ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづります

ソフトボール大会

たぶん、おそらく、どこの学校でも似たようなのはあると思うんだけど。

ムスメが通う小学校の児童の父兄…、と言うより地域の大人が集まって、夕方から夜にかけて学校のグラウンドや体育館でスポーツの練習をしている。いわゆる【ママさんバレー】、みたいなモノかな。

で、俺が暮らす【市】全体では野球とかソフトボールとかに力を入れているらしい。

まぁそれはいい。

おそらくは野球とかソフトボールが好きな人たちで集まって楽しむ、まぁ言ってみれば趣味でやっているだけならば…。

 

そんな中、昨日の日曜日のコト。

上にも書いたように、市全体で野球やらソフトボールやらを盛り上げようとしているらしく。市内の社会人ソフトボールチームが集まって、ソフトボール大会が開かれた。

それだけならば「まぁ勝手にやってくれ」でところなんだよね。

しかし。

この大会は、迷惑なコトに各地域の小学校のPTAがサポートする形で行われる。

そして俺はPTAの役員であった。

 

 

ムスメが通う小学校ではPTAの中でも、数人ごとにいくつかのチーム(○○部とか△△部などと呼ばれている)に別れており、チームごとに年間を通じてしなければいけない仕事が割り振られている。

で、俺が所属する部の、年間最大の仕事が上記のソフトボール大会のサポート、お手伝いであった。

もちろん、そんな大会があるコトも、そのお手伝いをしなければいけないコトも、最初から判ってはいた。なんせ、俺は昨年もPTAで同じ部に所属していたんだから。

ただ、昨年は俺は、指示された通りに動くだけで良かったんだ。段取りとかそーゆー面倒なコトは、他の人がやってくれていたから比較的楽ではあったんだ。

ところが今年は子供が6年生と言うコトで、半ば強制的に【部長】となってしまった。

婿養子に来てまだ数年。まだまだこの地域の風習やら伝統やらをよく知らない俺は、【部長】なんて心底遠慮したかったんだけれど。俺以外に6年生の子供を持つ親がいないのだから仕方がない。

過疎気味の田舎、怖ぇ…((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

まぁ【部長】と言っても、ほとんど名前だけの部長みたいなモノなんだけどさ。

ちなみに、俺以外の部の人たちは、みーんなママさんだわ。で、そのママさんの旦那さんがソフトボールの選手であるコトが多い、ときたもんだ。

他の部にはパパさんもちらほらいるけれど、基本、PTAってママさんばっかりだな。

まぁそんなワケで、1~2ヶ月前くらいから、部で話し合って準備を進めてきていた。飲み物はどうする、飲み物を冷やす氷はどうする、弁当はどうする、テントやブルーシートはどうする…………、などなど。

 

そんなこんなで、昨日の日曜日、ソフトボール大会は無事に実施され、無事に終了した。

これでとりあえず、ウチの部としては大きな山を越えて一安心、と言ったところである。

 

 

 

 

んだけどさ。

上の方にも書いたけどさ。

所詮はただの趣味のソフトボールチーム同士の大会やろ。

それになんでPTAが駆り出されるねん。

ん?

地域を代表して戦っている?

俺、そんなん頼んでないんだが。

仮にその大会で優勝したとして、賞金でも出るの?

その賞金で学校の備品を買ったりできるの?

なぁ~んにも得られるモノ、無いよね?

なんのメリットも無く、そして俺自身はソフトボールどころかスポーツすべてに興味も無く、喜びも楽しみもなく、せっかくの休日に家族と過ごす時間や自分の時間なんかをすべて犠牲にしてまるまる1日を潰して、炎天下でオッサンのお世話とか。

これ、なんて言う修行?

荒行?

拷問?

 

おかしいな。

すでに梅雨入りしているハズなんだけどな。

水害は勘弁だけど、昨日の日曜日は多少の雲と風以外は、すっげぇいいお天気だったんだよな。なんでこの日こそ、雨が降らないんだよ!

なんのための梅雨なんだよ!

ここで降らないでいつ降るんだよ!

意地を見せろよ、梅雨前線!

それとももしかして俺が知らない内に梅雨明けしたのか?

 

こんないいお天気の日に、まるまる1日を他人の趣味のお手伝いか。趣味のお手伝いをPTA挙げてしてもらえるなんて、良いご身分だこと。

じゃあ、PTAは俺の趣味のお手伝いもしてくれるのかな。今度、頼んでみようかな。

 

まぁ6年生のムスメも今年卒業だし、こーゆーのは今年で最後(のハズ)だし。もういいけどさ。

ホンット迷惑だわー…。

 

 

 

 

 

ホントに女は面倒くさい

先日の夜、ヨメが寝る前にいきなりキレた。

 

理由は、風呂上がりで寝る直前だったヨメと、これから風呂に入ろうかと風呂に向かう俺のシャツとが、すれ違い様に少し触れたから。

 

ヨメの言い分。と言うか、いきなり沸点到達(笑)

ちょっと!

そのシャツ、仕事から帰って着替えてもないんでしょ!

汗やなんかで汚れたシャツがわたしに触ったじゃない!

汚い!

そのシャツのままでご飯を作ったりソファーで寛いだりしてたの?!

シャツくらい帰ってきたらすぐに着替えてよ!

子供も居るのに不潔なコトしないで!!!

あーもう!

汚い!

せっかくお風呂に入ったのに汚れた!

もー1度流してくる!

 

 

…と言うコトらしい。

これまで一度も「帰宅したら即着替えて」なんて言っていなかったのに、いきなりのキレ具合に若干引きぎみな俺。

そりゃな。

これまでも何度も何度も言ってきて、それでもなお俺がその通りにしてこなかった、てのならキレるのも理解できるさ。

それが、初めての要求がキレながら、あるいはキレた後、て、なんじゃそりゃ?

キレずに普通に「仕事から帰ったらすぐに着替えてほしい」て言えば言いやん。瞬間湯沸かし器にも程がある。

とは言え、まぁヨメの言い分もわからなくもない。

 

俺のターン。

ごめん。

わかった。

明日からはそうする。

 

で、俺はこれで終わった終わった、さて風呂だ…、と風呂に行こうとすると、まだ終わっていなかった。

 

ヨメのターン。と言うか、一方的にキレまくる。要約すると、

以前から着替えてほしいとは思っていた。

それくらい、言われなくてもやってほしい。

どうして察してくれないのか。

 

と言うようなコトを、何度も繰り返し繰り返し、5~10分くらいは続いただろうか。

 

うわー…。

女の超絶ウッザいところ来たわー。

女の全員がそうってワケではないとは思うんだけど。だいたい往々にして、女って過ぎ去った過去をホジくりかえしてグチグチネチネチ繰り返すよな。

だいたい、俺はこの件に対して、「ごめん」と【謝罪】もしたし、「わかった」と【納得】もしたし、「明日からそうする」と【対応】も決めた。それで【解決】やないの?

俺が出来るコトはすべてしてあると思うだが。

その上でなお、グチグチネチネチ繰り返すのはなにが目的なんだ?

そうやってグチグチネチネチ繰り返すと、過去が変わるとでも思っているのだろうか。

グチグチネチネチ繰り返すコトでなにかが得られると思っているのだろうか?

たぶん、せいぜい得られるのは相手の男(この場合は俺)からの不信感とか嫌悪感とか失望とか、そういったマイナス感情だけだと思うんだが。

場合によっては男が女に愛想を尽かして別れ話に発展するかもしれない。俺も一瞬、【緑の紙様】を取ってこようかな、とか思ったわ。

 

誤解しないでいただきたいのは、ヨメの要求である『仕事から帰宅したら着替える』に対しては、俺は一切否定してはいない。むしろ、なるほどな、と、理解を示しているし、翌日からはその通りにする、と肯定しているのだ。

 

要は、それだけでは収まらずに過去の俺の行動(帰宅して着替えずに過ごしていた)を否定するコト、自分は相手(俺)に伝える努力をまったくしていないのに、相手(俺)には言わなくても察してほしい、と超能力を求めるコト、などを、今さらグチグチネチネチとしつこく繰り返すのだ。

どんなに言ったところで、俺が汗臭いシャツで過ごした過去は変わらない。しかし明日からは汗臭くないシャツで過ごす未来がある。それだけで充分なのではないのか?

 

 

 

以前にも書いたと思うけど、男女は脳の構造的に『男は解決を求める、女は共感を求める』と言われているらしい。

でもさ。

道端に転がる犬のクソ(失礼)ほどの意味もないような【共感】を100回、1,000回、10,000回するよりも、同じ失敗や過ちを繰り返さないように【対応・解決】を1回するのが有効だし合理的だとは思わないのか。

【共感】なんかいくらしたって、【解決】していなければ、結局また同じ失敗や過ちを繰り返すだけやん。

もちろん、いきなり完璧な【対応・解決】なんかできない。どんなコトでも【Try&Error】が必要だ。とにかくまずは【対応・解決】のために一歩踏み出すコトが大切だと思うんだよ。

それに比べれば【共感】なんか、使用済みのトイレットペーパーほどの意味さえも無いわ。

 

 

あー…。

女のこーゆーところ、ホンット面倒くせぇ。

 

 

 

その後、ヨメは一通り、いや数通りキレてから、キレながら寝室に向かった。

俺は、ようやく訪れた平穏な時間を、湯船で楽しんだ。

それにしても。

女ってメンドクサくて理解できん…。

 

 

ドラマ【もみ消して冬】

放送は昨年だったかな、俺はこのドラマは嫌いではない。おもしろいかおもしろくないか、で言うなら、おもしろい、と思う。

でも、それほど熱狂的にファンなワケではない。

ところがムスメと、特にヨメがお気に入りのようだった。

そしてこの夏、このドラマの続編の放送が始まった。

 

上にも書いたように、俺自身は特別注目していたワケではないんだけれど、ムスメと、特にヨメが狂喜した。

ぜひ録画しよう!!!

と言うので、先日、第一話を録画した。

で、忙しい日々の合間をぬってちょくちょく観ていた。俺はスマホを触りながら、横目でチラチラと観る程度だった。

そうするうちに、ドラマの中盤で、人工知能(AI)の『サユリさん』と言うのが登場した。

ドラマのストーリー等に関しては、もしもまだ観ていない人がいたらネタバレになるのも悪いので、触れないようにするが。

俺は横目で観ながら「この『サユリさん』の声、どこかで聞いたような気がするなー」と思っていた。

………………………………………………………あ。

もしかして、『ざーさん』の愛称でお馴染み(?)の『花澤香菜』さん…?

あの【天使ちゃんマジ天使!】でお馴染みの『花澤香菜』さん…?

そう思ってからは『サユリさん』のセリフすべてが『花澤香菜』さんの声に思えて仕方なかった。

 

そしてドラマのエンディングテロップには、やはり『花澤香菜』さんの名前が『サユリさん』のところに!

 

そうか。

ドラマにまで、活躍の場を広げているのか。

ま、恐らくこのドラマへの出演はこの第一話のみ、なんだろうけれど。

とか言いながら、最終話辺りでキーパーソン(?)として『サユリさん』が再登場する可能性も微レ存。

 

まぁ『花澤香菜』さん自身、普通に可愛らしいんだから、もっと普通にテレビとかに顔出ししても良いと思うんだけどなぁ。

 

そして、『花澤香菜』さんと言えばやはりこの曲だよな!

 


恋愛サーキュレーション full - YouTube

 

うん。

可愛い(ノ≧▽≦)ノ

 

 

 

あと、ライブバージョンは、観客が訓練されすぎ(笑)

この合いの手とか、どうやって合わせるんだろう?

観客同士で集まって練習とか出来ないだろうしなぁ…。

 


花澤香菜 恋爱サーキュレーションLive - YouTube

 

ねこねこ日本史

しばらく前、家族でTSUTAYAに行ってきた。

で、それぞれに別れてあれこれ見ていると、ムスメがとあるDVDを見つけて持ってきた。

それがアニメ【ねこねこ日本史】シリーズだった。

…なんだこれ?

パッケージの裏の説明を見てみると、ふむふむなるほど。

どうやら日本史を子供向けに簡単に判りやすく、登場人物を可愛らしくデフォルメした猫に代えてある(一部例外アリ)アニメーションらしい。

ムスメ、なかなか可愛いところあるじゃないか。

ここ近年、ムスメは日本の歴史にハマっている。主に室町時代辺り。戦国時代も少々。またはその周辺。戦国武将とかよりも、お姫様だとか貴族だとか、そっち系がお好みのようだ。

さらに他国の歴史(と言うかお姫様?)にも多少の興味を持っているようで、楊貴妃とかマリーアントワネットとか関連の映画のDVDをレンタルしたコトもある。

家族旅行でのお城巡りもその延長みたいなモノだ。

そしてそんなムスメが普段から読んでいる本は、ヨメや俺がタイトルは知っているけれど手に取ったコトさえもないような、そんな難しそうな本である。

参考までに、いくつかタイトルを挙げると…

 

更級日記

土佐日記

源氏物語

平家物語

枕草子

 

などなど。

さらに新元号【令和】発表よりも1年以上も前から万葉集やら百人一首やらを読んだり。で、さすがにすべてではないんだけれど、いくつかの歌を暗記している。

その他、時代小説、とでも言うのだろうか。例えば大河ドラマの原作とか参考文献なんかを知るとそれを読みたがったり。

とにかく「なんか難しそうな本だな」と思うような本を、好んで読む我がムスメ、現在小学6年生であった。

 

そんなムスメが、いかにも子供向けな感じのDVDを持ってきたコトに少々驚きながらも嬉しく思ったものだった。

そして、その【ねこねこ日本史】シリーズのDVDをいくつか借りて帰った。

 

俺も初めて見たんだけど、ワリと大御所声優さんが出ていてワロタ(笑)

山寺宏一さんとか小林ゆうさんとか。

 

で、だ。

先日たまたま、テレビの番組表を見ていると、なななななんと!

【ねこねこ日本史】がリアルタイムで放送しているっ?!?!?!

放送局は…。

NHKかよっ!!!

このアニメ、NHKやったんか!!!

まったく気付かなかった!

と言うか、気にしていなかった。

…不覚っ。

 

ここ最近は、ムスメもNHKの【ヒストリア】に飽きてきたようで、家族でNHK離れが進んでいたのに…。

ムスメに聞くと「見たい!」「録画したい!」とのコト。

そうか。

ならば致し方あるまぃ。

不倶戴天の、憎きNHKと言えど、ムスメのためであれば録画くらいしてやるさ。

あぁ!

録画してやるとも!

NHKの視聴率に貢献するのはなんだか癪だけど。

 

でもまあ、考え方によっては、残念ながら、嫌々、泣く泣く、仕方なく、受信料を払っているんだから、「NHK大嫌い!」と見ないのは逆にもったいないのかも知れない。それこそ、お金をドブに捨てるようなモノかも知れない。

であればいっそ、支払った受信料分以上は、NHKを見ないと損なのかも…。

それに、決して安くはない受信料、有意義に使っているのかを監視しなくては…。

…なんて考えて、自分を無理やり納得させようとしている俺ガイル。

 

ちなみに【ねこねこ日本史】、特に歴史に興味がない大人(俺)が見ても、そこそこ楽しめた。

日本の歴史を知るための入り口としては、良いかもね。ただ、各話ごとの主役(歴史上の人物)によって年代が前後に飛ぶので、年表とかで確認しながらでなければ、混乱するかも???

 

今日の昼飯は~

俺が昨日のうちにスーパーで買っておいた、半額見切り品のお惣菜弁当である。

別にそれはいい。

俺は『弁当はヨメが作るべき!』とかしょーもないこだわりは無い。

なんならカップ麺でもいい。

俺も一人暮らしがそこそこ長かったし、専業主婦ならともかく、仕事もしながら家事もする、その大変さはある程度は理解しているつもりである。

なので、仕事中の昼食がカップ麺でもお惣菜でも近所のラーメン屋でも喫茶店でも良いし、そもそも基本的に昼食はヨメに頼らず自分で用意しているし、それで良いと思っている。

 

で、本題なんだけど。

さて飯だ飯だー!と、弁当を取り出し机に置いて、「いっただっきまぁ~すっ!」と割り箸を割ったところ…。

まずは写真を見ていただきたい。


f:id:ponkotu-papa:20190621125252j:image

 

写真では判りにくいかもしれないけれど。

どうよ、これ…。

ちなみに左上が食べ物を挟む方で、右下が持つ方な。

俺、40数年生きてきて、もしかすると初めてかもしれない。こんな割れ方をする割り箸

見たの…。

まぁ、スーパーでお弁当を買った時にもらった安物の割り箸に、さして期待はしちゃいないけれど。さすがにコレはどーなんだ?

 

仕方ないので、予備の割り箸を出して食ったわ。

 

ちょっと衝撃的な昼食だった…。

 

マンションの受水槽で泳ぐバカ

いやー。

なんつーか。

定期的のこーゆーバカ、沸くよね…。

確か何年か前にも、貯水槽で泳いでいたバカ高校生がいたって問題になったよね。

 

バカだなー。

アホだなー。

いや、もうホント、救いようが無いバカって、こいつらのためにあるような言葉だな。

同じ日本人として、いや、同じ人類として恥ずかしいわ。

 

で、また『バカ発見器』あるいは『バカッター』と揶揄されるTwitterに投稿したのかと思っていたら、どうやらTikTokだとか?

Twitterもそうだけど、TikTokも良い迷惑だよな。バカのせいで自社や製品にケチが付くんだもんな。

 

それにしても。

とーゆー育ち方をすれば、あんなバカに育つのか。

ぜひともあのバカどもの親御さんには『子育て失敗例』として全国で公演してほしいわ。

「こんな子育てはこんなバカに育ちますよ」ってさ。

 

さて。

あのバカども。

ただの悪ふざけのつもりだったんだろうけど、刑事と民事で逮捕やら賠償金やらでさぞかしガクブルしているコトだろう。

ザマァ!

 

 

 

生理 続報

ムスメの生理もようやく終盤になり、少~しだけ落ち着いてきた、ように見える。それでも俺への理不尽な八つ当たりは絶えないんだけれど…。

今日だって俺がテレビを見ていると、

「テレビとわたしとどっちが大事なの? わたしが大事ならわたしを見てよ!」

と言うので、テレビを消してムスメを見つめていると、20秒も経たずに

「こっち見んな!」

って言われた…。

どーすりゃえぇねん…。

 

そんな中。

今度はヨメの生理が始まった。

まぁヨメはいい大人なので、ある程度自分の感情のコントロールなんかも出来るようで、ムスメほどの理不尽はほとんど無いんだけど。

それでもたまーにイライラしているのを感じる時がある。

 

生理、怖ぇよ。

マジパネェよ…。

40半ばのオッサンが、トラウマになるんじゃないかと本気で思う。

いやね。

本当に辛いのは生理になっている本人なんだろうけどさ。

だからって理不尽や不条理を他の人間にぶつけるってのは、違うんじゃないかぃ?

とか言うと、『ムスメやヨメが大事なら、生理時のイライラくらい受け止めてやれよ』とか言う人、いるよね。

じゃあ逆に『旦那や父親が大事なら、なんの解決にもならない理不尽な八つ当たりをしてないで、自分の感情くらい自分で解決しろよ』と言いたい。

 

世の中のパパさんたちは、こんな時はどーやってるんだろ…。