ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

ヨメの勤める保育園で学芸会

が、昨日、土曜日にあったらしい。

で、それで思い出したらしく、前日の金曜日の夜、ヨメが自身が小学生くらいの時の合唱大会(?)の思い出話をしてくれた。

 

なんでも、ヨメ自身はその時に自分が歌った曲目なんかキレイサッパリ忘れている。何度も何度も繰り返し練習したハズなのに、まったく印象に残っていない、とのコト。

ところが、他のクラス(他の学校?)が歌った曲目がすごく印象に残っている、と。

 

そして、YouTubeで検索して聴かせてくれた曲が

 


【AIR】 鳥の詩 【高音質】 - YouTube

 

ちょ。

なんでヨメがその曲を知っている…?

俺はイントロ1秒で判ったけど。

しかし数秒後、

ヨメ「あれ、違うな…」

って、違うんかぁーぃっ!

 

 

改めて検索してかけたのが

 


鳥の詩 杉田かおる - YouTube

 

こっちかぁー。

って、いやいや…。

いくらなんでも小学生でこの曲は無いやろ。

小学生には理解できんのじゃね?

ヨメ、また間違えたな。

「節子、それ、ドロップやない。おはじきや」

 

と思っていると

ヨメ「これこれ。この曲。小学生でこれを歌わせるって、この先生スゴくない?」

と。

曲目よりも、これを選曲したセンスがスゴい、とのコトで、ヨメは良い意味で、すごく印象に残ったらしい。

 

まぁ冷静に考えてみれば、たぶん、ヨメが小学生のころにはまだ、Liaの【鳥の詩】の方は出ていなかったと思う。

 

それにしても。

小学生に魔王・杉田かおる(笑)さんの【鳥の詩】を歌わせるとは、なかなか勇者だなぁ、その先生。俺はヨメとは別の意味でスゴいと思ったわ。

 

ヨメに言わせると、子供たちが自分が歌う曲の内容とか意味とかを、その時には理解できなくても、成長してある時ふと思い出した時に、その曲の内容とかメッセージに気付くコトがある。わたし(ヨメ)は子供たちの卒園式などの節目節目には、そういう曲を歌わせている。

とのコト(概要)

 

ちなみに、数年前、ヨメが卒園児を受け持ち、卒園式の責任者として教え子たちに歌わせたのが

 


さよなら僕たちの保育園 - YouTube

 

だそうで。

その卒園式のムービーを見せてもらったが、歌っている園児も、見ている父兄も、号泣していたっけ。

まぁ、確かに良い歌ではあるわな。

ヨメはその時はもちろん、後々思い出した時にも、その歌の意味や想いを感じ取ってほしいようだ。

 

ヨメ、案外、深いなぁ。

 

 

 

平成最後の夏休み旅行記 その19

早速スマホを取り出し、普段からも雨雲予報に利用しているYahoo!の『Y!天気』と言うアプリを開いた。

まぁ、あくまでも『予報・予測』であって、『予知・予言』ではないので、完璧に当たるワケではないんだけど、経験上、大きくハズれたコトはない。

で、このアプリによると、およそ10分ほどで雨雲が抜けるらしい。多少の誤差を考慮しても、20分も待てば雨も上がると思われた。

 

仮に、この豪雨の中を、パンツまでグショグショに濡らして、単身で車を取りに、大人の男性の脚で走ったとしても、車まで恐らく10分前後。そして最悪のパターンとしては、全身グッショリとズブ濡れになりながら、車に乗り込む頃には雨が上がる可能性も大いにある。

であれば、このまま雨が上がるまで雨宿りをして、ムスメやヨメと一緒に車まで行くのがベストアンサー、ファイナルアンサー。

 

店の入口付近に立つ俺から少し離れて店内を物色して回っているヨメに、「あと10分ほどで雨が上がるらしい」と伝えてしばし待った。

かくして本当に10分ほど経ったころ、豪雨が小降りになり、雲の隙間からは青空がチラホラ見えてきた。

 

上記アプリで雨雲を確認しても、今後しばらくは雨は無さそうではあったけれど、ムスメとヨメを連れて急いで車に戻り、着付け体験のお店に向かって発進した。

 

つづく

 

映画【ビブリア古書堂の事件手帖】

それは9月だった。

眩しい季節だった。

ムスメが、テレビで予告とか紹介とかでも見たのだろうか。突然「【ビブリア古書堂の事件手帖】の映画が観たい!」と言い出した。

ヨメも俺も、まったく聞いたコトのないタイトルだったのと、ホントに脈絡なくいきなり言い出したのとで「…え?」と、一瞬呆けてしまった。

俺「え。なんだって? び…びぶ…り…???」

ムスメ「ビブリア古書堂の事件手帖!」

俺「………???(『腸炎ビブリオ』なら聞いたコトある…)」

 

とりあえずヨメが調べてみると、11月に上映予定だと判った。

その場では、『11月に観に行こう』と約束して終わった。

 

ちなみに公式サイトはコレ↓な。

https://biblia-movie.jp/sp/

 

 

 

で、先日の家族での食事中、ふと思い出して聞いてみた。

俺「そー言えばムスメよ」

ムスメ「なんだ、父よ」

俺「…こないだ言っていた映画の…、び…びぶ…、びぶ………、【微分積分のなんちゃら事件簿…?】とか言うヤツ、観に行く?」

ムスメ「………(少し考えて)【ビブリア古書堂の事件手帖】でしょ! そりゃまぁ、行くなら行ってもいいけど!」

と言いながら、フイッとそっぽを向いたムスメの口元が嬉しそうにニンマリとしたのを俺は見逃さなかった。

なんだこのツンデレは!

なんだこの可愛い生物は!

 

かくして、週末は家族で映画鑑賞に行くコトになった。

しかし、俺は、恐らくヨメも、この【ビブリア古書堂の事件手帖】に対しての予備知識がまったくゼロであった。

まぁ【事件手帖】と言うくらいだからなにかしらの事件が起こるミステリー系なのかな。

 

とりあえず。

現在上映中の映画なので、具体的な内容には触れないでおく。

ただ、『あの人』が登場した瞬間、俺は「…怪しい」と思ったわ(笑)

そしたらやっぱり真犯人だったし。それにしても『あの人』は、あーゆー「怪しい演技」が抜群に上手いよな。

あとで聞くと、ヨメも「怪しい」と思ったらしい(笑)

 

まぁ予備知識がまったく無い状態で観ても、それなりに楽しめたかな。ただ、さすがに小学生に観せるのに躊躇うような、エッチなシーンがあったのには驚いたな(笑)

 

 

 

ムスメは、どうやらこの【ビブリア古書堂の事件手帖】の原作を、たまたま読んでいたらしい。しかも全シリーズ制覇だそうだ。

わざわざ映画を観たいと言い出すくらいなんだから、原作も面白かったんだろうし、映画にも満足している様子。

でも、この映画の影響を受けて「将来は古本屋さんになる!」なんて言い出さないか、少し心配だったりする。

 

 

平成最後の夏休み旅行記 その18

その広告と言うのが、『某伝統的な民族衣装の着付け体験(メイク込み)』である。

 

ヨメが、ムスメにこういうのは興味あるか、と質問してみると、興味はあるけど(金額が)高いでしょ…、と。

まぁ確かに高くはあるけど、このくらいなら払えなくもない。しばらく、1ヶ月か2ヶ月、あるいは半年ほど、モヤシ料理を続ければいいだけだ( ー`дー´)キリッ

それよりも、俺はその着付け体験と、事前に調べた行きたい候補のどちらを優先したいか、を確認したいんだが。

 

ムスメは少し悩んで、着付け体験を選択した。

しかし、広告のお店をスマホで調べると、現在位置から結構遠い。

それならば…、と、新たにこの近くで着付け体験をさせてくれるお店を検索した。主にヨメが。

なにを基準に選んだのかは不明ながらも、ヨメが1軒のお店を見つけて電話で確認し、予約も取れた。

着付けやらメイクやらでそれなりに時間がかかるから出来るだけ早めに来店してほしい、と言われたらしい。

そうと決まれば早速。

俺は嫁からその店の場所を教えてもらい、スマホのナビをセットし、よっしゃ、行くか!とスタバを出た。

 

ところが。

ホンの1時間ほど前まで快晴だった空がいつの間にやら曇天となり、まるで俺たちがスタバを出るのを待っていたかのように、雨がポツリポツリと降り出した。

これはマズい、と急いで車まで戻ろうとしたが、そー言えば車からかなり歩いてここまで来てるんだったっけ…。恐らく、距離にして1kmほど。もしかするともっとあるかも。

とりあえず車を目指して急ぎ足で歩いていると、ポツリポツリと降っていた雨があっと言う間に豪雨・雷雨となった。

慌てて手近な店に駆け込んで雨宿りをする。

まさか、朝からあんなに晴天だったのに、こんなに急に豪雨になるなんて想像もしておらず、傘等の雨具の用意もしていなかった。これが噂のゲリラ豪雨かよ…。

 

他の観光客らも雨宿りでごった返す店内。

どこのお店も似たような状態だ。そー言えば、貸衣装なんかはこんな不慮の出来事で汚れた場合、どーなるんだろ。別途クリーニング料を払うんだろうか。それとも汚損や破損等の保険なんかも込みの貸衣装料金なんだろうか。なんて関係無いコトを思ってみた。

 

それにしても困ったな。

着付け体験のお店には早く行かないといけない。でも今は雨宿りしているこのお店からは動けないほどの豪雨。10メートル20メートルも歩くうちにパンツまでビショビショグショグショに濡れてしまいそうな豪雨だ。それもいつごろ止むのかも判らない。このまま30分も1時間も、あるいはそれ以上の時間を足止めを喰らうかもしれない。

こりゃまいったな。着付け体験はキャンセルするか…?

でもムスメはかなり期待している様子だし…。

 

ふと見ると、お店の出入り口から幅1メートルほどの歩道を挟んで車道になっている。

それならば…。

例えば俺が1人で車を取りに戻り、パンツまでビショビショグショグショに濡れたとしても、この店の前に車を付けてムスメとヨメを乗り込ませれば、ムスメもヨメも最小限の被害で済む。

そして俺は文字通り『水も滴る良い男』だな、なんて…。

でも、その後は俺は、ビショビショグショグショでは着付け体験のお店には入れないだろうから、ムスメの着付けを見るコトはできないだろうな…。それはあまりにも残念すぎる…。

 

と、そこで閃いた!

スマホで雨雲の予報を確認すればえぇやん!

 

つづく

 

 

平成最後の夏休み旅行記 その17

そーやって、町並みを眺めていると、気付いたんだけど。

こんな雰囲気の町並みに、ごく自然に溶け込むように、なんとスターバックスがあった!(笑)

今、思うと、このスターバックスの外観の写真を撮りそこねたのは残念だったな…。

一見すると、ソレがスターバックスだとは判らない。たまたま通りがった見知らぬカップルが「ちよっとスターバックスで休んでいこう」なんて話しているのが聞こえて、俺はキョロキョロとスターバックスの看板を探しながら「こんなところにスターバックスなんかあるワケがn………あるやん!」と言う感じで初めて見つけたワケなんだけど。

いやもうホント、その建物があまりにこの通りの雰囲気に馴染んでいて、まっっったく気付かなかったゼ…。

やがて、何度目かにムスメとヨメがお土産を持ってきた時に、俺もちょっと気取って「疲れたし、スタバで休んでいこう(キリッ)」と提案した。

 

店内に入ると、思いの外混雑していた。注文の列がクネクネと、恐らく10数メートルから20メートルほど。まぁレジのお姉さんが手際よく捌いていくので、たぶんそんなに待たなくても良さそうではあるんだけど。この行列、外からは判らなかったよ…。

ヨメの提案で、ムスメと俺の注文をヨメに託し、ムスメと俺は先に座席の確保に向かった。

が、こっちも大混雑…。

まぁ炎天下だし、涼を求めて来店するのも当然か。俺たちもそのクチだし。

それでもどうにか席を確保し、しばらく待つと、ヨメがドリンクを抱えてムスメと俺を探しているのを発見、確保。

各自冷たいドリンクで一息つく。

 

で、この後の予定を話し合う。

時刻は確か、15時くらいだったかと記憶している。

今からムスメが見に行きたい候補に挙げていた【Y院】や【S堂】や【S神社】などに移動したとしても、たぶん、ゆっくりは見られない。17時か18時くらいには閉館・閉園等するんじゃないだろうか。それに今夜の宿はまた少し遠く、到着までしばらく走る。

この後の観光には、あんまり時間をかけられない。

旅行雑誌を見ながら悩むムスメの隣で、ヨメが、ふとある広告に注目した。

 

つづく

 

映画【タイタニック】

ヨメが昔、大好きだったと言う映画【タイタニック】のDVDをレンタルした。なんでも劇場公開時には何度も劇場に足を運び、更にDVDを購入して家でも何度も何度も繰り返し観ていたらしい。

そして、お風呂で湯船に浸かった状態で「ジャック! ジャーック!」と、1人で溺れるふりでタイタニックごっこをしていたそうな…。

ヨメの黒歴史発見…。

 

そしてずいぶん久しぶりに【タイタニック】を見始めると、ヨメが寝る魔を惜しんで観るようになった。あんまりにも夢中になりすぎて、背後に立った俺に気付かず、俺が声をかけると驚いて振り向いた拍子に俺に肘鉄を入れるほど、夢中なんだけど…。

 

いや、ま、いいけどさ。

また明日に続きを観ればえぇやん。DVDは逃げへんやん。寝ろよ…。何回観るねん…。

 

 

 

 

ところで、俺も【タイタニック】をヨメの隣でなんとなく観ていて思ったんだけど。

あのヒロイン、『ローズ』って言ったか。いろいろメンドクセェ女だな、オイ…。

あと、あくもでもローズの回想、つまりローズの目線でストーリーが進行しているハズなのに、ローズが知らないハズのコトまで描かれているのはなぜだ?

あんまり真剣に観ていないから、俺が見落としているだけか?

 

あと、映画【タイタニック】の最大のナゾとして。

もしもジャックがあんなイケメンではなくてブサメンだったとすると…。

ローズはジャックに惚れただろうか…?

いや、きっと惚れなかっただろう。

 

なんだよ!

結局、イケメンがすべてかよ!

イケメンなんて滅んでしまえ!

我らブサメンに栄光あれ!

 

 

 

 

 

あと、『女性はタイタニックが好き。男性はアルマゲドンが好き』なんてコトは昔からよく言われている。

女性は【タイタニック】のラストシーンで、観客が自分を投影したヒロインをイケメンが助けて命を落とすシーンにシビれるらしい。

男性は【アルマゲドン】のラストシーンで、自分の大切な人(劇中では娘)を守るために死ぬシーンにシビれるそうな。

まぁ俺は、【タイタニック】も【アルマゲドン】も、キチンと全部を観ていないから詳しいコトはわかんないんだけど…(笑)

 


Titanic(タイタニック)Celine Dion(セリーヌディオン) HD 高音質 - YouTube

 


I Don't Want To Miss A Thing Aerosmith アルマゲドン 【日本語字幕】.flv - YouTube

 

 

 

 

平成最後の夏休み旅行記 その16

【K寺】を一通り見学し終えた頃、腹の虫が騒ぎ出した。ふと時計を見ると、なるほど、お昼時だ。

【K寺】の敷地内?お隣?

まぁよく判らんが、とりあえず売店やら食堂やらあるところに行き、昼食をとった。

 

 

f:id:ponkotu-papa:20181103230017j:plain

 

 

 

 

 

その後は、【N】の別邸?だかなんだか良く判らない家屋を見学。ムスメ1人だけが理解しているようで、ヨメも俺も「誰んチだよ???」と頭の上に「?」マークがたくさん回っていた。とは言え、歴史的・文化的に価値がある家屋のようで、掛け軸や屏風、お庭を含めてそれなりに楽しめた、と思う、多分…。

さらにその後は売店等を周り、お土産的なモノを物色。

 

さらにさらにその後は【K寺】周辺を散策。

昔ながらの建物が並ぶ、風情ある通りがあった。


f:id:ponkotu-papa:20181031073903j:image




この通りの建物も前日の【H城下町】同様、当時の建物をそのまま残してあるのか、あるいは近年になって当時の建物を模して新しく建てたのかは判らないんだけど。

加えて、たぶん、どこかの店舗で衣装の貸出もしているんだろうな。

着物やら浴衣やら袴やらの人がたくさん歩いていて、周囲の建物と合わせて、とにかく雰囲気のある通りである。

f:id:ponkotu-papa:20181103230542j:plain

 

 

日本の中でもトップクラスの観光地である、都道府県【K】であり、さらにこの【K寺】にも外国人がたくさん観光に来ており、当然、この通りにも外国人もたくさんいた。

その外国人たちも、着物やら浴衣やら袴やらを着て楽しそうに歩いているのを見て、ナゴナゴしたわー(笑)

 

あと、なぜかこの通りにジブリの店(公式???)があったのはご愛嬌(笑)


f:id:ponkotu-papa:20181031074440j:image

ま、入っていないから、公式なのか、それとも単にディスプレイとして置いてあるだけなのかも知れないんだけど。

 

ムスメとヨメは、そんな町並みを楽しむよりも、お土産選びに各店舗を順番に回るのに夢中。

俺はと言うと、ムスメやヨメが時々持ってくるお土産袋を受け取り荷物番をしつつ、町並みや道行く着物や袴のキレイなお姉さんたち…、いや、もとい、着物や袴の人たちを眺めていた。

 

つづく