嫁を愛しています。世界中の誰よりも…」
f:id:ponkotu-papa:20170314123841j:image

 

 

 とか…?

 

う~ん…。

どー考えてもムリムリ、絶っっっ対にムリだゎ~。

こんなコト、言えるワケがない。

 

あ、そーだ。きっとそーなんだ。

「プロポーズ」てのはきっと、都市伝説なんだ、うん。そーだそーだ。間違いないっ!

こんなコト、リアルで言う男なんかいるワケないモンなっ。

もしもリアルでいたら、見てみたいモンだ…。

 

映画「チアダン」

を、昨日の日曜日に娘と嫁と3人で観てきた。

 

 

映画「チア ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」公式サイト

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=http://cheerdance-movie.jp/sp/index.html&ved=0ahUKEwjxjuzip9PSAhVHwLwKHQ3MDbQQFgglMAM&usg=AFQjCNHoEenkSMS3lCRDXGSrqC7qFjABwA&sig2=38qeY2fggAiIYu2zDU3nXQ

 

 

正直なところ、俺は「チアダン」を含めて現在上映中の映画には惹かれるモノが無く、娘と嫁とが2人して「チアダン」を観たいと言い出しても、 2人だけで見ておいで、俺は家でのんびりしてるから、と そんなふうなことを言っていた。

まぁ嫁としてはおそらく、「同じ映画を見た」という家族共通の思い出を持ちたい、共有したいと言う思いでもあったのか、随分しつこく誘われた。

最終的に俺が折れる形で「チアダン」を見に行った。例え興味は無くっても、お金を払う限りは精一杯目一杯楽しんでやるさ!

貧乏根性の底力、ここで発揮せずにどこで発揮すると言うのかっ?!

 

 

 

結論から言うなら、まあそこそこ面白かった。

これから見ようとする人のために、敢えてネタバレしておこう。

主人公の女の子、広瀬すず、だっけ?

結構可愛いぞ!!!

俺は上戸彩が好きなんだけど、 広瀬すずのアングルによっては若い頃の上戸彩っぽくて可愛いと思った。あと、他にも可愛い女の子がたくさん出ていて、華やかだったな。

でも、一番目立っていたのは、広瀬すずとか部長とかではなく、名前はわからないけど、アメリカ大会で男性アナウンサーから「ダンスをする体型じゃない」と言われたぽっちゃり体型の女の子(笑)

目が離せなかったわ…。

そうそう。あの男性アナウンサー、最初、俺は審査員かと思っていたから、こんな差別意識がある審査員なら間違いなくホームタウンディシジョンがあるだろうと思ってハラハラしながら観ていたんだけど。ただのアナウンサーでよかったよかった(笑)

 

 まぁなんでもそうだけど、何も無いところに道を作るのって一番難しいよな。多分、初代JETSより今のJETSの方が、技術やなんかも比べ物にならないくらいハイレベルなモノになっているんだろうけど、それでも初代JETSが道なき道を模索しならがら目標を目指して進んで行ったコトの方がすごいと思う。

 

 

 

映画を観た帰り道、娘がスマホで(多分JETSの)チアダンスの動画を何度も見ていた。どんだけ影響されやすいんだよっ(笑)

さらに帰宅後には、体操やダンスを習いたいとまで言い出した。影響受けやす過ぎだろっ(笑)

何しても、何事も自分で経験してみることはいいことだと思うし、お財布が許す限りは希望の習い事をさせてやりたいと思う。

ただし、自分から希望して始める以上、短期間で飽きたり逃げ出したり投げ出したりは許さん…っ。

自分には合わないと思うならヤメるのも仕方ないけど、子供のウチから諦め癖、逃げ癖は付けてほしくないなぁ。

ま、何でも誰でも最初は初心者だ。最初から上手く出来る人なんかいない。その中から自分が楽しい、続けたいと思うなら続ければ良いさ。

好きこそ物の上手なれ、継続はチカラ、とはよく行ったモノだよな。

 

 

 
「やってみよう」 フルver. /WANIMA【公式】 - YouTube

 

連邦の白い悪魔の日

3月も早くも10日か。

そしてもうすぐ例の悪夢の日が来る…。

そう。

連邦の白い悪魔の日。

例えて言うなら『ホワイトデー』である。

 

まぁ自慢では無いが、俺の人生にはまったく無関係な日ではあるのだが。

 

正直、バレンタインはまだ良い。今年は不発に終わったが、例年であれば15日以降はバレンタイン仕様のチョコレートなんかが割引価格で大量に売られていたりするからだ。そしてそれらを買い占めてホクホクしながら春先まで過ごすのがこの時期の俺の恒例である。

しかしホワイトデーは、なんだか全体的に地味な上、お菓子の種類も量もバレンタインと比較して少ない。当然、15日以降に売れ残るお菓子は少ない。つまり俺は的に得られるメリットが少ないのだ。

 

…ん?

お返し用のお菓子は買わないのか?

なぜ、もらってもいないのにお返しを買わなければいけないのだ???

一部では、バレンタインのお返しは2倍返しや3倍返しが当たり前だとか言うが、そもそもゼロを何倍にしてもゼロのままである。

ふふん…っ(ドヤ顔

 

そー言えば関係無いけど、半沢直樹の『倍返しだ!』が流行った時期、俺は半沢直樹を知らなくて、みんなが「倍返しだ!」って言っているのを聞く度に、第08MS小隊のシロー・アマダの「倍返しだぁー!」とコトだと思っていたなぁ。


ガンダム第08MS小隊 シロー・アマダ 「倍返しだ!」1996年OVA - YouTube

判る人にしか判らない話(笑)

 

 

 

 

ところで俺の好きな替え歌職人(失礼)の方の替え歌で、この2月3月ごろの俺の心境を代弁するかのごとく歌い上げている替え歌をここに張り付けておく。

願わくば、俺と同じように崇高な志を持つ同士の魂に響かんコトを願う…。

 

 
【替え歌?】巷の少女・チョコくれ・無理スか / recog - YouTube

 

 

 
【替え歌】ガラナを非モテの視点で歌ってみた【recog】 - YouTube

 

 
[附中譯]【翼をください】彼女をください/recog【替え歌】 - YouTube

 

明日、嫁は弁当が必要らしく

夕食後に作り始めた。

なんでも、夜の内に作っておけば、明日の朝、早起きして作らなくてもいいから、らしい。なるほど。嫁、頭良いな!

 

まぁ、がんばれー、と思ってお風呂に行こうとすると、「手伝ってよ!」と捕獲されてしまった。

「あんたの分も作るから」と言われ、手伝ったよ。

 

今回は娘用ではなく、あくまでも嫁用(ついでに俺のも)なので、あんまり凝った内容にする必要はない。

俺はウインナーにナナメに切れ込みを入れてから、卵焼きフライパンにオリーブオイルをひいて塩コショウを軽く振りかけて焼く。いい感じでウインナーから脂が出たら、ウインナーを取り出して、定番の卵焼きを作る。

その間に、嫁はブロッコリーを切って茹でたり、ミートボールを準備したり。

 

出来上がったおかずを、嫁がそれぞれの弁当箱に詰めて、粗熱を飛ばして冷蔵庫に入れて完了。

あとは、朝、炊きたてのご飯を詰めたら完成、の予定。

 

 しかしまぁなんだな…。

先日の娘の弁当と比較して内容自体はややシンプルながら、その詰め方は娘用弁当同様にやっぱりゴチャゴチャしている…。

以前にも書いたように、嫁と俺は可愛いと思う女性服やバッグなどのセンスは似ているが、どうやら弁当の詰め方のセンスは相容れないようだ。でもこれが嫁的には『可愛いお弁当』なんだろう。

……………理解できん。

弁当に『可愛らしさ』は要らんやろ。

嫁は弁当に限らず「え。そこに可愛らしさ必要?」と言うようなところに『可愛らしさ』をブッコんでくる。

これが『女子力』と言うヤツか!

マジで意味不明……………orz

嫁はそろそろアラフォーなのに『女子』ってのもどーかと思うけど、『女子トイレ』とか『女子更衣室』とか言うし、とりあえずここは華麗にスルーしておく。

 

それにしても、弁当は前の夜に作っておくと翌朝ホントに楽だなぁ。

今度から娘のお弁当もそーするか!(名案!

 

豆腐ステーキ

2~3日ほど前、食卓が淋しい時があり、ふと思い付きで冷蔵庫に残っていた豆腐をフライパンで油をひかずに素焼きにしてみた。

まぁ冷奴でも良かったんだけど、まだ時期的に冷たいのよりは温かいのの方がいいかなと。でも湯豆腐にするのは面倒臭いなと。

で、焼いた豆腐、これは文字通りただの『焼き豆腐』なんだけど、娘に「豆腐ステーキでございます(笑)」と出してみた。ソースは買い置きがあった焼肉のタレ(甘口)のみ。

 

これが、娘に大ヒットしたらしく。

ここんところ毎日「豆腐ステーキ食べたい!」と言ってくる。

オリーブオイルを使って焼いてみたり多少のアレンジを加えているけど、よく飽きないモンだよな。

ほとんど娘1人で豆腐一丁を平らげており、嫁や俺の口に入るコトはほぼ無い。

ま、豆腐は低カロリー高タンパクで、大豆イソフラボンもあるし。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするらしいし。

なによりも低コストなのがイイね!(^^)d

こんなので良ければ毎日でも作っちゃうゾ~!

 

でも豆腐もだけど、焼肉のタレもそろそろ買ってこないとな…。

 

 

嫁とお風呂

ウチでは、週に何度かは俺と嫁とが一緒にお風呂に入る。

しかし、そこにはキャッキャウフフイチャコラアハーンイヤーンバカーンな雰囲気などは一切無く、純粋に就寝までの時間短縮が目的である。

 

ウチでは、基本的にまず夕食後に娘が最初にお風呂に入る。その間に夕食の後片付けやらなんやらを済ませ、お風呂から上がった娘を寝室に行かせる。

それから嫁や俺の風呂タイムなんだが。

嫁も女なので、やはりお風呂はそれなりに長い。

そして俺も、お風呂にスマホを持ち込んでゲームをしたり、このブログを書いたり、ユーチューブやニコニコ動画を観たり…などで、けっこう長風呂になる。もしかすると嫁よりも長風呂かも知れない。

 

そんな二人が別々にお風呂に入ると当然、あとの方(ほとんどの場合は俺)が寝るのが遅くなる。なので、時間短縮のために、ちょくちょく夫婦で一緒に入るようになった。

 

今夜もそんな理由で一緒に入った。

嫁が先にお風呂に入る。俺はちょっと観たいテレビ番組が一段落つくまで観てからお風呂に入る。

この時点で嫁は、一旦湯船で暖まったようで、洗い場で一息ついていた。

俺は、嫁の背後の洗い場の空いたスペースで、自分の局部や関節なんかを石鹸で軽く洗って湯船に入る。

 

洗う順番は人それぞれだろうけど、俺はまず、身体の汚れが多いと思われる部分、例えば股関とか脇とか足の裏とかを石鹸やボディソープで洗ってから湯船に入る。身体を洗う前に湯船に入るのは、身体を暖めて血行を良くし、全身の毛穴を開かせてから洗うため。

スマホをいじるのはこのタイミングが多い。

で、十分に暖まったら全身を洗う。

 

この日もこの順番で、湯船で暖まっていたのだが。

洗い場の嫁が、なかなか終わらない。

 まぁ嫁も女だしな。あと、ある意味、嫁は接客業だしな。清潔感は大切だよな。

とは言え、メイク落としやらなにやらで、湯船の俺の方がノボセそうだ。

嫁が髪の毛を洗い始めたところでたまらず湯船を出て、仕方なく嫁の背後の空いたスペースで身体を洗う。

ウチの浴室は決して広くない。およそ一坪で、浴槽と洗い場が半分ずつである。つまり、洗い場はおよそ一畳の面積で、さすがにここに大人が二人は狭い。

しかし、その洗い場の占有率はおよそ嫁:俺が7:3で、俺は精一杯身体を縮こまらせて、まずは髪の毛を洗い始めた。

そうする内に嫁が洗いダオルにボディソープを付けて泡立たせて、背中越しに俺に無言で渡してきた。

「あ、これで俺の身体を洗えってコトか」と、嫁のさりげない優しさに目頭が熱くなった辺りで、嫁「なにしてんの?早く背中を洗ってよ」だと…?

俺は目から先ほどとは違う涙を流しながら、嫁の背中をゴシゴシ洗ってやったさ!

 

嫁の背中を洗い終わると、嫁はさっさと自分の身体の泡を流して浴室を出ていった。当然、俺の背中は放置されたまま。

 

残された俺は、そそくさと身体を洗って再度湯船に浸かった。

なんだか今日のお風呂のお湯は、塩味が強いなぁ…。