読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

娘がなんだか古風な件

娘が…、なんて言うのかな…。

「古風」と言う表現もなんか違うんだけど、他に良い表現が浮かばない。

 

娘は、嫁や俺が「え、なんでソレ?」と不思議に思うようなモノに興味を持ったりする。

 

 

例えば書道。

嫁も俺も、特に書道に触れるような仕事でもなければそんな生活もしていない。それがある日いきなり「書道教室に行きたい」と言い出した。

まぁ行きたいのならと調べたところ、自宅から車で数分のところに教室があったので、週に一度、平日の夕方、通わせ始めて半年あまり。たまーに体調不良で休むけど、それ以外は楽しそうに通っている。

硬筆も同時に教えてもらっているらしく、それまで娘が書く文字はバランスが悪く、読みにくかった文字が、先日学校で返却されたテストを見てビックリ!

「なんじゃこの点数ー!」ではなく、「なんじゃこの文字ー!」

格段にバランスが良くなって、非常に読みやすくなっている!!!

これは、このまま上達していくともしかすると、あの、どんなに高いハードルも壁も、文字の上手さだけでなんなく越えていく伝説の「日ペンの美子ちゃん」の域にまで辿り着けるかもしれない…っ!

 

 

 また、先日、落語で有名な「寿限無」を呪文のようにいきなり唱え出したりしていた。

寿限無」とは、落語、でいいのかな。まぁ落語のお噺のひとつで、

~~~~~ 

ある夫婦に子供が産まれた。喜んだ夫婦はお寺のお坊さんに頼んで子供に名前を付けてもらった。

それが「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ~(中略)~ちょうきゅうめいのちょうすけ」と言う、非常に有り難くて御目出度くて長い名前であった。

ある時、じゅげむ君がお友だちと遊んでいる時に誤って池に落ちてしまった。お友だちはじゅげむ君の親に急いでこのコトを伝えに行ったのだが…

~~~~~

と言うお噺。

まぁ派生と言うか、多少の違いはいろいろあるだろうけど、おおよそザックリこんなストーリーで、聞いたコトあるって人も多いと思う。

まぁストーリーはともかく、なぜに小学生の娘が「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ~(中略)~ちょうきゅうめいのちょうすけ」を覚えていたのかがいまだに謎。

特にクラスで流行っている様子でもないんだけどな…?

 

 

そして最近。

娘は百人一首に興味を持ったみたい。

ちはやふる」の映画や原作を見たワケでもないのに…。

この4月から進級し、週に一時限だけのクラブ活動が始まったんだけど、これに「百人一首クラブ」を希望したらしい。厳密に言えば第二希望が「百人一首クラブ」で、要するに第一希望が通らなかったらしいんだが。

5月が娘の誕生月でそのプレゼントに、トイザらスにあった自動読み上げ機付き百人一首を希望してきた。

購入後、すぐに開封しさっそく遊び始めたのだけど…。

んんんんー?

ちょっと待てっ。

なんで読み札を床に並べる?

しかも全部じゃなくて数枚だけって…。

で、自動読み上げ機で読み上げさせて、「無いなぁ…」って、そりゃほとんど当たらんわ!

てか、なんで読み札を床に置く?

つーか、上の句とか下の句とかも知らないようだし、そもそも歌を覚えてないんじゃ…?

どうやら、ルール自体、知らないみたい…。

そんなんで百人一首クラブを希望するって、ある意味すごいな、娘よ…。

まぁルールの説明はこれからクラブでやってくれるだろう。

そもそも、俺が説明しようにもハナッから聞きゃしねぇ!

でもなぁ…。

娘、めっちゃ飽き症なんだよなぁ…。

これまで、誕生日やクリスマスやらでねだられた玩具のうち、開封して3日目以降、遊んでいるのを見ていない玩具は1つや2つではないからなぁ…。

百人一首、ルールを覚える前に飽きそうな気がする…。

 

 

祝! 眞子様ご婚約(予定)

ニュースによると、まだ正式に婚約したワケでも内定したワケでもないらしいんだけど、なんなのこの日本全国フィーバー状態(笑)

まぁここしばらく、あんまり明るい話題も無かったし、ここらでいっちょ、明るいめでたい話題で日本を盛り上げてもらうのも良いんじゃないかな!

とりあえず、眞子様おめでとー!

ピードンドンドンパフ!

 

 

 

そー言えば俺、小学生くらいの時には【天皇天皇家)】ってのがまったく意味が判らなかったな。

確かそのころ、時期を同じくして、「人間はみんな平等」って習っててさ。

 

人間はみんな平等なのに、なんで【天皇天皇家)】は特別なの?

天皇天皇家)】は人間じゃないの?

え、人間なの?

だったらなんで特別なの?

なんで?

なんで??

なんで???

 

…と、ワケが判らなかったし、当時の教師も納得できる答えをくれなかった。ある意味、純粋、ピュアだったんだな、俺って…。

で、俺なりに納得できるようなったのが、高校生くらい、いや、もしかしたら二十歳を過ぎてからだったかな。とにかくかなり時間が経ってからだった。まぁ『俺なりの納得』が『正しい納得』かは判らんが。

 

でも、実は齢40を過ぎてなお、いまだに納得できないコトがある。

では、ここでお待ちかね(?)のクイズの時間です!

 

君が代』の『君』とは、だれのコトでしょうか?

チッ

チッ 

チッ

チッ 

チッ 

はい、時間切れです。

 

君が代』の『君』とは、【天皇】のコト、なんだって。

 

つまり【天皇の世】が千代に八千代に、永遠にいつまでも続きますように、と言う歌らしいんだけど。

ここが納得できない…。

君が代』の『君』が、国民一人ひとりを指して、国民一人ひとりが主役の世が続きますように、と言う歌なんだったら、大賛成で大声で歌ってもいいんだけどな。

 

 

 

そいや、小学生のころ、同じく意味不明だったのが、【天皇は日本の象徴】っての。でもこれ、実は最近になってようやく納得できたんだ!

以前、某・テレビ番組で、某・池上彰先生の番組なんだけど、この中で某・池上彰先生が

池上彰「平和の象徴ってナンですか?」

出演者「鳩」

池「では、日本の象徴って?   天皇なんですねぇ」

出「あぁー…」

俺「あぁー…。そーゆーコトかぁ…」

と言う流れ。

やっぱ頭の良い人は、説明も上手いよな!

 

 

 

 

そして、最近、娘が【天皇天皇家)】に少し興味を持ち始めているらしい。いろいろと質問をしてくるようになった。

小中学生のころの俺なら、歯に衣着せぬ内容を話すんだけど、一応、自称「良識ある大人」なので、なかなか上手い表現が出てこない…。

小学生相手だと、大人には通じる表現が通じなかったりするもンな。

 

まぁ古事記をちゃんと読んだワケでもなく、もンのすごぉ~くザックリした話しかできないんだけど。

 

天皇天皇家)】の祖先が、なぜ神格を剥奪されて『人の身』となったのか。

『人』になったから、歳も取るし寿命もあるし、元『神』さまでも死ぬ。

でもやっぱり元は『神』さまの血筋だから、一般の人からは『神』さまとして、『人』とは違う特別な存在。

…みたいな感じ?

 

時々、娘に国造りの神の話(淡路島の下りとか)とか、イザナギイザナミの話とかを、ザックリながらも話しているんだけど。そしたら娘は断片的でも覚えていて、何日か何週間かして「◯◯って△△なんだよね」と聞いてくる。

いろんな意味で将来が楽しみかも?

もしかしたら、将来、一緒に古事記(簡単なヤツ限定)を読む日が来るかもしれない…(笑)

 

サイバー攻撃 追記

iPhoneも狙う「ランサムウエア」のヤバい実態

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170517-00172100-toyo-bus_all

 

 

 

たまたま見つけたニュースなんだけど。

サイバー攻撃」に関するネタは、「その4」で終わるつもりだったんだけど、このニュースを見て、追記をしておく。

 

「その1」から「その4」まで、長々と書いたんだけど、やっぱり俺が持っている情報は古かったみたい…。

まぁこーゆーデジタルっつーかITっつーか、この世界の技術はソフト面でもハード面でも日進月歩で、ちょっと極端な表現をすれば「昨日無かった技術が今日には出来ている」なんてコトも珍しくないんだけど。

みんなが平和に快適に便利に暮らせる技術なら、ドンと来いバッチ来いなんだけど、残念なコトに悪い技術も進歩しているらしいね…。

 

上記のニュースで個人的に注目したのは【iPhoneが狙われている】と言う点。しかも、端末を直接攻撃するんじゃなくて、端末と連携している【クラウド】を通して間接的に攻撃するんだって。

言われてみれば、なるほどって感じなんだけど、少なくとも俺は、言われるまで気付かなかったYO!

俺は、iPhoneを狙うなら、ウィルス入りアプリをいかにAppleの厳しい審査を通過させるか、ってコトしか無いと思っていたよ。

Appleの管理が届かないところから攻撃するとか、イヤな目から鱗…。

 

誤解の無いように言っておくけど、【クラウド】自体は悪いモノじゃない。

クラウド】ってのを知らない人のために、ごくごく簡単に説明しておく。

 

イメージは、空に浮かぶ雲(クラウド)にスマートフォンから写真を送り保存すれば、自宅や出先のパソコンや友人のスマートフォンからでもその雲(クラウド)に預けた写真を見るコトが可能になる、みたいな?

 

もちろん保存するのは写真に限らず、容量が許す限りWordやExcelなんかのOffice文書やら動画やらも可能で、使いこなせばすっごく便利な技術なんだよね。

 

あ、YouTubeもある意味【クラウド】かも?

うん。YouTubeをイメージすれば判りやすいかも。

YouTubeに動画をアップすれば、どこからでもどの端末からでもアップした動画が観られるよね。そんな感じ。

 

クラウド】は、IDとパスワードでデータが守られており、その両方を知らない第三者からは当然、データにアクセスできないんだけど、上記のニュースはこの【クラウド】のIDやパスワードを盗んで【クラウド】経由でiPhoneにロックをかける、んだって。詳細はニュースを読んでもらう方が判りやすいかと思う。

 

 で、恐ろしいコトに、最近ではIDやらパスワードやらの大切な情報をスマートフォンに保存している人も多いとか。中には銀行の口座番号やATMの暗証番号なんかも保存してある人も…。

 

これも昔読んだ雑誌の記事の内容なんだけどさ、日本じゃない外国での話なんだけど、スマートフォンをベンチやら歩道やらに「落とした」「置き忘れた」風に置いて観察していたら、スマートフォンを拾った大半の一般人がスマートフォン内のデータを勝手に見ようとしたらしい。

恐ろしいぞ一般人!

 

いくら日本は治安が良いからと言っても、スマートフォンに重要なデータを保存して、スマートフォンを落としたらマジでヤバい時代になってきているみたい。

 

とりあえず、iPhoneに限らず【クラウド】に限らず、IDやらパスワードやらの重要な情報の管理は慎重に行ってほしい…。

 

 

 

 

サイバー攻撃 その4

さて。

ニュースで騒がれている「サイバー攻撃」に話を戻して。

 

まず断っておくが、俺はあまりニュースを見る機会が無い。新聞もゆっくり読めない。

なので、情報が古かったり間違っていたりなんて可能性がある、と言うコトを念頭に置いていただきたい。

 

 

 

今回騒がれているのは「ランサムウェア」と呼ばれるタイプのモノ。別名「身代金ウィルス」とも呼ばれる。

その動作を簡単に説明すると、パソコンに勝手にロックをかけて使用できないようにして、画面に「ロックを解除したいなら◯◯円を払え」と「身代金」を要求する表示がされる。

ここで慌てて「身代金」を支払ったところで、実際にロックが解除される保証は無い。

 

少しパソコンに詳しい人なら、自分でOSを入れ直して解決する手もあるだろう。でも、ドライブを分けていなかったり、バックアップを取っていないデータは全部消える覚悟が必要になる…。

 

 実際のところ、ランサムウェアに感染した場合の復旧方法は、多分メーカーサポートとかパソコンショップとか、そーゆー専門の人に任せるしか無いんじゃないかな。で、その場合、やはり「データが消える覚悟」は必要だと思う。と言うか、恐らくそーゆー内容の同意書にサインを求められるだろうな。

 

で、ニュースを聞いていて驚いたのが、いまだにWindowsXPを使っている人(個人や企業)が、思いの外多いと言う事実。まさに驚愕の事実、だわ…。

確かにXPは名作OSと言われている。

でも、サポートが終了して今年で何年目になる?

企業向けサポートって、まだ生きてたっけ?

 

まぁね。

サポートが終了したOSを使い続けるコト自体は悪くないよ。だれでも自分が気に入った使いやすいOSを使いたいと思うのは理解できる。

でも、サポートが終了しているOSをインターネットに接続しちゃダメだろ。USBメモリなんかを挿すのもダメだわ。

完全に孤立、スタンドアローン状態で使うコトが大前提になるわ。

 

 USBメモリがダメってのは、例えば俺がウィルスを作る人だとして。

インターネットに接続されている無防備なパソコンではUSBメモリに侵入だけして、なにもせずひっそりとしておき、サポートが終了したXPなどに挿された時にだけ、そのパソコン内の情報を抜き取り、またインターネットに接続された無防備なパソコンに挿された時に集めた情報をこっそり送信する…、ような、「XPは直接インターネットに繋げていないから大丈夫」と油断している人からデータを盗むようなウィルスを作るさ。

実際にこんなウィルスが存在するのは知らないけど、警戒するに越したコトはない。

 

とりあえず、サポートが終了したOSは使ってはいけない。

使うなら、なにがあろうと完全に孤立させて使う。

これは基本中の基本、最低限度の安全策。孤立させられないなら、サポート終了OSは使ってはいけない。周囲に迷惑をかける。

なのに、無用心に無責任にXPをインターネットに繋げて結果ウィルス感染、だとぅ…?

復旧させるために、2度と戻らない大切な思い出のデータが消えても、企業の極秘データが流出しても、ぜんぶ自業自得だわ…。同情すらできん…。

 

あと、やはり怪しいメールは無視して削除。これな!

怪しいメールって、ついつい開きたくなるような、上手い見出しで送ってくるんだよな!(笑)

 「お金あげます」とか「エッチしましょ」とか「◯◯が当選しました!」とか「◯◯警察より」とか「◯◯裁判所より」とか…。

うっかりメールを開くまでならともかく、中のURLや添付ファイルを踏んだりしたら、これまた同情の余地すらない自業自得だわ。

 

あと、多いのが、フリー(無料)ソフトをインストールする際、ウィザードをよく見ずになにも考えずにクリックしていった結果、変なソフトを知らないうちにいつの間にかインストールされてしまうっての。

つーか、「知らないうちに」「いつの間にか」って、自分がインストールするのに「同意」する選択を押しているんだけどね。俺からすればこれも自業自得。

フリーソフトは入れるのも使うのも自己責任だよな…。

 

 

 

「無知」であるコト自体は悪くはないと思っていたけど、「無謀」で「無責任」で「学ぶ気持ちも無い」ような「無知」は、やっぱりある意味「罪」なのかも知れない…。

すべてのニュースを見ているワケではなないけれど、今回のランサムウェア騒ぎって、サポート終了OSの使用や、セキュリティ意識の低さが招いた結果なんじゃないかと思う。

中には『サポート中のOSでセキュリティソフトも入れてある、OSもセキュリティソフトも常に最新にアップデートしている、それでも感染した』って人もいるかも知れない。自分で出来る防御策を取っていてもなお、感染した人には同情もするし気の毒にも思う。

 

ニュースではセキュリティソフトの有無までは言っていないけど、まぁ、いまだにXPを使っているようなセキュリティ意識の低い人が、セキュリティソフトだけはしっかり入れているとは考えにくい。恐らく、ウィルス製作者からすれば、「全裸待機キタ━(゚∀゚)━!」な状態で入れ食いだったんじゃなかろうか。

まだ表に出ていない、もしくはカウントされていない感染端末も含めると、とんでもない台数のパソコンが感染しているんだろうな…。

セキュリティ意識が低い人は、この件を教訓として、セキュリティ意識を高めてほしいと切に願う。

今回は運良く感染を免れたとしても、また次に感染しないとは限らない。次に感染するのは貴方のパソコンかも知れないのだから。

 

俺も自分パソコン、スキャンしておこ…。

 

 

 

 

 

痛みを伴わない教訓には意義がない

人は何かの犠牲なしには
何も得る事はできないのだから…

しかし、その痛みに耐え、
乗り越えた時…

人は何物にも負けない、強靱な心を手に入れる
そう、鋼のような心を………

 

(【鋼の錬金術師】より抜粋)

サイバー攻撃 その3

何年か前に、ある雑誌に面白いコトが書いてあった。

細かい部分はさすがに覚えていないけど、要約すると「『財布を落とすよりも、スマートフォンを落とす方が怖い』と言う人が多い」と言うような内容だった。

 

財布の中には、多少の個人差はあっても、だいたい似たモノが入っているかと思う。

例えば、お店のポイントカードやらレシートやら。これらからある程度の個人情報は抜き取れるだろうし。

現金やクレジットカードやキャッシュカード。これらからお金を盗むコトもできる。

さらに言えばもっと直接的な個人情報源として、運転免許やら診察券やら…。

 

最近ネットで読んだ話なんだけど。

ある独り暮らしの女性が財布が入ったバッグごとひったくられ、お金も鍵も電話もなにも無い状態で翌日にどうにかマンションに帰宅したところ、部屋の家具家電から車まで、すべて盗まれていた、なんて話がある。推測になるが、財布の中の運転免許から住所を知り、バッグに入っていた部屋の鍵で侵入、女性が帰宅する前に根こそぎ盗んで行ったのではないか、とのコト。

家具家電を盗まれるのも怖いが、万一、早く帰宅できたとして、犯人と鉢合わせていたとしたら………。

 

財布を落としたり無くしたりするのも、結構怖いモノだ。

 

しかし、それ以上に、『スマートフォンを落とす方が怖い』と答えた人が多いと言う事実。

実際、スマートフォンは使えば使うほど、個人情報の塊になっていく。中のデータには、写真やら電話帳やら、友人知人の情報まで入っている。

最近ではLINEやフェイスブックなんかのSNSでアカウント乗っ取りやなりすましをして、プリペイドカードの番号を盗む、なんて事件も聞く。

アカウント乗っ取りやなりすましではなく、自分のスマートフォンから自分のアカウントでログインすれば、第三者からはその本人なのか赤の他人なのか判るワケがない。

スマートフォンを落とす』と言うコトは、最悪、友人知人、さらにその友人知人、さらにさらにその友人知人…にまで被害が及ぶ可能性を忘れてはいけない。まして、セキュリティはおろか、ロックさえかけていないスマートフォンなど論外。

 

たまーにいるよね、こーゆー人。

んで、なぜセキュリティソフトを入れないのか、と聞くと、「取られて困るような、そんな大した情報は無いし~(笑)」だと。

そーかそーか。お前のパソコンなりスマートフォンなりに入っている、俺のアドレスとか電話番号とかの情報は「大した情報」じゃないんだな、そーかそーか。

もーね。なんと言うかね…。

そーゆーセキュリティ意識の低い人は本当に迷惑なので、今すぐ解約してガラケーにしてくださいお願いしますマジで。いや、ガラケーだって電話帳があるんだから、いっそ【携帯電話】を持たないでください。

 

スマートフォンは非常に便利で楽しい道具ではあるけれど、所詮はただの「道具」でしかなく、使い方によっては持ち主やその周りの人間に不利益や危険を招く道具にもなり得るんだよ。

 

 何度も言うけど、パソコンやスマートフォンに「セキュリティソフトを入れておけばそれだけで絶対に安全・安心」ではない。でも、なにもしない無防備状態よりは遥かにマシなんだ。

無防備スマートフォンを持ち歩くのは、ある意味、女性が下着だけで、あるいは丸裸で街を歩くようなモノかも知れない。

例えは悪いけど、なにがあっても、どんな酷い目に会っても、ぜんぶ自業自得、だと思う。

 

携帯ショップなんかでも、スマートフォンの良いところばかり説明するんじゃなくて、こーゆー危険なところや気を付けるべきところなんかを、もっと説明して啓発するべきだと思うよ。

最近じゃ中学生や、ヘタすると小学生でも自分のスマートフォンを持っていたりする。でも、彼らはその危険性をキチンと認識しているんだろうか。むしろ彼らの親が、キチンと理解せずに無責任にスマートフォンを与えているんじゃないだろうか。

俺は個人的に、高校生でもスマートフォンは早すぎると思う。

スマートフォンはファッションのアイテムじゃないんだよな。

 

「遊びでやってんじゃないんだよ!」

byカミーユ・ビタン

 

 

つづく

 

サイバー攻撃 その2

昔むかし、と言っても今世紀に入ってからの話なんだけど。

その1で少し書いた「イタズラ目的のウィルス」として有名な【タコイカウィルス】と言うコンピューターウィルスがあった。

このウィルスはパソコン内に侵入すると、見えないところでパソコン内に保存してある画像をタコとかイカとかのイラストに勝手に描き変えて保存してしまう、と言うモノ。

パソコン内の情報を抜き取って送信したりお金を巻き上げる仕組みがあったりと言うような、直接的に被害を与えるウィルスではなく、「イタズラ目的」であったようなんだけど、想像してほしい。

2度と手に入らないアイドルのパンチラお宝画像やら、子供や孫の成長の記録画像やらが、ある日いきなりワケの判らないタコとかイカとかのイラストに描き変わっていたとしたら…。子供の入園・卒園、入学・卒業、学芸会や家族旅行など、その時その瞬間しか撮れない思い出の画像が、勝手に描き変えられていたとしたら…。

ある意味、お金を失うよりもダメージが大きい。

この【タコイカウィルス】製作者は、何年か前に実刑判決を受けている。しかし、犯人は捕まって刑に服しても、失われた思い出の画像は2度と戻らないのだ。

 

そして現在、クラッキングやウィルスはますます巧妙に、人々の『お金』を狙って攻撃して来ている。

大企業や国家を手玉に取るほどのクラッカーやウィルス製作者が本気で貴方の『お金』を狙って攻撃してきているんだから、防御する側も本気でやらなきゃ!

 

パソコンやスマートフォン無防備にしている人は、まずはなんでも良いのでセキュリティをかける!

Windowsパソコンなら、とりあえずは無料の【マイクロソフト エッセンシャルズ】でも良いので入れる!

Androidスマートフォンならアプリで無料のヤツもたくさんあるので、レビューなどを参考に汁!

個人的には、無料ソフトはあんまり信用していないんだけど、なにもしないよりはいくらかはマシだと思う。まぁ有料ソフトであれば【100%絶対安心】なんてコトも無いんだけど…。

 

それから、大切なデータであればあるほど、バックアップを取って分散しておく!

分散先は例えばパソコンの内蔵ハードディスクであったり、外付けハードディスクであったり、フラッシュメモリであったり、クラウドであったり。

ハードディスクは消耗品なのである日突然クラッシュするコトもあるし、フラッシュメモリは名前の通り「閃光のように」あっさりとデータが壊れるコトもある。クラウドはサーバーがダウンしたり、いつの間にやらサービス終了、なんてコトも可能性としてはある。

バックアップは分散しておくのに越したコトは無いのだ。

 

 

 つづく

 

サイバー攻撃 その1

サイバー攻撃が全国的に、いや、世界的に広まっているとニュースで言っていた。

 

ここを読んでくれている皆さんは、自身のパソコンやスマートフォンにセキュリティソフトは入れていますか?

 

AppleコンピュータやiPhoneは、セキュリティの必要が無い(と言うより、ユーザー個人では出来ない)らしいので、今回の話はWindowsパソコンやAndroidスマートフォンを持っている人向けの話になるんだけど。…と、ここだけ読んで「iPhoneAndroid?なにそれ美味しいの???」と意味が判らない人は、スマートフォンを持つにはまだまだ時期尚早なので今すぐ解約してガラケーにするコトをオススメします。

なお、過去にはAppleコンピュータにウィルスが侵入したり、iPhoneアップルストアにウィルスが仕込まれたアプリが公開されたりなんてコトもあったので、【WindowsAndroidと比べて比較的安全】ではあっても、AppleコンピュータやiPhoneだからと言って【絶対安全】ではないんだよ、と忠告しておく。

 

 

 

考え方は人それぞれなんだけど、俺は、パソコンやスマートフォンにセキュリティをかけていないのは、『お出掛けしたり就寝する時に自宅の玄関や窓に鍵をかてけない』のと、同じくらい無用心だと考えている。

 

自宅の鍵の目的ってなんだろう???

かなりの高確率で、泥棒や空き巣対策だよな。泥棒や空き巣から、大切な財産や家族を守るために鍵をかけるよね、普通は…。

その鍵をかけないってコトは、『泥棒さん、いらっしゃぁ~い!(桂三枝師匠風に)』ってコトだ。

まぁどんな最新の鍵であっても、ルパン三世みたいな腕利きの泥棒・空き巣が本気で時間をかけて挑めば破れない鍵は無いんだろうけど、そもそも泥棒・空き巣は『侵入に時間がかかるのを嫌う』と言われている。

つまり、『鍵を破るコトが可能か』ではなく、『侵入に時間がかかる、面倒くさい家だと思わせる』コトが最大の狙いだと思う。簡単な鍵でも複数個設置すれば、そういう意味での効果は格段に上がるワケだ。それこそ100円ショップで売っているような、ダミーの鍵穴でもね。

泥棒・空き巣だって、『どうしてもこの家から盗みたい!』なんて無意味なこだわりを持って無駄なリスクを犯すより、簡単に侵入できる無用心な家を物色する方が良いに決まってる。

 

さて。

サイバー攻撃に話を戻して。

パソコンやスマートフォンのセキュリティについても同じコトが言えると思う。

腕利きのクラッカーやウィルス作成者にかかれば、最新のセキュリティソフトを破るコトはたぶん、難しくないと思う。と言うか、セキュリティソフトはどうしても後追いになるんだけど。

で、わざわざ手間隙をかけてまで最新のセキュリティ破りをするメリットは薄い。まぁ、そーゆー奇特な趣味の人も、少なからずいるらしいけど(笑)

 

クラッカーやらウィルス作成者やらの目的は、突き詰めれば『お金』、これに尽きる。

ひと昔ふた昔前なら、イタズラ目的や自己満足目的でのクラッキングやウィルスが主流だったらしいけど、ここ近年では、明らかにお金を盗りに来ている。

お金を狙うと決めたら、次に考えるのは『いかに効率よく、お金を巻き上げるか』である。

効率を求めるのに、わざわざ最新のセキュリティに挑戦する必要は無く、狙うなら当然、『簡単に侵入できる無用心な端末』となるワケで。

 

自分に直接被害が及ばなくても、知らないうちに自分のパソコンが踏み台にされて、知らないうちに犯罪の片棒を担がされるかも知れないし。

 

家の鍵を、大切な財産や家族を守るためにかけるなら、どうして大切なデータや個人情報を守るために、パソコンやスマートフォンにセキュリティをかけないのか?

 

…謎だ………。

 

 

 つづく