ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

警官を刺すも無罪?

今朝のニュースで聞いたんだけど。

なんでもスピード違反の手続きに自宅を訪れた警察官2名を、ナイフで切りつけたとか刺したとかで、殺人未遂で裁判にかけられた男に対し、裁判所は『無罪』の判決を出した、らしい。

 理由は、その男が統合失調症であり、事件当日は心神耗弱(?)で善悪の判断ができなかった、と認めたそうな…。

 

いやいやいやいや…。

包丁なら、まぁ、どこの家庭にでもあるだろうから、ついつい咄嗟に手に持ってしまった、なんて苦しい言い訳も、不可能では無いだろう。

でもナイフだせ?

ナイフなんか、普通の家庭に無いわ。そんな、普通は無いハズのナイフを持つって…。

明らかに殺傷目的だろ。

 

で、無罪になったからってまさかと思うけれどこの男、いくらなんでもこのまま無罪放免、これまで通りの生活を続ける、ってワケではないんだろ?

警官にナイフで襲い掛かるって、普通の神経じゃねぇよな。

ぜひとも檻の付いた病院に強制収容してほしい。

 

 

世の中にはいろんな病気の人がいる。

俺なんかが聞いたコトもないような難しい病気を抱えて生きている人もいるだろう。それらのほとんどの人が、真面目に真剣に自分や家族の病気と向き合い、前向きに治療しているコトだと思う。

そーゆー人たちを非難するつもりはまったくないんだけど、敢えて批判を覚悟で書かせていただきたい。

 

他人に迷惑(騒音なども含む)や害を及ぼすような可能性の病気を持つ人、あるいは病気が原因で過去に実際に他人に迷惑や害を加えた人は、例え刑事的には罪には問えなくても、無罪となっても、然るべき病院等に隔離してほしいんだが。世間とは一切接触させないでほしいんだが。せめて最低限、監視・管理下に置いてほしいんだが。

 ある日、突然隣に越してきた人が、実は過去に心神耗弱状態で警官をナイフで切りつけたコトがある、なんて、恐ろしすぎるだろ。

 

繰り返すが、俺は病気の人を非難しているワケではない。

ただ、他人に迷惑や害を及ぼしておいて、病気を理由に逃がすのはおかしい、と思っている。

 もちろん病気の人にも人権はあるし、幸せになる権利はある。が、善良な一般人にだって人権はあるし、ましてやそれを他人に踏みにじられるなんてあってはならない。

 他人の人権を、幸せな日常を踏みにじっておいて【病気】言い訳に、逃げ道に使うな、と思う。

 

そもそも「善悪の区別がつかない」なんて、狂人だろ。少なくとも分別のある「まともな人間」じゃない。

そんなヤツを「まともな人間」の中に野放しにしないでほしい。

その狂気が、明日にでも通りすがりの「まともな人間」である子供や女性に向かうかも知れない。 まぁとりあえずは男性とか自分より強そうな相手は襲わないだろうな。

そうなった時、その責任はだれが負う?

次もまた「病気が原因だから無罪」になるの?

もしも貴方や貴方の大切な家族に、その狂気の矛先が向かったとしたら…?

 

なんで『日本』は「犯罪者の人権」は守るのに、「被害者や遺族の人権」は無視して平気なの?

もしも万が一にも、病気の人が俺のムスメになにかしらの害をなせば、病気なんか言い訳にさせない。法が意味をなさないなら、俺は復讐の鬼になるかも知れない。日本の法律では復讐は禁止だそうだけど、犯罪者を犯罪者として裁けない法律なんかクソくらえ、だと思う。

 

やはり、他人に迷惑や害を加えるような病気の人と、まともな人とは隔離するのが最良の手ではないか。病気の人は治療に専念し、まともな人は平穏な日常を過ごせる。

双方がWinWinではないだろうか。

 

ムスメの風呂上がりの髪

ムスメは生理中は機嫌が悪い、と言うようなコトを先日書いた。

まぁ事実なんだけど。

PMSから生理中にかけて、やたらと俺を攻撃する。そして俺のMPが底をつく。だいたいこれがここ最近のループだ。無限ループって怖いよね…((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

しかし。

ムスメはそうやって俺を毛嫌いするクセに、風呂上がりには髪の毛のブローを俺に頼んでくる。

ノーマルモード(笑)の時はもちろん、PMS・生理中のバーサクモード(笑)でも、風呂上がりは俺に頼んでくる。

…なぜ俺に頼む?

そんなに俺に近くに居られるのもイヤで、なんだか同じ空間で同じ空気を吸うのさえもイヤがる感じなのに。

『髪は女の命』なんて言われているのに、なぜその『命』を、嫌いな俺に触らせるんだ?

しかも、入浴直前の、ほんの30分ほど前まで、さんざん攻撃していた俺に…。切り替え速すぎだろ。女心はよーわからん!!!!!

 

まぁとりあえず。

頼まれれば『仕方なく!』ムスメの髪をタオルで拭いて大まかに水分を取る。

それはともかく、ムスメよ。なぜ毎度毎度、髪から水滴が滴るくらいグッショリなんだ?

ちょっとは自分でもタオルドライしろよ…。

ある程度、水分が取れるとドライヤー登場。温風が頭皮の一点に当たり続けると熱いし、下手するとヤケドになってもマズいので、片手で強温風のドライヤーを振りながら、反対の手で髪をバサバサ捌きながら、頭皮の方に風を送る。

俺はもちろん、美容師でも理容師でもないし、そー言った知識も経験も無い。んだけど、美容院や理容院でプロがやっているのを、見よう見まねで以前になんとな~くやってみたのをムスメが気に入ったらしい。

 

俺が夕食の準備中などて忙しくしていても関係無く、風呂上がりのムスメは「パパー。髪やってー。」と言ってくる。

ムスメ、空気を読んでくれ…。

なので、俺は時々、ムスメの髪を乾かすのが面倒に思う時がある。そんな時、ヨメは「ムスメとの大切なコミュニケーションやスキンシップのチャンス!」とか言ってくる。

そんな風に言われると「忙しいから自分でやって」と言えなくて、手を洗ってブローする日々。

 

でもヨメの髪はブローしないな、なぜか…。

ヨメとはコミュニケーションやスキンシップを必要としない、てコトだろうか。

そーゆーモン?

 

 

 

 

 

2019ニューイヤートリップ その9

さて。

コストコを出てからの道中は、ちょくちょく休憩を挟んだものの、特に大したコトも無かったので割愛。なんやかんやで、太陽が西に落ちる前、まだ明るいうちに宿に到着した。

荷物を降ろしてチェックイン。部屋へと移動。

早めに夕食を摂って早めに寝よう、となった。

…んだけど、案の定、お腹があんまり空いていなかった。

そりゃそーだ。

俺はまぁ車の運転と言う労働(笑)をしていたが、ムスメとヨメは座っていただけだ。労働(笑)していた俺ですらほとんどお腹が空いていないのに、ただ座っていたムスメやヨメのお腹が空くハズが無い。

しかし、買ったお寿司は生物なので、勿体ないから食べる。

年越しそばとして1個だけ買ったカップ麺にもお湯を入れ、3人で食べる。リアル『一杯のかけそば』ならぬ『一杯のカップそば』や~!

まぁ実際、お寿司は旨かったんだけど、やはり食べきれずに、残った数個は翌朝まで部屋の冷蔵庫に保管された。これ、もしもカップ麺を1人1個で買っていたら、お寿司がもっと多く残ったコトだろう。

この時、カップ麺を1個しか買わなかったのは、決してケチったのではないのだ!

食べ物を極力ムダにしない、と言う、重要な食育のためだったのだ!!!

 

食後は順番に入浴し、就寝。

しかしムスメは、翌日への期待からか、あるいはいつも寝る時刻よりもずいぶん早いからなのか、なかなか寝られずにいたようだった。 

俺?

俺はワリとすぐ落ちたっけなー…。

 

つづく

 

ムスメの生理 その3

そして23日(土)、俺は午前中は仕事、ヨメは休み。

この日の朝、ヨメの提案で、午後からもう一度病院に行こうと言う話になった。

俺も【その2】で書いたように、子宮の中で月経血が腐敗したりはしないのか不安だったし、病院に行くのもアリだと思った。だってさ、人間の体内って表面温度よりも高いでしょ?

身体の表面温度で36℃くらいで、恐らく体内の温度は40℃近くあるんじゃないかな。

いくら子宮内が外気に触れていない、雑菌に触れていないと言っても、40℃近い温度の中にほぼ一週間、血液を放置したらと思うとゾッとする。

この辺は完全に素人考えではあるけれど、わからないからこそ不安になるのは仕方ないよね?

なんならセカンド・オピニオンとやらで違う病院に行くのもいいかも、とも思っていた。

 

かくして俺は仕事に行き、ヨメは掃除やら洗濯やらをしながら、ムスメが起きてくるのを待ったらしい。

 

そして午後。

仕事を終えた俺はソッコーで帰宅し、「ムスメの生理はどーなったぁっ?!」と叫びながら自宅に突入した。

ヨメ・ムスメ「あ、おかえりー」

俺「…あ、…え………???(ムスメ、ちょっと機嫌良さそうだな…?)」

ヨメ「ムスメ、血が出たよ」

俺「え、そうか。それは良かった。で、ちょびっと? たくさん?」

ヨメ「普通…程度…?」

ヨメはムスメに確認するようにして答えた。

俺「そーかそーか。ムスメ、良かったな!」

ムスメ「…セクハラ! きも!」

俺「……………………………………………」

と、まぁ、こんな感じで、ようやくムスメに生理が来た、らしい。

まぁ生理も無事(?)に来たワケだし、とりあえず病院は行かなくて良いかな。

とにかく一安心。

しかし。

PMS期間ほどではないにせよ、生理中のイライラに晒されるのはほぼ俺なんだよな。それも本当に理不尽で意味不明な八つ当たりでさ。俺のMPがガリガリ削られていくんだよな。こっちが情緒不安定になるっちゅーねん。

 

でも、ま、とにかくとりあえず、今回はどうにか山を越えたな。でも次の生理もその次の生理もこんなんだと、俺がもたないかも知れない…。

いや、わかるんだ。わかっているんだよ。一番大変なのはムスメ自身なんだってのはさ…。でもさ。俺、神様じゃないからさ…。ごくふつーのオッサンだからさ…。

あんまり理不尽な八つ当たりを受け続けると、精神的に疲弊するのよ…。すべてのモチベーションが低下して、趣味も家事も育児(笑)もする気が失せるんだよな。そんで昼間でも構わず寝室で寝る。10分前後の昼寝じゃない。数時間のガチ寝に入る。人はこれを『ふて寝』と言う、かもしれない(笑)

正直なところ、寝ないと、疲弊した精神が回復しない。やってらんない。

そーゆー時に「ウッセェー!八つ当たりせずに自分のコトは自分で解決しろや(゚Д゚)ゴルァ!」とやれれば、"俺は"楽になるんだろうけどなぁ。

ムスメのPMSから生理中にかけて俺が出来るコトはせいぜい、ムスメの理不尽な八つ当たりの矢面に立って精一杯受けたら、そのストレスは寝て消化してやるくらいかと思っている。

でも、これ、結構シンドいんだよなぁ…。

 

ムスメがもう少し成長すれば、少しは収まるんだろうか…。

 

 

 

 

ムスメの生理  その2

む…。

そ、そうだったのか…。

生理の血って、血だけじゃなかったのか…。

そー言えば確かに、以前に何度かこのブログにも書いたけど、ヨメやムスメが生理の時、たまーにお風呂の排水口の網にドロッとした、血のような変な塊が残っているコトがある。血にしては変だなー、なんか、鼻血が出た後に鼻をかんだ時のような、ドロッとプルンとしたような塊で、でもカチカチじゃなくてよくわからんなー、と思っていた。

そーか。

アレが血と一緒に剥がれ落ちた子宮内膜、先の動画で言うところの、赤ちゃんのためのフカフカベッド、なのか…。

なるほどなー。

俺、ひとつ賢くなったぞ。

って、どどどどどどどどどどーてーちゃうわっ!

 

でもさ。

この動画の中でも言われていたけど、『世間が生理に対して無頓着』ってのは事実だろうけどさ。男からすれば、女性の生理っていわゆる『アンタッチャブル』なところ、つまり『触れてはいけない』ところ、だと思うんだよな。

「生理ってよくわからない」

「でも聞くに聞けない」

「むしろ聞いてはいけない気がする」

てコトで、わからないまま放置、と言うのが、恐らく俺を含める大半の男性の考えではないだろうか。それでなくても、ここ近年は【セクハラ】に対して敏感なんだし。

そー言えば先日も、俺がムスメに「生理どう?お腹痛くない?」と聞いたら、ムスメから「セクハラ!」と言われたわ…。

男からすれば、心配からの声かけだとしても、そんな風に言われたらそれ以上はなにも聞けないよな…。

世間が生理に無頓着なのも事実だけど、世間に対して、特に男性に対して『生理とは…』と知らされていないのも事実だ。女性同士でも生理の重い軽いに個人差があり、なんでも生理が軽い女性は、生理が重い辛さを理解出来ないそうで、ましてやそれを『生理とは…』と教育されていない男性に理解しろってのも無理な話だとは思うけどさ。

 

さて。

話をムスメに戻して。

動画の他にもネットで検索したりして、生理についてさらに勉強してみた。

ふむふむ。

小中学生くらいでは、まだまだ子宮や子宮口が硬いらしい。

なるほど。そりゃそーだ。

あと、意味不明だったのが、子供のうちは成人女性よりも子宮が長い、あるいは大きい、と書いてあるページがあった。

え?

どゆコト?

普通に考えて、子供は成人よりも身体が小さいんだから、子宮も小さいんじゃないの?

身体の大きさに対する子宮の比率が大きいの?

それとも単純に寸法が大きいの?

なんで?

意味わからん…。

まぁとにかく。

子供のうちは子宮や子宮口が硬かったり、子宮そのものが長かったり(?)で、生理の血が出にくいコトはちょくちょくあるらしい。

そーゆーモンなのか。

ここでふと思った。

先の動画の中でも言われていたけれど、生理とは、子宮の内膜が剥がれているらしい。で、ムスメは生理の痛みはある。それってつまり、子宮の内膜は通常通り剥がれつつ、でも子宮口が硬くて排出(?)されにくい状態なのか?(素人考え)

それって、便秘みたいな感じ?(素人考え)

つまり、出さなくてはいけないモノが、出てこないまま滞留しているの?(素人考え)

もしも子宮の中で子宮内膜とか血とかが腐敗したりすると非常にマズいんじゃないの?(素人考え)

その腐敗が原因で将来、子供を産めなくなったり、子宮が機能しなくなったり、最悪子宮を取らなくちゃいけなくなったりしないの?(素人考え)

 

そんな風に考えるとスッゲェ怖い((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

とにかく、早く血が出てくれるコトを祈るだけだった。

 

つづく

 

「我が生涯に一片の悔い無し」

と言う言葉、稀勢の里(?)が引退する時に「我が土俵人生に一片の悔い無し」と言い替えたそうで、テレビなんかで「稀勢の里(?)の言葉」として取り上げられているらしい。

いやいや。

この言葉、『北斗の拳』のラオウの最期の言葉なんだけどな…。

日本の漫画史上、もっとも有名なセリフの一つに挙げられると思うんだけど。

それが、まるで稀勢の里(?)のオリジナルの言葉のように言われているのが、なんか納得いかない…。

 


f:id:ponkotu-papa:20190303180358j:image

今日のお弁当

今日、ムスメはオリエンテーリングがあった。詳しくは知らないが、なんでも1年生から6年生までを含む、数人のグループでお弁当を持って町内を探険(?)して歩くらしい。

…が、今日は朝からこの雨であった。実は昨日のうちから、『オリエンテーリング当日は雨になりそうなので、オリエンテーリングは中止し通常授業。ただし、給食は無いのでお弁当持参』との連絡は受けていた。

オリエンテーリングに気乗りしないムスメは、中止になったコトに喜んだ。んだけど、本当は『今日は中止して延期』なんだけどな。

 

さて。

恐らくどこの家庭でもそうだろうけれど、普段は給食の子供に、なにかしらのイベント等でお弁当が必要、となれば、突然張り切り出す我がヨメ…。

オリエンテーリングが実施されようと中止されようと、お弁当が必要なのは変わらない。と言うコトで、何日か前から、お弁当の構想を練っていたらしい。

 

そして今朝。

ヨメは4時30分くらいにアラームを鳴らして起き出した。

普段なら、耳の横10センチでガンガン鳴っているアラームを無視して寝ているのに…。いつも俺が、ヨメのアラームに起こされてアラームを止めているのに…。

今日はアラームが鳴った瞬間にヨメが素早く止めた。マジかー…。普段もそのくらい起きろよ…。

そして。

ヨメ「パパ、早く起きて。お弁当作るよ!」

と俺を起こした。

数分後、俺は眠い目を擦りながら起き出し、キッチンに向かうと、すでにヨメのやる気はMAXだった。

例えるならば、


f:id:ponkotu-papa:20190228114036j:image
f:id:ponkotu-papa:20190228114050j:image

 

ヨメ


f:id:ponkotu-papa:20190228114112j:image
f:id:ponkotu-papa:20190228114125j:image

…ヨメのデストロイモード、威圧感はんぱねぇ!

 

ヨメ「パパ! 早く早く!」

俺「お、おぅ…」

ヨメ「はい、これやって。次にあれやって。そんでそれやって!」

ヨメの指示に従って弁当作製の助手をする。

ヨメは手作りおかずと冷凍食品とを組み合わせて、手際よく準備し、弁当箱へと納めていった。

完成品がこれ。


f:id:ponkotu-papa:20190228114804j:image

 

ヨメ「できたー…」

うん。かわいいよ。これならムスメも喜ぶだろうね。

ところでね…。

俺「ママ、俺の弁当は?」

ヨメ「んー…。余ったおかず、テキトーに詰めて持って行ってー」

うん。

判っていたよ。判っていたけど、敢えて聞いてみたんだ。予想通りの応えが帰ってきたよ。

今日の俺の弁当、ちょっと塩味が濃いかもしれないな…。