ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

エアコンについて 11

エアコンって言うと、だいたい室内機を想像する人が多いと思うんだけど。

実際は、エアコンってのは、室内機と室外機とか揃って初めて機能するんだよな。

 

で、今回は室外機のお話。

一戸建てでも2階以上とか、マンションなんかだとベランダとかに室外機を置いてあるコトも多いと思う。

気を付けて欲しいのが、この室外機の周囲に物が散乱していないかどうか。

以前にも書いたと思うけど、冷房時には室内機から冷たい空気が出て、室外機から熱い空気が出る。

小難しい話は省略するけど、要するに冷房時には室外機で熱を放出して冷やされた冷媒ガスが、室内機では冷媒ガスの冷気で空気を冷やし、変わりに空気の熱をもらい、暖かくなった冷媒ガスはまた室外機で熱を放出して冷やされ、室外機に~…、と、【熱交換】を絶えず行っているワケなんだよね。

暖房時にはこれが逆になる。

 

冷暖房時の効率を上げる方法として、言い換えればエアコンの電気代の節約方法として、あちこちで室内での方法はよく聞く。

「エアコンと同時に扇風機を」と言うのも、室内での方法だ。

実は室外機にも、いくつか方法はある。

 

まず第1に、

【室外機の周囲に物を置かない】

『室外機ではいらない熱を捨てている』んだけど、その周りを物が囲んでいたら風の通りが悪くなり、結果、室外機は『捨てた熱を持った空気』を再び吸い込むコトになる。

えっと。

この現象を…。なんて呼んだかな。忘れちゃったてへぺろ

例えば自分が、運動した直後やお風呂上がりで身体が暑くて一刻も速く冷やしたい時、閉めきった密室で扇風機を回して生温い風を受けるのと、風通しが良く、常に新しい空気に入れ替わる部屋で扇風機の風を受けるのと、どちらが効率が良いか…。考えるまでもない。

たまーに、室外機の周りに植木鉢やらを並べたり、ベランダなんかで周囲に充分に空間を確保できていない室外機を見ると、電気代はもちろん、機械的にも無理させてて早く壊れるだろうし、いろいろ勿体無いコトしてるなー、と思う。

 

第2に、

【(冷房時は)室外機に直射日光を当てない】

上にも書いたように、冷房時の室外機の仕事は『冷媒ガスを冷やす』なんだけど、室外機に真夏のキッツぃ日光が当たると、室外機自体が熱くなり、放熱効率が落ちる。

家電量販店なんかには、コレを防ぐためのアルミシートなんかを1枚1,000円~3,000円くらいで売っているハズなので、購入を検討してみるのも良いかと。

あと、スダレやタテス、最近流行りのグリーンカーテンなんかを使って、室外機に日陰を作ってやるの良い。

まぁ夏場は、太陽が高くなるので、建物の構造上、日光が軒下奥までは届かず、室外機に日光が当たらないコトもあるとは思うんだけど。

ちなみに暖房時には、日光を当てて室外機を暖めてやるのが良い。

 

 

【室外機の周囲は風通し良く、かつ、日光が当たらないようにする】

 

パソコン不調

独身のころに組んだデスクトップパソコンが不調になった。まぁ考えてみればもう数年使ってるヤツなので、確かにそろそろ買い換え時と言えばその通りなんだけど、やっぱり結構ショックだ。

 

なんか、起動させようとしてもひたすら再起動のループになって、正常起動できない。セーフモードにさえいけない。無限ループって怖いよな。

で、その途中で英語のメッセージが表示されるので、ソレをメモって、いつもパーツ等を購入しているパソコンショップに相談に行ったのが先週末。

結論から言えば、BIOSが破損している可能性が高い、との事。CMOSクリアしても復旧できないくらいなら、店頭でできる事はほぼ無い、んだそうな。マザボのメーカーに送って修理依頼すれば、直る可能性もゼロではないけど、絶対に直る保証は無いし、サポートも切れているので全て実費だそうで…。

なら買い換えるよな…。

 

しかし…。

う~ん…。困った…。

マザボ以外のパーツが壊れたのなら、まだそのパーツだけを買い換えれば復旧する可能性は高い。比較的、安価で復旧させられる。まぁ今回はマザボ自体が古いので、規格が合うパーツはオークションとかリサイクルショップとかくらいしか手に入れる方法は無いとは思うんだけどさ。

でもマザボを換えるとなると、ほぼすべてのパーツをまるまる換えなければいけなくなるんだよな。ケースとか電源とかHDDとかファンとかくらいじゃないかな、使い回しが出来るのは。

なので、新調するパーツの総額は恐らく安く見積もっても5~6万円、ちょっと性能が良いヤツを選ぶとあっさり10万円を越えるんじゃないだろうか…。すっごく性能が良いヤツだと、30万50万くらいは軽くいくだろうな。

独身時代ならそれも良いんだけど、さすがに結婚している今は、自分の趣味に10万円は出せん…っ。

 

一応、ショップには俺が持っているCPUとかメモリとかの規格に合うマザボが、在庫として格安で、1つだけあるにはあるらしいんだけどさ。

このマザボを買えば、一応、復旧の可能性は高いんだ。でもこのマザボ、すンごく小さくて、拡張性が低いったらもう!

昔ほどのヘビーユーザーじゃないと言っても、さすがに物足りないぞ!

店員さんも言葉にはしなかったけど、あんまりオススメっぽくなかったし。

いくら格安で復旧しても、これじゃたぶん、あまりのスペックの低さに対するストレスで、1年以内、下手すると半年以内にでもツルッパケになったり胃が穴だらけでついに無くなったり…、するかも知れない…。

 

そしてなにより、『どうせ組み直すなら新しい規格の、性能の良い、より長く使えるマシンが組みたい』と思うのが道理。

わざわざ『古い規格で(現行品と比較して)スペックの劣るマシンを組みたい』と思うワケがない。古い規格のパーツは万一の時のサポート面でも不安が残る。

『この時代のこのパーツが好き!』などのこだわりでも無ければ、選択する理由は無い。ちなみに俺はこだわりは無い。

CPUだって、買い換えるならIntelでもAMDでもどっちでも良いよ。店員さんが言っていたけど、今回のAMDの新型CPU、良いらしいし。それに今はIntelのi5を使っているけど、昔はAMDAthlonとかPhenomとかも使っていたんだし、そこら辺にこだわりも抵抗も無い。

要するに無節操なんだな、俺…。

 

俺としては、10万円ほどかかっても組み直したい…っ!

でも、10万円は貧乏家庭ではなかなか出せない…っ!

狙い目は、少しでも安値が期待できるお盆セール!

…なんだけど………。

 

嫁に土下座してみるかな…。

 

神様

俺は基本的に無神論者である。神様とか仏様とかは信じていない。

だから、独身の時には、クリスマスとか初詣とか、宗教行事はほぼ、まったくと言っていいほどやっていなかった。まぁお墓参りは、故人のためと言うよりも、自分が納得するためにやっていたけど。

もちろん、今は子供がいる以上、世間一般程度にはやっている。

あと、神社仏閣なんかに行く時にも、神様や仏様にではなく、ソレを築き上げ維持し、今日まで継承してきた先人たちへの敬意を込めて、それなりに知る限りのマナーやしきたりなんかは守ったりしている。

例えば、神社の石段の真ん中は神様の通り道だから人は端っこを通るとか、手の洗い方とか、娘に説明しながら行っている。

 

 

 

さて。

そんな薄情な俺と違い、娘は神様を信じているらしい。とは言え、そこは小学生。宗教の違いなどは知る由もなく。まぁ話を聞いていると、どうやら娘がイメージする神様ってのは、『十字架に架けられたイエス・キリスト』のようなんだけど。

エス自身は『神様』じゃないんだけどな。

まぁそんな無粋なコトは言わないけどさ。

そんな娘が、あるテレビ番組を見ながら、「神様って、世界中に何人くらいいるのかな?」と聞いてきた。

 

 

 

非常に個人的な話だけど、俺はキリスト教が嫌いである。大嫌いである。理由は、まぁまた機会があれば書くかも知れないけど、この場では省略。

なので、「日本にはとりあえず、八百万の神がいるよ」と話した。「海にも山にも太陽にも、風や雷にも、神様がいるよ」と。

「でもね」

「世界中の神様の数は、神様を信じる人の数だけ、いるんだよ」

と締めた。

うん。

俺、すっごく良いコト言った!

「ついでに言うと、神様の数え方は、『1人2人』ではなくて『1柱2柱』って数えるんだよ」

と、娘にドヤ顔を向けると、娘はテレビを見ながら

「パパうるさい。静かにして!」

と言われた…orz

 

 Oh my GOD!

 

 

 

 

余談だけど、夏だし山に行く人も多いと思う。

山の神様(イワナガヒメ)はブサイクな女の神様で、美人の妹(コノハナサクヤヒメ)と一緒にニニギノミコトに嫁いだんだけど、妹は残されてイワヒメだけがそのブサイクが原因で返されたってのだから、イワヒメのプライドはズタズタだろうな。

まぁそんな理由で、イワヒメは男性にモテずにおり、なので男性が山でオシッコをするためにブツをポロリするのを、イワヒメは喜んでくれるそうな…。

ま、モラルの問題もあるけど、機会があればイワヒメを喜ばせてあげるのも良いんじゃないかな!

深夜のテンションひゃっほぃ!

 

 

ちなみに俺は、日本書紀とか古事記とかをキチンと読んだワケではないので、間違っていたらスマソ!

 

 

 

エアコンについて 10

ここ近年、夏場に何度も何度もニュースなんかで聞く言葉、【熱中症

熱中症にご注意ください」と言う注意換気から、「熱中症で◯人が救急搬送され~」ととか、「熱中症により死亡~」と言うような悲惨な事態まで、それこそ毎日のように聞く。

 

幸いなコトに、俺自身はこれまで1度も熱中症になったコトはない。たぶん、なりかけたコトはあるんだけどね。あと少し、水分を摂るのが遅かったり、身体を冷やすのが遅かったりしたら、熱中症になっていたかもしれないな、と思うコトはある。

 

誤解している人もワリと多いみたいなんだけど、【熱中症】は屋外よりも、屋内でなる人が多いらしい。それもお年寄りが。

お年寄りは、若い人と比べて暑さ寒さに鈍感になる。なので、身体は限界なのに、自意識としては「暑い」と感じていないため、限界を越えて倒れてしまうケースが多いらしい。

もちろん、単純に危険度だけで言えば、明らかに屋外の方が高いんだけど、屋外の場合は自分で「危ない」と判っているから、意識して日陰で涼んだり水分を摂ったりして予防している場合が多いと思う。これが屋内だと、「家の中だし」「日陰だし」「直射日光じゃないし」などと油断してしまい、身体が限界を越えているのに気付かずに熱中症になってしまうそうだ。屋外は当然なんだけど、屋内でも涼しくして水分補給を心掛けないと危ない。

また、水分補給は一気に大量にガブ飲みするのではなく、一口ずつを何分かごとに飲むのが良いとされている。

「なんか喉が渇いたな」と思った時点で、軽度の脱水なんだとか。理想は、喉の乾きを感じる前に、チビリチビリと飲む。

あと、冷たい飲み物もあんまり身体に良くない。んだけど、暑い時には冷た~い飲み物が美味いんだよなぁ~…。

マンガ「美味しんぼ」の中で、暑い中を歩いて歩いてした後で熱々のほうじ茶を飲むシーンがあったんだけど、そこまで熱くなくても、せめて常温で飲めば身体に優しいかもしれない。

 

また、屋内での熱中症の原因のひとつとしてよく聞くのが、「エアコンにかかる電気代が勿体ない」と、扇風機のみで耐えようとするとか。

昔ながらの日本家屋ってのは、まぁ地方にも寄るんだろうけど、主に夏を涼しく過ごせる設計になっている。例えば夏になれば襖を取っ払って家屋全体に風が吹き抜けるような。

『日本家屋』で画像検索してみれば出ると思う。あと、たぶん今年も8月くらいに金曜ロードショーでアニメ『サマーウォーズ』をやると思うけど、その劇中のお婆ちゃんの家、みたいな感じ。

こういう家と、周囲にも草木がたくさんあれば、エアコンなんか無くても充分に涼しいだろう。

しかし今の住宅はどうだ。

高気密高断熱で、比較的熱が籠りやすいようになっている。冬場はそれでいいだろうけど、夏場は扇風機だけで過ごすのは無理ゲーだと思う。

また、建物自体が昼間に熱を溜め込んで、夜に熱を放出する【輻射熱】と言うのもある。

【輻射熱】については、面倒臭いので説明は省くので、気になる方は検索してくださいな!

就寝する30分くらい前から、エアコンを24℃~26℃くらいで強運転して、寝室の壁や床や天井を冷やしておくと、ある程度はこの【輻射熱】を抑えるコトができるハズ。ただ、寝る前には設定温度を上げるか止めるかオフタイマーをしておかないと、今度は寒くて風邪をひくかもね。

 

なにかあってからでは遅い。電気代が多少かかっても、倒れる前に素直にエアコンを使うべきだと思う。

 

 

【屋内での熱中症対策に、エアコンはほぼ必須。電気代はかかるけど、お金よりも大切なモノを守ろう】

 

 

 

娘の体調不良

娘は結局、登校の途中でどうしても気分が悪くなり、引き返してきたそうだ。そして、お隣のお婆ちゃんに病院に連れていってもらい、点滴をしてきた、とのコト。

昨日は朝も夜も、体調不良を訴える度に病院に行くか聞いても断固拒否していたのに、今日は素直に行ったのか…。まぁそれだけ辛かったのかもしれない。

 

俺が帰宅した時は、点滴が効いたのかずいぶん元気そうだった。いや、元気だった。むしろ元気すぎて「運動したい!」とか言い出す始末。

いやいや待て待て。

その元気はたぶん、点滴が効いて辛いのが一時的に抑えられているだけだと思うぞ。

楽になっている今のうちにゆっくり休んで回復させておくべきだと思うぞ。

…と言うようなコトを言ってみたが、そこは小学生だけに、冷静な判断が出来ないようで、良くも悪くも自分の欲求に素直で手足をバタバタさせたりしていた。

 

そうこうする内にお隣のお婆ちゃんが来て、病院での話をしてくれた。

どうやら夏バテとか風邪とか睡眠不足とか疲れとかストレスとか、いろいろ絡み合っての体調不良らしい。

 

やがて嫁が帰宅すると、娘は今朝のコトを怒っていたようで嫁に対して「ママ嫌い!話しかけないで!」とキレていた。

まぁ気持ちは判らなくもないけど、娘よ。

休むべき時に休まず遊んでいた娘自身にも非はあるぞ?

でもこーゆー時、これまで何度も嫁から注意されたんだ。「両親から同時に責められたら、子供は気持ちの逃げ場が無いから、絶対に私(嫁)側に付くな。無視するか、参加するなら娘の味方に付け」とゆーよーなコトを…。

まぁ娘の気持ちも嫁の気持ちも判るので、不参加6、娘の味方3、嫁の味方1、くらいのスタンスでいた。

 

最初、娘は籠城戦の構え、嫁の言い分をまったく聞かず。これは長期戦になるなーと思っていたら、嫁が帰宅途中に買ってきたハンバーグを取り出して「みんなで晩御飯にしよう!」と明るく言うと、娘はあっさり無血開城…。

ちょ、おま…。

ちょろい!

ちょろすぎる!

それでいいのか、娘!

 

まぁ娘は完全に嫁を許したワケではないみたいだけど、一応の和解をした模様。

 

明日は朝の様子を見て、もう一日休ませるかを判断。まぁその時刻には俺はすでに出勤しているので、嫁任せになるんだけど。

夏休み前の今の時期、普通の授業だけじゃなく、いろんなイベントがあるみたいなんだけどな。まぁそのイベントのせいで疲れているってもあるんだろうけど、今年の夏は今年しか無いんだし、出来ればイベントには参加させたいと思うんだけど。

小学◯年生の夏の思い出はダウンしていました、なんて悲しい…。

でもまぁ、やっぱり体調次第だよな…。

 

 

 

 

 

 

 

娘が「ズル休み」を覚えたかもしれない

娘が通う小学校は、もうじき夏休みになる。

でもここ最近、メチャクチャ暑い。 大人でさえも連日のように「熱中症で運ばれた」、なんてニュースも聞くんだから、子供だって体調がおかしくなるのも仕方ない。

それに加えて、我が家では「ある事情」により、ちょくちょくストレスがかかる生活を強いられている。当然、そのストレスは娘にもかかる。いや、嫁や俺が仕事で留守にしている間、1人で家にいる娘は、考えようによっては嫁や俺以上にそのストレスにさらされているかもしれない。

ストレスの原因はワリとハッキリ判っているだけど、ちょっと説明しにくいのと、解決が難しいので、とりあえずここでは「各家庭、いろいろあるんだろうな」と思っておいていただきたい。

また、共働きであるがゆえに、娘に対して充分な愛情を注いでやれていない点もある。

 

で、昨日の火曜日は、朝から体調不良を訴える娘に、学校を休ませるコトにした。体調不良の原因は、上記のようにいろいろ心当たりがあるのもあって、嫁も俺も、娘に対して申し訳なく思っていた。

 

夕方、俺が帰宅した時点では、そこそこ回復したようで、まぁ元気そうだった。

…んだけど、夕食時にはあまり食欲も無い様子で、寝る時になって「気分が悪い」「吐き気がする」など言いながらも就寝した。 

 

そして今朝、俺が出勤した後、嫁が娘の朝食や登校準備をしていたところ、また娘が体調不良を訴え、学校を休ませるコトにしたらしい。

が、嫁が出勤前に娘が休んでいる寝室を覗いたら、娘がスマホで遊んでいた、とのコト。

嫁は半ばキレながらスマホを取り上げ、遅刻でも学校に行かせた、と電話してきた。

嫁の見解としては、娘がスマホで遊びたいがために仮病でズル休みをした、と思ってようだ。

 

嫁はその後すぐに出勤したらしい。

 

 

 

子供はたびたび、学校に行くのがイヤで、そのストレスから朝になると頭痛や腹痛などの体調不良を起こすコトがあるらしい。で、親が「じゃぁ今日は休みなさい」と言った途端に頭痛やら腹痛やらは吹き飛んで元気になる、らしい。でもこの頭痛や腹痛は仮病ではなく、その時は本当に痛むそうだ。

 

娘もコレなのかな。

でも前の晩にも体調不良を訴えていたよな。

「朝だけ痛むのは不自然」と考えてのアリバイ工作か?

 

本当に体調が悪いのか、単なるズル休みなのか、今の時点では判断がつかないんだけど、ズル休みだとしたら、「これもひとつの成長だ」と喜ぶべきなのか、「信頼を裏切られた」と悲しむべきなのか…。

 

俺の子供時代は、ウソつきまくりだったもんな。子供ってウソをつくモンなんだよな。それを踏まえた上で、とこまで子供を信頼・信用するのか、難しいな…。

 

 

エアコンについて 9

人間と言うモノは、単純に気温だけで「暑さ、寒さ」を感じるモノではない。

気温、湿度、風など、いろんな要因から感じる『体感温度』と言うモノがある。

 

サウナとか好きな人も多いと思う。あんな蒸し暑い中でも、ちょっと手やタオルなんかで扇いで風を起こすだけで、少し涼しく感じたりする。これは『体感温度』が下がった、と言うコト。

 

で。

実は男女でもこの『体感温度』が違う、と言うのはよく知られている。某メーカーのエアコンのCMでも、出演している男女が

男「暑い!」

女「寒い!」

と、リモコンを奪い合うシーンがある。

程度の差はあっても、たぶんどこの家庭でも似た戦いはあると思うんだけど。

 

当然、個人差があるので、すべての人がそうではないにしても、同じ温度であっても概ね男性が暑く感じて女性が寒く感じる傾向にある。

 

そこで俺は提案をしたい!

 

エアコンの設定温度は、基本的に女性に合わせる。男性はその上で、扇風機などで風を自分に当てる。上記のように、風が当たるだけで体感温度は下がる。

こうすれば八方丸く収まるんじゃね?

あとさ。

女性も、「寒い」と文句を言うだけじゃなくて、カーディガン一枚羽織るとか、膝掛けを掛けるとかすればいいのに…。都会のオフィスとかだと当たり前らしいけどさ。自宅でも同じだと思うんだけどな。

 

それともひとつ!

エアコンの設定温度を女性に合わせている以上、男性がそれでも暑くて汗をかいたとしても!

絶っっっ対に男性に対して「汗臭ぁ~い」とか言ってはいけない!!!

 

 

 

あと、扇風機、あるいはサーキュレーターを使うメリットはもうひとつある。

それは、部屋の空気を循環させる、と言うコト。

以前にも書いたけど、エアコンは室内の空気を循環して、室温を上げたり下げたりしている。しかし、エアコンだけではどうしてもその循環にも限界がある。そこで扇風機・サーキュレーターを使ってその循環を手助けしてやると、すばやく室温を設定温度まで持っていける。特に冬場なんかは、天井付近に溜まる暖かい空気を床付近まで流してやるのは、節電の意味でも非常に大きい。

あ、家庭の電化製品の中でも、比較的電気代がかかるのは、やはり何かの温度を上げたり下げたりする機器なんだよね。例えばエアコン、冷蔵庫、湯沸かしポット、電子レンジ、オーブン、給湯器、電気ストーブ、ホットカーペット、こたつ、など。

なので、エアコンフルパワーにかかる電気代と比べたら、扇風機・サーキュレーターにかかる電気代なんて微々たるモンでしょ。

 

 

 

あと、これは売り場の先輩から聞いて「なるほど!」と思ったコト。

 

扇風機の羽は、例えてみれば蝶の羽。柔らかく優しい風なので、身体に当てるのに適している。風の飛距離は数メートル程度。

サーキュレーターの羽はカモメの羽。力強く風を送る。風の飛距離は10メートルくらいからそれ以上、15メートルや20メートルにもなる機種もある。

 

てゆーの。

ま、【空気を循環させる】のに適しているのはサーキュレーターなんだけど、無ければわざわざ買わなくても扇風機でもコトは足りる。

 

◆扇風機やサーキュレーターを上手に使って家族円満、電気代も節約◆