ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

私たちがいるんです

週末、ヨメが仕事から帰宅してからずっと機嫌がよろしくない。

理由を訊くと、なんでもヨメの勤務先の保育園の来年の3月の卒園式の最後で、つまり卒園式のオオトリで職員みんなが園児や保護者を前にして歌を歌うらしい。

その曲のタイトルが【私たちがいるんです】と言う歌だとか。

いや、ま、実は前年度の卒園式でも式の最後に職員がAKB48(だっけ?)の【365日の紙飛行機(だっけ?)】を歌ったそうなんだけど。

 

試しにYouTubeで【私たちがいるんです】を検索してみると、曲だけは見つかったんだけど、ボーカルも歌詞も入っていない。

 


私たちがいるんです(保育所・総会) - YouTube

 

 

曲を聴いてみると、うん、まぁ、悪くはないんじゃないかな…。

ただ、ヨメが持ち帰った歌詞カードを見てリアルに吹いた。

気になる人は『私たちがいるんです  歌詞』辺りのワードで検索すればヒットすると思う。

 

普通はさ、卒園式って言ったらさ、晴れて卒園を迎えた園児たちにエールを贈ったりするよね? 

つまり主役は園児たちであり、父兄はその主役たち(主に我が子)を見にくるワケだ。普通に考えて、職員の歌なんぞ誰も期待もしていない。 

なのに、なんで誰も聴きもしないのに歌うんだ?

しかも、この歌詞の内容がもう、痛い痛い痛い、痛々しさがハンパ無い…。

歌詞を見れば判るんだけど、子供たちを祝福したり応援したり送り出したりするような内容ではなく、ただただひたすら『保育士ばんざい!』『保育士最高!』『保育士イカす!』って内容なんだよな。子供たちよりも保育士こそが素晴らしい、と。

…なんぞこれ………???

もうね。

アホかと。

バカかと。

よくもまぁこんな内容の歌を恥ずかしげもなく世に出せるモンだ。

 

ヨメはこの歌の内容に寒気がし、ましてこんな自画自賛な歌を、歌の意味も理解できないであろう園児はともかく、父兄の前で歌おうと言うのだから、ヨメのイライラは急上昇。

ヨメは今年は卒園する最年長のクラスではないので発言権は無いんだけど、この歌を歌うコトに決めた園長だけがノリノリで、園長以外の職員はみんな、微妙な空気に包まれているそうな。

 

実はヨメは、前年度は最年長クラスの担当で、発表会やら卒園式やらまでほぼすべてを取り仕切った。

 ヨメはある意味「熱血系」で、そのおかげか発表会も卒園式も、感動のあまり号泣する父兄が多数出たそうな。

 それが今年の最年長クラス担当は判りやすく言えば「やる気が無い系」で、先日催された発表会もかなり酷い内容だったんだとか。

 

ヨメ曰く。

「保育士なんて、普通の会社員みたいに結果が数字で出たりしないから、手を抜こうと思えばいくらでもできる」

 

 なるほど。そーゆーモンか…。

 

なんか、完全な部外者の俺でも今からなんとなく想像できてしまう。

卒園式当日、父兄が我が子の晴れ舞台に目を潤ませているところに職員が【私たちがいるんです】を歌い出し、目が点になって微妙な空気になっているところが………。

 

f:id:ponkotu-papa:20171210221415j:plain

 

 

イルミネーション

クリスマスも近づくこの時期、全国的にあちこちでイルミネーションが飾られる。

なんで、この時期なのか、夏ではダメなのか判らないんだけど。

イルミネーション越しに見る、大輪の花火もまた悪くはないと思うんだけどな。

 

ま、それはさておき。

今朝はテレビで【イルミネーションを見ながら食事ができるレストラン、イルミレストラン】と銘打った特集があったんだけど。

そーやって地べたをテカテカゴテゴテと人工のイルミネーションで飾れば飾るほどに『光害』が増えて、夜空に広がる天然のイルミネーションが見えなくなるんだよなー。

 

…なかなか詩的な表現だな。俺ってワリとポエマーの素養があるのかも(笑)

 

夜空に煌めく天然の本物のイルミネーションには気づかず目もくれず、地べたに並べた人工の偽物のイルミネーションばかりをありがたがりもてはやす。

『本物志向』なんて言葉もあるけれど、みんな本当に『偽物』で満足なのかなぁ…?

 

 

年末ジャンボ宝くじ

が、発売開始しているらしい。

今朝のテレビでやっていた。

購入者の何人かはインタビューを受けていたんだけど、中には一気に30万円分を購入したり、「よく当たる」と評判の販売所まで新幹線で買いに来たり、なんて熱心(?)な人まで。

すげぇなおい。

そりゃまぁ、一等前後賞合わせて10億円が当たれば、30万とか新幹線代とかは格安の投資にはなるわな…。【当たれば】だけど…。

 

テレビを見ながら、ヨメに「ウチもボーナス全額を宝くじに突っ込むか?」と冗談混じりに言ったら、「アホなコト言うな!」とシバかれた。

でもその直後にヨメが「…でも、ちょっとなら買ってもいいかな」と呟いた(※Twitterに非ず)ので、もしかしたらウチもいくらか購入するかもしれない。

 

10億円が20口か30口くらい、当たるといいなぁ…。

 

女心、男心

昨夜、ムスメが風呂上がりにリビングのソファで寛いでいた。で、たまたま立ち上がった俺にムスメが「頭(髪の毛)を拭きたいからタオル取って」と言った。

俺は、洗濯済みのフェイスタオルで、何気なく一番上にあった、温泉なんかで手に入る『○○温泉』とか書いてあるようなダッサいタオルを取ってムスメに渡した。

なにせ、せいぜい数分~10分程度、ただ濡れた髪を拭くだけだ。拭き終えればそのまま洗濯カゴに放り込めばいい。ここで重要なのは『洗濯済み』であり『清潔』であるコトだけだ。

 

吸水率?

なにそれおいしいの???

ムスメはショートカットなので、そんなに吸水率とかいらねーし。

 

ところが、ムスメにダッサいタオルを手渡すと、途端にヒステリーのごとくキレだした。

ムスメ曰く「もっとかわいいタオルがあるだろぉおぉおぉおぉおぉーーーー!!!」

 

俺「え……………………???」

 

まったく意味がわからん。

ちょっと髪の毛を拭くだけやん。

どんなタオルでもえぇやん。

髪さえ拭ければえぇやん。

タオルはタオルやん。

そりゃ、ここで「もっと手触りのいいタオルがいい!」と言われれば、「なるほどそうか」とも思うが、そこに【かわいさ】は一切まったくこれっぽっちも必要無いやん。

意味わからん。

なんか、もンのすごぉ~くしょーもないところでキレるムスメに唖然とする俺。

 

ついにはムスメは自分で好きなタオルを取ってキレたまま寝室に向かった。

 

そんでヨメからは「もっと女心を理解して」と言われた。

そんなしょーもないところでいきなりキレだす気持ちなんか理解できるかっ!

女から男に対して【女心の理解】を要求するなら、男からも女に対して【男心の理解】を要求する!

 

以前にも書いたけど、男ってのは【効率重視】の傾向があり、女は【感情(気持ち)重視】の傾向があるそうな。

………めんどくせぇ………………。

 

 

スクィーズ

最近のムスメのマイブームは【スクィーズ】とか言うおもちゃである。

 

スクィーズとは、ケーキやパンの形をしているモノが多くて、なんだか甘い匂いがして、揉むと、なんて言うか…。感触がプニプニ…じゃないな…。こう、フニフニしててなんとも不思議な感触。

揉んでいると、なんだか身体も気持ちもフニャ~…となりそうな、そんな不思議なおもちゃである。

俺は知らなかったんだけど、子供たちの間ではそこそこ流行しているそうな。

 たぶん【スクィーズ】で検索すればわんさか出てくる。

 

詳しくは知らないんだけど、ムスメが言うには、「これはオムツで出来ている」とのコトなんだけど、さっぱりわからん。まぁ子供の言うコトなので、そこは大人が脳内変換してみる。

たぶん、紙オムツなんかに使われている、高分子吸収体とか高分子ポリマーとか、なんかそんなニュアンスのモノから作られている、と推測してみる。

なるほど。

言われてみれば、まだ小さい頃の甥っ子姪っ子のオムツを替えた時の、オシッコをたんまり吸った使用済みオムツの感触に似ている、ような気もする…。

 

Wikipediaとかで調べればもっと詳しく判るんだろうけど、そこまでする気はないな。面倒臭いし。

 

 

 

で、先週末は、ムスメの希望でゲームセンターをハシゴした。

最近はクレーンゲームの景品に、このスクィーズがよくあるらしい。

自慢では無いのだが、俺はクレーンゲームはちょっと得意である。メチャメチャ得意では無いんだけど、まぁそれなりのゲット率だと思う。

ムスメが欲しがるスクィーズをスパッと取ってやれば、父親としての威厳を示すコトが出来る。

 

で、あるクレーンゲームの前でムスメが立ち止まる。

そのクレーンゲームの景品はいろんなパンの形のスクィーズが入っていた。ワリと取れそうな位置に、半斤ほどの大きさの食パンにリラックマの焼きあとが付いたスクィーズがあった。

3回ほどアームでつついて転がせば、たぶん取れるかな、と思ったので、早速プレイしようとすると、ムスメが「自分でやりたい!」と言い出した。

ふむふむ。

これはまず本人にプレイをさせて、いかに難しいかを体験させてから俺が取る方が、より父親の威厳を示すコトが出来る。

 

ムスメに100円を渡した。

ムスメの狙いは俺と同じ、リラックマの食パンのようだ。

その食パンに対し、ムスメが操作するアームが超素直に掴みに行った。

いやいやいやいや。

その食パンの重さは知らんけど、結構大きいし、掴んだところでアームの握力が激弱設定だろうし、こりゃー無理だな、と新たな100円を用意しようとしたんだけど…。

あれ?

あれあれあれ?

アームが食パンをガッチリ挟んで持ち上げたしっ!

思っていたよりも、アームの握力が強め設定だったか。

でも、どうせアーム移動中にポロッと落と…さずに景品投入口まで持って来たしっ!

そのまま投入口に落としたしっ!

1発ゲットしたしっ!

俺は少なくとも3手くらいは必要と思ったリラックマの食パン(スクィーズ)を、ムスメが1手で取ってしもたぁーっ!!!

 

ちょ。

おま。

父親の威厳がぁーっ!!!

 

 

 

ま、まぁ、なんだ。

ムスメがすっごく嬉しそうだしな。

ムスメが自分で取ったスクィーズ、かなりお気に入りのようだし。

ムスメが喜ぶのなら、父親の威厳はまた今度で良いかな。うん。そーだ、そーだよな…。

それに、リラックマの食パンを取る100円は俺が出したんだし、言ってみればあれはムスメと俺との2人の協力プレイの結果、とも言える。うんうん。

 

ムスメは味を占めたらしく、また次の週末もクレーンゲームやりに行きたい、とか言っている。

良いだろう。

今度こそ、父親の威厳ってのを見せてやるよ!

 

 

ムスメの体調不良

またしてもムスメが体調不良になった。

 

ここ数日の急激な冷え込みに加え、先週末ごろからムスメが生理突入(ヨメ情報)、さらに先週の土曜日にインフルエンザの予防接種を受けており、それらがいろいろ重なって、ムスメが体調を崩したのではないか、とはヨメの見解。

 

まぁ生理のコトは正直、よくわからん。

でも常識的に考えて、血液が体外に流れるってコトは、その分血液量が減って貧血になるだろうし、当然血行が悪くなるだろうし、そうなると体温も下がるだろう。

実際、女性は貧血気味で冷え性の人が多いと聞く。

ただでさえ体温の維持が難しいところに今週頭からの冷え込み、さらに予防接種での擬似的な感染での体力消耗。

 

さらにさらに、学校の教室がこれまたかな~り寒いらしい。ストーブとかもまだ出しておらず、来月くらいから出す予定だったそうな。

 

いろいろタイミングが悪かったようだ。

 

ムスメが自宅で体温計を使って計ってみても、何度計っても35℃中盤。36℃を越えなかった。明らかに体温が低い。基礎代謝が下がっているのか、もともと低体温なのかは怪しいんだけど、とにかく低い。

暖房をガンガンにかけて、ヨメや俺が真夏のような薄着でうっすら汗をかくような室温でも、ムスメは「寒い寒い」と言って毛布をすっぽり被ってしまう。体温調整が上手く出来ないみたい。

 

月曜日はそれでも頑張って登校したんだけど、さすがに火曜日は休ませた。で、火曜日の夜にはずいぶん良くなったらしく、水曜日は登校、木曜日は祝日、金曜日の今日も登校した。

まだムスメは完全回復では無さそうだけど、ヨメがムスメの体温を上げようと頑張っている。

 

俺も暖かいお茶なんかをムスメに飲ませるようにした。

 

でもさ。

結局のところ、自分で筋トレとかで筋肉を付けて基礎代謝を上げない限り、体温を上げにくい体質って変わらないよな。体質が変わらない限り、なにをしても一時しのぎにしかならないよな。

ムスメ、変なところだけ俺に似て、運動とか嫌いなんだよな…。

 

 どーすっかなぁ…。

日曜日の余暇 その3

さて。

 

もう1週間以上経っちゃったんだけど、つづき。 

 

 

お盆のころ、パソコンのパーツを新調したコトは書いた。で、ハード的にはほとんど復旧完了しているんだけど、ソフト的にはまだまだ不充分である。一応、最低限の作業はできるんだけど、個人的にはまだ足りない。

ただ、それらを進める自由な時間があんまり取れないのが実情。

 

 

てなワケで、今回の自由時間はパソコン周りに充てた。

 

まずは、パソコン内部の配線の整理。

俺は個人的に、ノートパソコンよりもデスクトップパソコン推しである。ノートパソコンはあくまでも『携帯用パソコン』であり、動かさないならデスクトップがベスト、と考えている。

ノートパソコンも持ってはいるんだけど、あくまでもメインはデスクトップ、ノートはサブ機、と言うスタンスである。

 そのデスクトップパソコン内部のごちゃごちゃした配線を整理して、さらに小型のファンを追加してエアフローを良くし、ファンなどの動作テストを終えカバーを閉めて完成。

もちっとHDDを追加したいな~とか思いながらも、とりあえずハード面はこれでほぼ完全に復旧した。

 

で、次はソフト面の復旧にかかろうかと思ったんだけど…。

ちょうどハード面復旧のために、パソコン本体からいろんなケーブルを外している状態で。

ふと見れば、いろんなケーブルがごちゃごちゃしている状態で。

つまりはパソコンケースの中だけではなく、パソコンの周囲もごちゃごちゃしている状態で。

 

ソフト面の復旧は、まぁ、とりあえず後回しでもいいかな。まずはこのパソコン周りの整理や、久しぶりに掃除もしてやろうか、となった。

パソコンにホコリは大敵である。

 

で、ついでにデスクの向きを変えたりデスク上のレイアウトを変えたりしているうちに、あっと言う間に時間が過ぎて、ヨメ一行のご帰宅となったワケで。

 

ヨメ一行は、イベントはそれなりに楽しかったようで良かった。

俺は俺で、少しだけどやりたいコトが出来て楽しかったので良かった。

 

今度はヨメに、自由な時間を持たせてあげようと思った。

……でも、ムスメが俺よりもヨメと過ごしたがるからなぁ…。

どーかなぁ…。