ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

緊急ミッション発動 2

前回をカキコしてからこの「2」を入力中にうっかり寝落ちしてしまった…。

とりあえずつづき。

 

 

聞けば、娘の通う小学校で性教育的なコトを始めるのは、娘の今の学年よりまだひとつ上の学年だそうだ。

恐らく娘は、友人から聞き齧った程度、もしくはマンガ雑誌の相談コーナーを読んだ程度の浅い知識しか持っていないと思われる。

知識とは武器であり鎧である。

人は自分が知らないコトに直面した時は、臆病になったり不安になったりするものだ。

 

いくら緊急ミッションが発動したとは言え、そんな不安でいっぱいであろう娘には、母親である嫁が付き添うのが最善だと思われる。

…となると、ま、さ、か………………?

娘のための生理用品入手の実行部隊は俺しかいない、のか…?

逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ………。

少し悩んだが、娘のためだっ!

娘の不安な気持ちに比べれば、オッサンが生理用品を買うくらい屁でもねぇ!!!

意を決して着替えて、嫁に娘を頼んで近場のドラッグストアーに走った。

 

時刻は20時前。

店内にお客はまばら。

店員は…、恐らく大学生くらいと高校生くらいのアルバイトと思われる女性2名(余談だが二人ともかなり可愛い)、あとは俺と同じくらいの年齢のオッサンを筆頭に男性が3名。

嫁からは【ハンカチなんかに挟んでさりげなく隠せるくらい薄くて、かつ、学校で交換しなくていいくらいたくさん吸収できるヤツ】との注文を受けていたが、そもそも俺は生理用品の知識が皆無だ。俺が自分で選ぶコトはできない。メーカーもブランドも名称も、まったく違いが判らない。ひとつひとつ手に取って確認する時間も無い。つまり店員に聞くしか無いのだが…。

俺みたいな怪しいオッサンが、女子大生や女子高生に生理用品について相談なんかしたらセクハラオヤヂとして即通報されかねない。しかし、だからと言って見ず知らずのオッサンに娘の初潮の話をするのもなんとなくイヤだ。そもそもいくら店員とは言え、オッサンに生理用品の知識があるとは思えないし、あったらあったでなんかイヤだ。

 

どうするか悩んでいるところに嫁から着信。「どんな感じ?」と訊かれ、現状を説明しているところにタイミングよく高校生とおぼしき女性店員が通りかかった。

少し迷ったが、嫁と電話で繋がったままその女性店員を呼び止め、事情を説明するもあまり伝わっていないようで怪訝な表情を見せる女性店員。「これはマズい!通報されたら俺の人生終了フラグが立つ!」と思い、慌てて半ば強引に店員にスマホを手渡し、嫁から説明してもらうとようやく事情を理解したようで。無事に通報されるコトもなく、その女性店員にいくつか見繕ってもらって会計を済ませた。店を出た時、ホッとしたゎ…。

 

俺の40数年の人生の中で、これほど居心地の悪い落ち着かない買い物は初めてだよ…。

娘は生理初体験、俺は生理用品購入初体験、か…。

嫁からの電話が無ければ、マジで今頃はお店の裏の事務所でいろいろ尋問されていたかもしれん。危うく人生が詰むところだった…。

 嫁に密かに感謝しつつ、帰路につく。

こうして超高難度のSSS級緊急ミッションは無事にただひとりの脱落者も出すことなく(俺しかいないんだけど)成功した。

 

帰宅すると、娘はすでにお風呂を出て寝室にいるらしい。しかし普段の時間からすると寝るにはかなり早い時間。

 戦利品である生理用品を嫁に手渡す。

俺の出来ることはここまで、ここから先は女同士である嫁に任せる。

 

生理用品を持って寝室に向かう嫁を見送る俺の脳内では、映画「アルマゲドン」のテーマ曲が再生されていた。

 

 
アルマゲドン 主題歌 - YouTube

 

つづく

緊急ミッション発動

俺が仕事から帰宅した時、娘がずいぶん長い時間、トイレにこもっていた。

 

娘は野菜があんまり好きではないみたいで、ハンバーグとかフライドチキンとか、お肉ばかり食べたがる。

まぁ、タンパク質は三大栄養素に数えられる必須栄養素だし、今ある肉体を維持すればいい大人と違って、子供は肉体を大きくしていかなくてはいけないし、肉体は筋肉から内臓から脳から血液から骨に至るまで、その大半がタンパク質なんだからお肉を食べるコト自体は悪いとは思わない。

 ただ、だからと言って栄養のバランスを無視して自分が食べたいモノばかりを、成長期の子供が食べて良いとは思わない。

もちろん食事の度に「お野菜も食べなさい」と言っているんだけど、娘は「うるさい!」と言って聞きゃしねぇ。

そんな食生活の娘のウンチ、見たコトはないんだけど、多分真っ黒でカチカチに硬いんだろーなと簡単に想像がつく。嫁に聞くと、最近の娘のトイレ時間がちょっと長いなと感じていたそうな。

 

ちなみに、健康的なウンチと言うのは、適度に柔らかく、黄土色と言うか茶色と言うか、黄色っぽい感じ。

 なので、俺は自分のウンチが最近硬めだと思えば、意識して野菜や果物を食べるようにしている。ウンチは口から肛門まで、体内をずっと通ってきた、体内の様子を語る語り部なのだ。ウンチはちょっとした健康のバロメーターである。

閑話休題

 

で、話が冒頭に戻るんだけど、娘のトイレが長いのも、「あー、野菜不足でウンチが出ないのかー」くらいにしか思わなかった。

 

ところが、嫁が帰宅して家族で夕食を食べて、娘がお風呂に入った後。俺が洗濯機を回そうと脱衣場に行って汚れ物のカゴを見た時、一番上に娘のおパンツ様が、まるで見てくれとばかりに鎮座していた。そしてそのおパンツ様には、赤いシミが…。

即座に事件現場に鑑識班【嫁】を呼び寄せ、「お尻の出血ではないのか?」と聞いてみたが、嫁はおパンツ様を手に取りその前後を確認して…「生理みたい」と一言。

俺は一瞬理解が出来なかったが、理解するよりも先に嫁から脱衣場からの退去を命じられた。

その後、風呂場の娘と嫁とでどのような会話が成されたかは知るよしもない。

その間、俺はリビングのソファーでやきもきしながら待っていると、数分後、嫁が戻ってきて「間違いない」と確定した。

しかし、ウチには嫁用の生理用品はあるが、まさか娘はまだまだ先だろうと準備もしていなかった。早急に娘も使えるような生理用品を手に入れなければならない。

 

ここで緊急ミッションが発動した!

 

つづく

 

 

ちょっと今さら感はぬぐえないけど

西野カナの「トリセツ」って どーなの???

 

いや、西野カナ自体は特に好きでも嫌いでもないんだけど。

とりあえずこの「トリセツ」って歌の主役の女性のワガママっぷりにイライラモヤモヤが止まらない。

なのに、世の女性たちの心をガッチリ掴んでいるとか。マジか…?

女心をわかっているとか、代弁しているとか、中には「この歌を聴いて女心を理解しなさい」とばかりに随分と上から目線でパートナーの男性に聴かせるとか…。

 

改めて歌詞を見てみると、男性側がストレスマッハな歌詞だよな…。

 なんでもない日にセンスの良いプレゼント寄越せとか、旅行に連れていけとか、記念日にはお洒落なディナーにエスコートしろとか、どんだけ上から目線なんだよ!

寝ボケたコト言ってんじゃねぇーよ!

寝言は寝てから言えっつーの!

つまりは「女ってこーゆー生き物なんだから。まるまるそのまま受け入れてね(はぁと)改善する気なんてサラサラないんだからぁ~(うぃんく)」ってコトだろ?

 

 

 

世の中の「トリセツ」崇拝者の女性たちに聞きたい!

逆に男性から…

 

俺、ギャンブルが好きだから毎月給料の大半をギャンブルに使っているんだ。もしかしたらお前の金に手を付けるかもしれないけど、事前にこうして言っているんだから良いよな?

あと、酒を呑むと性格が変わるから、もしも酔った勢いでお前に暴力を振るっても酒のせいで俺は悪くないから。

さらに女なら誰でも好きだから、浮気もするけど当然、笑って許してくれるよな!

 

…とか言われても、まるまるそのまま受け入れられるのか?

 

「トリセツ」って、事前に「女って(わたしって)こーゆー生き物だから覚悟しておいてね」と告白・告知しているワケだよね。しかも、「いつもゴメンね」とか「笑って許してね」なんて言ってる辺り、自分自身でその点を「自分の悪い部分」だと自覚しているワケだ。でもその「悪い部分」を、改善する気も予定もまったくぜんぜんサラサラこれっぽっちも無いから、男性側が女性側(わたし)に全部合わせてね、ってコトだよね。

 

じゃ、男性も事前に自分の悪い部分を告知しておけば、そこを改善しなくても許せるんだよね、「トリセツ崇拝者」の女性たちは…。

 

 

 

恋人にしても夫婦にしても、お互いに歩み寄ってナンボじゃね?

どちらか一方が、一方的に自分の欲求・要求を通そうとするのは歩み寄ってないよね。

自分で気付いている自分の悪い部分はもちろん、気付いていない悪い部分もパートナーに指摘されて気付いたなら、徐々にでも改善していくべきじゃね?

 0点からいきなり100点満点は無理だけど、少しずつ少しずつ改善していく、その努力をする、てのは大事じゃね?

 昔読んだ何かの本に【結婚とは、どちらかの家庭の味に合わせて味噌汁を作ることではなく、両家それぞれの味噌汁から、新しい自分たちの味噌汁を作ること】みたいなのがあったんだけど、結婚に限らず恋人も歩みよりじゃね?

自分のワガママ全部を通そうとすると、どうしても相手に無理させるしストレスかけるし、遠くない将来破綻するわ…。

 

 

 

 …と思っていたら、こんなの発見。

 

西野カナ「トリセツ」 VS さだまさし「関白宣言」を描いたマンガが話題に

http://www.danshihack.com/2017/02/03/junp/torisetsu-kanpakusengen.html

 

…なるほど。確かにさだまさしの「関白宣言」は男性のワガママが歌われているように思うよな…。コレを持って来られるとは思わんかったゎ。

でも「関白宣言」は、続編の「関白失脚」まで含めて、不器用な男がそれでも一途に嫁さんと家族を愛し続ける歌なんだよな。そりゃま、ところどころに、例えば【お前は家を捨てて俺のところに来るんだから、帰る場所は無いと思え】とかみたいに、「今時その考え方は無いわー」と思う時代錯誤なトコロもあるけど。それでも【幸せは二人で育てるもので、どちらかが苦労して繕うものではないはず】と、二人で一緒に努力して幸せになろうな、って歌だよな。

それに比べて「トリセツ」は、始終「わたしのワガママを全部聞いて!」「あなたの幸せなんかどーでもいいから、わたしを幸せにしてくれればいいの!」って歌に思える。

それとも「わたしが幸せなら、あなたも幸せでしょ?だからわたしを幸せにするためにあなたは最大限に努力しなさいな。え、わたしは努力なんてしないわよ」って歌なのかな。

 

 

 世の中の「トリセツ崇拝者」の女性たちに言いたい。

 

自分のワガママばっかり言ってないで、歩み寄る努力もしてみよーや?

 幸せにしてもらうんじゃなくて、自分たちで幸せを掴み獲りに行けばいいやん?

 

 

トリセツ   西野カナ


トリセツ - 西野カナ(フル) - YouTube

 

 

関白宣言   さだまさし


関白宣言 # さだまさし(CD音源) - YouTube

 

関白失脚   さだまさし


関白失脚/ダスキンcmソング # さだまさし(CD音源) - YouTube

 

 

 

今日は昨日と違うスーパーに

寄ってみた。

すると、あったあったありました!!!

時期から外れた見切り品のチョコレート!

 

やったぁー…………………、って、クリスマス用かよ!!!!

毎日1つずつお菓子を食べていくカレンダーのヤツ。

 

確かに時期外れだけどさ。

俺が狙っていたのはバレンタイン仕様の見切り品チョコレートなんだけど。

まぁこのクリスマスチョコレートは買ったけど。

 

で、多分読んでいる人の大半から「今の時期にクリスマス用品があるか!」とネタ認定されると思ったから、証拠に後で写メを撮ろうとリビングの隅っこに置いていたら、目ざとく見つけた娘が早速開けて1日目を食べていたよ…。

 

そんな目ざとさがあるなら、自分が脱ぎ散らかした服を見付けて片付けろよ…。

 

そしてやっぱり、バレンタイン仕様のチョコレートは安くなっていなかった…。

なんでや???

昨日、仕事の帰りに

スーパーに寄ったんだけど。

バレンタインのチョコレート、ぜんぜん安くなってなかった…orz

なんでや…?

 

たまたまその一件だけなのか、最近はどこもそうなのかわからないんだけど、残念な結果に終わってしまった。

 

昔は14日夜、もしくは15日とかにはバレンタイン仕様のチョコレートが半額とかになっていたりさたんだけどな。そんでそれを、いくつかのスーパーをハシゴして買い占めて独りホクホクしていたんだけどな。

 

今日は違う店に行ってみるか…。

昨日は普通の日

なんか昨日は全国的に、特に女性が落ち着きが無い1日だったらしい。

自宅でテレビを付けても運転中にラジオを付けても、なんかよくわかんないイベントがあったようで。

 

バ…、バ…、バカん痛いん…?

ふむ。

ドMイベントか。

 

まぁ俺にはまったく関係ないな。

 

そー言えば前の日曜、朝っぱらから娘がなにやらお菓子を作っていたな。

てっきり甘党の父親である俺のためのお菓子だと思っていたのに、いまだに俺は貰っていないゾ?

あのお菓子はどこに行ったんだろ。

 

そいや昨晩、嫁からなにやら黒っぽい甘いお菓子をもらったな。

半分くらい娘に奪われたけど。

 

よし。

今日の帰りにスーパーであの黒っぽい甘いお菓子を探して買い占めるか!

今日ならモノによっては見切り品で安くなっているだろうし!

 

新車購入 3

厳密に言えば、タイトルの「新車購入」は誤りではあるんだけど。購入じゃないし。

でも購入にしてもリースにしても、言い方も意味も違うんだけど、結局は現物が手元にあるんだし、使用するにはなんの問題も無いよね。

改造をしたい人にはリースって選択肢は無いんだろうけど、俺も嫁も、これまで乗ってきた車はどれも完全にドノーマルなので、今さら改造をしたいとは欠片ほども思わない。

 

リース料金に含まれる税金やら保険やらに、多少の手数料と言うかマージンが乗っていたとしても、それらを普通に支払う準備やらコンビニまで行く手間やらの面倒臭いところを代わりにやってもらえるので、むしろウチではありがたいところ。

 

ま、この辺はそれぞれ考え方はあるだろーな、と思う。

俺みたいに、ちょっとの手数料で面倒臭いコトをやってもらえるなら任せたいって考えもあれば、ちょっとでも手数料を払うくらいなら自分でやる、という考えもあるだろうし。

 

とりあえずそんなこんなで、リースで契約をしたのが昨年の11月くらいだったかな。

そのすぐあとからスペーシアZのCMが始まったからちょっと苦笑い。

でももう契約もしちゃったし、いまさらZのスペックとか調べたり比較検討するモチベーションも無いし。

 

で、なんで11月くらいに契約してこの時期に納車なのかと言うと、リース会社の人の提案なんだけど、俺の前の車の任意保険がこの1月とか2月とかまでで、さらにこの更新までまてば俺の保険の等級が20等級になって割引が最大にまで大きくなるから。

通常なら任意保険は毎年更新だと思うけど、今回のリースは契約終了まで、任意保険の掛け金も含めての毎月定額支払いになっているので、毎月の差は小さくても最終的に大きな差になるかもしれないし。

年末年始の家族旅行にはこのスペーシアで行く予定だったんだけど、半年先ならともかく、たかだか1・2ヶ月待って割引が利くならそうしようと、提案に乗るコトにした。

 

納車まで余裕があったので、納車前のメンテナンスなんかも丁寧にやってもらったみたいで。

 もちろん余裕の有り無しに関わらず、仕事に差を付けるなんてあり得ないんだけど、余裕が無ければつまんないミスの要因にはなり得るし。

 

 で、先日、納車されたんだけど、この新しいスペーシアを嫁の毎日の通勤用兼休日の家族でのお出かけ用として使用し、現在の嫁の車を、俺の毎日の通勤用として使用する。この嫁からのお下がりの車は、結婚前に嫁が買ったモノで、すでにローンは終わっていて、ローンを含めた維持費が(多分)安い。さすがに2台同時に買い換えられるほどブルジョ~てはない。

この車は何年か前の普通車なんだけど、なんとなく新しい軽自動車の方が安全性能なんかがより高い気がして、スペーシアを嫁メイン使用とした。

 

運転席の目線も高くて、嫁も運転がしやすそうだし、早速、娘が後部座席のオートスライドドアを気に入ったようで、しつこいくらいに開け閉めしている(笑)

まったく、子どもかっ!

って、子供なんだけど。

スペーシアに限らず軽自動車の車高が高いのは、強風時の安定性に不安があるけど、おおむね満足かな。

 

 さて、これからリースの支払いを頑張らなくては…!