ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

2月14日の出来事 その1

なんだろなー…。

なぜか、2月14日って、なんだか日本中が甘~い匂いがするような気がする…。

なぜなんだろ?

普通に、寒い冬の1日でしかないのになー?

なんか、やたらとイチャコライチャコラしているイラつくカップル(憎)が目立った気がしたなー。

 

ま、理由は判らないんだけど、なぜか2月14日は甘~い日らしい。

 

で、時を遡りこの数日前、家族であるスーパーに買い物に行った際、これまたなぜか、大量の、様々なチョコレートを並べてある特設ブースがあり、ムスメとヨメが足を止め、特設ブースへと消えた。

不思議なコトに、このチョコレート特設ブースには、なぜか女性客しかいない。女性客ばかり。女性客がひしめいている。

まぁ、女の人は甘いモノが好きって言うもんな。

みんな、きっと自分で食べるためにチョコレートを買うんだろーな。うん。きっとそうなんだ…。

 

そんなこんなでしばらく待つと、ムスメがなにかを買ったらしく、包みを抱えてヨメと一緒に戻ってきた。

ムスメ「パパ、あのね、パンダのチョコが欲しい」

俺「あれ?   今、買ってきたんじゃないの?」

ヨメ「バカ。これは作ってあげる用よ」

俺「………………………………え?」

と言うような会話があった。

 

 

 

……で、時間は2月14日に進む。

この日の仕事終わり、ふと思い立ち、帰り道を迂回して先日のスーパーに寄った。

件のチョコレート特設ブースに行くと、な、な、な、な、なんとっ?!

あれだけ大量にあったチョコレートの半分以上が無くなっていたのだ!

女の人、どんだけチョコ喰うねん…。

 

とりあえず、ムスメが言っていたような、パンダのチョコレートを探す。しかしここで俺は重大なミスに気がついた。

ムスメから「パンダのチョコ」と口頭で聞いただけで、直接目で見て確認したワケでないのだ。

目の前には、「パンダのチョコ」が数種類あるんだが…。ムスメが言っていたのがどれなのかが判らない…。

しかしよくよく見てみると、どうやら中身は同じで、お値段により、その数や種類が違うだけのようである。

もしかすると、ムスメが言っていた「パンダ」はすでに売り切れており、この「パンダ」ではないのかも知れない。でも、今あるのは目の前の「パンダ」しかない。

仕方ないので、この「パンダチョコ」の中でも一番大きなヤツを手に取る。

ついでにヨメの分も、ちょっとお洒落っぽく大人っぽいチョコを選び、レジを済ます。

 

で、ハタと気付く。

ラッピングしてくれないの???

 

仕方ないので、同じ店舗内にあるダイソーに行くと、なぜかダイソーでお洒落で可愛いラッピンググッズがドドドーンと並べてあった。

いったいなんなんだ?

この時期、いったいなにがあるんだ???

 

ラッピンググッズの前にたむろしている女子高生やら女子中学生やらに不振な目で見られつつ、なんだか新たな快感に目覚めそうになりながらも、とりあえず可愛い感じの紙袋とリボン2つずつゲット。

 

そして帰宅。

 

つづく

 

 

今日も無事、何事も無く

平和に終わったゾ。

 

なんかあちこちでイラッとくるような精神衛生上良くないモノが見えた気がしたけど、なんかあいこちで甘い香りがしたような気がしたけど、とにかく何事も無く終わって良かった。

 

うん。

今日は、特になにも無い、ごくごく普通の1日だったな!

 

なんでもない日、バンザイ!

(ノ゚∀゚)ノ

 

さて。

明日はなぜか解らないけど、あちこちのスーパーでチョコレートが安くなるかも知れない。

この機会に買いだめをしておくのもアリだよな…。

(^ω^)

 

自衛隊を応援するぞ!

俺は【右】とか【左】とか、正直よくわからない。

でも、自衛隊を肯定するか否定するかと問われれば、【肯定】する。むしろ応援する。

 

福井県の自動車立ち往生、自衛隊のおかげでようやく解消されたそうな。テレビで見ていても身震いするような、見るからに寒そうな中で、自衛隊が【日本国民を助けるため】に懸命に働いてくれていたワケで。

救われた人たちは、どんなに感謝しても足りないくらいに感謝していると思う。

まぁ俺自身、これまでの人生で自衛隊のお世話になったコトは、未だ一度も無いんだけど。

 

先日、佐賀県で住宅街に自衛隊のヘリコプターが墜落し、炎上する不幸な事故が起きた。自衛隊員に犠牲者も出た。あれだけの大事故で、民間人に犠牲者が出なかったのは奇跡だと思う。

事故自体は確かに不幸な出来事ではあるし、実際にこんな事故で家を失った被害者サイドはやりきれないと思うし、ここはキッチリ賠償請求をしても良い場面だ。

でも、こーゆーコトがあると、チャンスとばかりに必要以上に自衛隊を叩くマスコミ…、いや、マスゴミってなんなの???

 

世の中には、自衛隊を否定・非難する人たちがいる。

もちろん(周囲に迷惑にならない程度で)思想や言論の自由は保証されるべきだし、そーゆー人たちを俺は特に否定はしない。基本的に「ま、そーゆー考え方もあるよね」ってスタンスである。

 

…でもさ。

自衛隊で今回の事故のような不祥事と言うか、自衛隊にとって都合が悪いコトが起こればたちまち自衛隊を否定したり非難したりする人たちに聞きたい。

相撲業界(角界っての?)で不祥事が続いているけど、相撲業界を否定・非難しないのはなんで?

毎日のように交通死亡事故のニュースがあるのに、自動車業界や自動車メーカーを否定・非難しないのはなんで?

芸能人の不倫やら浮気やら、薬物所持やら使用やら、暴行やら窃盗やらの不祥事のニュースもたまに見るけど、芸能界を否定・非難しないのはなんで?

自衛隊はちょっとでも不祥事があれば、それこそ親の敵とばかりにすンごい勢いで否定・非難するのに、それ以外の業界の不祥事は華麗にスルーするのは、なんでなんでなんで???

「どんなコトでも、不正や不祥事は許せない!」てのなら納得なんだけど、「こっちの不祥事は許せないけど、こっちの不祥事は我関せず」て姿勢は意味がわからん。

俺からすれば、そーゆー人たちってなんて言うのかな…。

こう…、一本、筋が通っていない感じがする。手のひら返しが激しい気がする。

自分の勝手な都合でコロッコロと意見を変える人って、信用できなくない?

 

 

 

先の東北地震の際、自衛隊の車両が列を成して被災地に向かう途中で、『自衛隊反対』を謳う人が通せんぼをして、到着がいくらか遅れたって話も聞く。この遅れたせいで、もしかしたら助かったハズの命が助からなかったかもしれない。

阪神淡路地震の際には、家族が瓦礫に埋まってどうにも出来ない時、消防車や救急車が目の前を素通りしていく絶望感の中、自衛隊が歩いて助けに来てくれた、なんて話もある。

 

 

 

自衛隊だって神様じゃないんだから、ただの俺らと同じ【人間】の集団なんだから、たまにはミスやら不祥事やらもあるだろう。自衛隊肯定派の俺でも「そこはちょっとおかしくね?」って思うところもある。

でも、これまで自衛隊が【日本】あるいは【日本国民】のために、自分や自分の家族を後回しにしてまで、あらゆる極限の場面・最前線で働いてくれた【功績】と言うか【貢献】と言うか、そう言った実績を無視して、とにかく自衛隊を叩きたいだけの人たちは理解できん。

 

組織としての自衛隊は間違いなく、日本には無くてはならない存在だと思う。

 

ま、上にも書いたように、基本的に俺は「考え方は人それぞれ」なんで、理解は出来なくても否定はしない。だから俺の考え方も、理解してくれなくて良いから、否定はしないでもらいたい。

 

 

とりあえず自衛隊、これからも応援してるよ!

 

アルマーニの学生服、あり得ー無い

小学校の学生服…、じゃなくて標準服???が、高級ブランドになる小学校があるらしい。

しかも、最初にニュースを聞いた時には、「こりゃまた景気がいい私立学校ですなー」と思ったら、よくよく聞くとどうやら公立…?

…え?

一式揃えると、8万円とか9万円とか。

…え?

着用は義務では無いけど、現在、この学校指定の標準服の着用率は100%とか。

…え?

なんでも校長が、誰にも『ホウレンソウ』せずにすべて独断で決めたとか。

…え?

 

いろいろツッコミ所があるんだけど。

とにかく俺がまずひとつ思ったコトは、【校長、アホだろ。バカだろ…】

まぁまがりなりにも【校長】になれるくらいだから、とりあえずお勉強は出来るんだろうな。でも、ここまでリアルに【お勉強出来てもバカはバカ】を具現化する人は珍しいと思う。

 

今からじゃ違う小学校に入学先を変更、なんて出来ないだろうし。新入学生を持った親御さん、大変だなぁ…。あ、もしかして在校生も4月からアルマーニ

うわぁ…。

小学生なんて、グングン成長する子もいるし、下手すると毎年のように制服を買い換えないといけないし。

ある意味、経済的テロだよな…。

 

 

まぁ、たぶん、このアルマーニの制服(標準服?)の売上の何%かが、こっそり校長の懐に入る仕組みになっているんだろーなー、なんて根拠の無い邪推。

 

 

ヨメが寝込んだ その3

翌朝、金曜日もヨメは体調が戻らず。

いくら簡単には休めない職場とは言え、こんな体調では出勤したところで普段のパフォーマンスは保てないだろうし、もしもインフルエンザその他の感染症であれば、職場でヨメ起因のパンデミック!なんて洒落にならん…。

なので、さすがにヨメも朝から職場に休むと連絡を入れ、無事(?)に許可が出たようだ。

 

俺は出勤し、ムスメも登校し、ヨメはゆっくり休ませた。

 

お昼前、ヨメからLINEが入る。

どうやら自宅常備の鎮痛剤やらを飲んで一休みして、動けるようになったので改めて病院に行った、らしい。

診断結果は…。

インフルエンザではなく、咽頭炎のヒドいヤツだとのコトで。感染の心配は無いんだとか。そうか。それでインフルエンザの検査をしても出なかったのか。納得。

ノドの周辺にかなりの量の膿が溜まっていて、医者からも「ずいぶん痛みもあっただろう」と言われたとか。あとで聞くと、実際、この木曜日から金曜日にかけて、夜は痛みなどでほとんど寝られなかったんだと。それを1人で堪えていたそうな…。

 

ヨメ…( ノД`)…

 

 

 

ま、体調不良の原因が特定されたので、対咽頭炎用の薬を処方してもらい、その日はそのままゆっっっくり休ませた。翌日土曜日には俺目線で通常の3割ほどまで回復、その後も順調に回復していった。

 

 

咽頭炎の原因は、恐らくお風呂を出てからの湯冷めじゃないかな、とはヨメの推測。

そりゃえろースンマへンな。

俺が風呂を出るのを待って、一緒に洗濯物を浴室乾燥に干すのを待ってたんだよな。

「子供じゃないんだから暖かい格好をすればいいのに…」と出かかった言葉を飲み込み、まぁ待たせた事実は変わらないので謝っておく。

とりあえずヨメは完治したらしく、鬱陶しいくらいに元気である。 

 

 

 

 

 この時期、突然の高熱でインフルエンザを疑うコトは自然なコトだとは思う。でも、インフルエンザではない可能性だってゼロではない。実際に、俺はヨメは完全にインフルエンザだと思い込んでいたワケだし。

でもヨメが「インフルエンザにしてはなんかおかしい…?」と、セカンドオピニオン…、と言うのは大袈裟かな。とにかく改めて診察してもらったおかげで病気が特定でき、早めに治療できた。もしもあのまま、インフルエンザだと思い込んでいたら、今でもヨメは体調が悪かったかも知れない。

 

まだまだ寒い時期が続くけれど、体調管理は充分に行ってくださいな!

 

祝!(?)【家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。】映画化っ!

【家に帰えると妻が必ず死んだふりをしています】と言う歌がある。

元ネタはYahoo知恵袋に寄せられた相談らしい。で、それを元にしてボカロかなにかで歌を作った人がいて、その歌にさらにいろんな人が映像を付け、それらがYouTubeにたくさんある。

 

で、なにが言いたいかというと、今朝のニュースで言っていたんだけど、件の【家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています】が実写映画化するんだとか。公開は6月だとか。

これはぜひ見たいっ!(笑)

 


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』 特報 - YouTube

 

 

 

 

以下にもYouTubeの動画をいくつか貼っておくので、特に仕事ばかりでヨメさんをほったらかしにしている旦那さんに見てほしい、かも…?

ま、「仕事とわたしとどっちが大事なのっ?!」なんてアホな質問をする女なんて、言われた瞬間に100年の恋も冷めるけどさ…。だからと言って、ヨメさんをほったらかしにして良い理由にはならないよね。

 

 


【PV】家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。【ほぼ日P】 - YouTube

 


【halyosy】「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」を歌ってみた - YouTube

 


【初音ミク/歌詞付手書きMAD】家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています - YouTube

 

ヨメが寝込んだ その2

診察室にはヨメが1人で入り、話をしてきた。

ヨメはインフルエンザを疑っていたので、綿棒を鼻の奥に突っ込む検査を受けたらしい。

 

俺はと言うと、ヨメが診察を受けている間に、ついでに俺もインフルエンザの検査を受けて受けておこうと、再度受付に戻っていた。

と言うのも、ヨメとムスメはインフルエンザの予防接種を受けているんだけど、俺は忙しさにかまけて予防接種を受けていないのだ。

予防接種を受けていても、インフルエンザにかかるコトはあるらしいんだけど、症状が軽くなるんだとか。

と言うコトはつまり、予防接種を受けていない俺が、インフルエンザを発症すれば重くなる可能性があるワケで。思えばヨメが帰宅してから鎮痛剤を飲む時に使ったグラスで、俺も何気なくお茶を飲んでいる。さらに言えば、この日の朝食時にも、同じグラスを使っている。つまり経口感染の疑いもある。

俺の職場は人手が少ない。

1日くらいならともかく、何日も連続で休めるほど、人数に余裕は無い。

なので、万一に備えてタミフルを処方してもらおうと考えたワケである。

 

受付を済ませて診察室の前まで移動すると、ヨメが診察を終えてソファーに身を横たえていた。聞くと、インフルエンザの検査の結果待ち中なんだとか。しばらく待つと、ヨメの結果よりも先に俺が診察室に呼ばれた。

つい先ほど、ヨメを診察した先生らしく、ヨメがインフルエンザの疑いがあるコト、うっかりグラスを共有したコト、現時点では元気なんだけど、一応インフルエンザの検査をして、なんならタミフルが欲しい、と言うようなコトを説明した。

そして俺も、長~い綿棒を鼻の奥に入れる検査を受けた。苦しかったゼ…。

 

結果、ヨメも俺も、この時点ではインフルA・Bともに反応無し。

あれぇ…?

俺はともかく、ヨメは反応が出るかと思っていたんだけどなぁ…?

病院に向かう車の中で、ヨメが話した症状をまとめると、よく聞くインフルエンザの症状に似ていたんだけどなぁ…?

高熱やら頭痛やら全身の倦怠感やら関節の痛みやら、聞けば聞くほどインフルエンザの症状じゃね???

それでもヨメは、保育園勤務と言う点を考慮され、一応タミフルが処方された。俺はと言えば、さすがに反応も無く、見た目元気な人には処方出来ない、とのコトで。

 

 

会計は2人合わせてびっくりの1万円弱!

俺も無駄にインフルエンザ検査しちゃったしなー…。夜間はやっぱり高いな…。

 

 

とりあえず帰宅し、さっさと就寝した。

 

 

つづく