ponkotu-papaのブログ

バツイチパパの日常を気の向くままにつづりす

エアコンについて その4

じゃあ、フィルター自動掃除付きエアコンの場合は、と言うと。

こちらもやっぱり定期的に掃除はしなきゃいけない。

ただ、掃除をする頻度は、自動掃除が付いていない機種と比べてかなり少なく、機種や環境にも寄るけど、おおよそ半年に1度くらい。自動掃除が無しだと、2週間に1度の掃除が、自動掃除が有るだけで6ヶ月に1度、単純計算で掃除の頻度は“12分の1“となり、ずいぶん楽になる。

エアコンの、機械としての寿命はおよそ10年と言われており、この手間の差は非常に大きい。

仮に夏の冷房だけに使うとしても、毎年4ヶ月から6ヶ月ほどの間だけでも、2週間ごとの掃除か1シーズン1度の掃除かを10年間続けるなら、どちらが良いだろうか…?

 

もし俺が、友人知人にエアコンを奨めるなら、最低限、フィルター自動掃除付き以上を奨める。

その3にも書いたけど、自動掃除の有り無しの価格差は、3万円から5万円ほど。確かにこの数字だけを見れば、結構大きな金額ではある。

でもその差額で、掃除の手間が大きく違ってくる。それも10年間。

そう考えると、3万円から5万円高くなっても、自動掃除付きの方がコストパフォーマンス的にかなりお得である、と考えられるのではないだろうか。

仮に、俺が貴方に、『5万円あげるから、今後2週間に1度、10年間、エアコンのフィルター掃除を欠かさずやってほしい』と頼んだら、果たしてやろうと思うだろうか。少なくとも、俺はやらない。そんな面倒臭いコトを、3万円から5万円ほど出せば、文句も言わずに自動でやってくれるのだ。

 

 

俺が売り場に立っていたころ、よくいたお客で、ワリと若い夫婦とかに多かったのが、「子供部屋用だから、安いヤツで」と言う人。

あのね。

子供は月1さえも掃除しないよ?

パパさんママさんが代わりに掃除する?

そのうち子供さん、思春期突入で親が部屋に入るのを嫌うよ?

自分で掃除もしない、親に掃除もさせてくれない、電気代も気にしない、夏休みとか、受験生にもなれば下手すると24時間エアコン運転しっぱなし、なんてコトもあるよ?

…とはさすがに言えなかったんだけど、ここなら言える!

頻繁に掃除できない部屋ならなおさら、自動掃除付きをお奨めする。

まぁ、客間とかなら、お盆やお正月の前に掃除すればいいんだから無理に自動掃除付きじゃなくても良いんだけど。

 

 

 

ここで、自動掃除付きのデメリット…、と言うほどでも無いと思うんだけど、一応説明しておく。

掃除するのはフィルターはもちろんなんだけど、フィルターから機械が掻き取ったホコリを溜めるダストボックスも掃除しなきゃいけない。つまり、掃除の手順が増えるのだ。まぁそれだけの話なんだけど。

 

掃除方法は、掃除機で吸い取っても良いし、お風呂場で水で流しながらブラシで擦ってもいい。キッチンなどで油汚れが気になるなら、洗剤を使っても良いけど、しっかりすすいで。

当然、フィルターが破れるほど力任せにガシガシこするのはダメ。ほとんどのホコリは、軽く撫でるだけで取れるんじゃないかな。

 

そうそう。自動掃除が付いていてもいなくても、掃除を終えたフィルターをエアコンにセットする時には、上下や裏表に気を付けて、しっかり確認が必要だ。これを間違えると、フィルターが破れたり壊れたり、最悪、エアコン本体の破損に繋がる恐れもある。

 

 

 ◆フィルター自動掃除付きエアコンは便利。でも掃除はダストボックスまで忘れずに◆

 

 

つづく

 

エアコンについて その3

『その1』と、ちょっと内容が被るんだけど、エアコンのフィルター掃除ってしています???

 

◆エアコンのフィルターは定期的に掃除しないと、いろんな意味で残念な結果に◆

 

 

 

フィルター自動掃除付きじゃないタイプ、買った人が自分で掃除しなきゃいけないタイプ、もっともスタンダードと言うか、安価なタイプの話なんだけど。

 

各メーカー推奨の掃除の頻度って、ご存知だろうか。

ほとんどのメーカーで、フィルター掃除の頻度は【2週間に1度】とされている。当然、使用環境にも寄るんだけど、俺が売り場に立っていたころは、「2週間に1度、悪くても1ヶ月に1度は掃除を」と説明していた。

 

ではなぜ、フィルターの掃除が必要なのか?

『その1』でも書いたように、フィルターに付いたホコリをエアコンが吸い込んで、そのまま吐き出して部屋中にホコリが舞う可能性がある、…んだけど、まぁ喘息とか気管支に問題が無ければ、ホコリやチリを人間が吸い込んだところで、なんとなく気分が悪いくらいで特に問題は無いかな。

 

フィルター掃除をしない弊害は、まだある。

それは、運転にかかる電気代が増える、と言うコト。

想像してほしい。

自分が呼吸する際、なにも無く呼吸するのと、マスクを何枚も重ねて呼吸するのと、どちらが楽か、シンドいか…。当然、前者が楽で、後者の方がシンドい。

エアコンにも同じコトが言える。

フィルターにホコリが溜まった状態で運転すると、冷暖房に必要な空気を吸い込むために、より大きなパワーが必要になり、結果、電気代が上がる。

 

どのくらい上がるのかは、各メーカーに寄って違うし、ネットの情報まで含めると、俺が確認しただけで5%~45%まで開きがあった。これも使用環境に寄るところが大きいので一概には言えないんだけど。ただ、判らないのが、この『5%~45%電気代が上がる』と言う情報に、『なに(いつ)と比較して』なのかがいくら探しても見つけられなかった点。

つまりね。

『5%~45%電気代が上がる』のが、『前月比』なのか『前年比』なのか、あるいはそれ以外なのかが判らないってコト。

 

 

まぁここは仮に、『フィルター掃除をしないと、前年と比較して20%電気代が上がる』と過程して計算してみよう。

エアコンを使わない時期と使う時期との電気代の差を『1ヶ月当たり10,000円』とする。これは言い換えると「エアコンにかかる電気代が『1ヶ月当たり10,000円』」と言うコト。

エアコンを使うのは、6月から9月までの4ヶ月間のみとする。

今年が新品購入した1年目とする。

 

1年目:10,000円×4ヶ月=40,000円

まぁ、これは純粋に「使った電気代」なワケで。問題はこれから。

毎年、電気代が20%上がっていくとして計算をすると…

2年目:12,000円×4ヶ月=48,000円

3年目:14,400円×4ヶ月=57,600円

4年目:17,280円×4ヶ月=69,120円

5年目:20,736円×4ヶ月=82,944円

と、5年目で1年目の2倍を越えてしまった。3年とか5年とかの間、フィルター掃除をしていないって、ワリとリアルな数字ではないだろうか。

もちろん、これはあくまでも机上の空論でしかなく、1ヶ月当たりの電気代も、運転する期間も、上がるパーセンテージも、各家庭、各部屋、各環境に寄って異なるんだけど。参考までに。

 

 

フィルター自動掃除機能が付いていないエアコンは、付いているエアコンと比較してずいぶん安い。平均して3万円くらい安いんじゃないかな?

でも、安い分、メンテナンスをしっかりやらないと逆に損をするコトにもなるかもしれないと言うコト。

 

イニシャルコストとランニングコストトータルコストと、そーゆー意識を持って買い物をすると良いかと思う。

 

安いモノには安いなりの、高いモノには高いなりの、理由があるのだ。

 

 

つづく

 

エアコンについて その2

◆夏、暑くなって本格的にエアコンを使い始める前に、まず数時間の試運転をしてみる◆

 

これは、しばらく使っていないうちに、いつのまにやら壊れていないかを確認するため。

 

今くらいの時期、まだ比較的涼しいうちに試運転しておくコトが大事。

俺が売り場に立っていたころ、梅雨が明けて本格的に暑くなってきたころに、結構な確率で「暑くなったから動かしたら壊れてて」「前回動かしたのは去年」って人がいた。で、本格的に暑くなってくると、今度は取り付け工事が立て込んで、待ち日数が増えてくる。

本格的に暑くなってきたからこそエアコンを使いたいのに、その時期にエアコンが使えない、なんて悲しい…。

今くらいの時期なら、最速で【翌日取り付け】も可能(まぁ実際は2~3日後以降ってのが多いと思う)だろう。

 

また、これはワリとお爺ちゃんお婆ちゃんに多かったんだけど、8月に入ってから「客間(子供部屋などのパターンもあり)のエアコンが壊れてて…」って人。

お盆の来客とか、都会で働く息子や娘、その家族たちの帰省とかに合わせてエアコンを取り付けしてほしい、てコトなんだけど。まぁこれははっきり言ってムリだ。

一番忙しい時期で、普通に取り付け工事に1週間2週間順番待ちもザラなのに、ひどい場合には8月10日を過ぎて「お盆までに取り付けてほしい」なんて無茶振りするお客もいた。

どんなに懇願されてもムリなモノはムリだよ。

 

エアコンに限った話ではないんだけど、しばらく使っていない機械モノは、【本格使用の前に試運転】、これホント大事!

 

 

 

エアコンについて その1

本日6月21日、確か夏至だっけ?

これからますます暑くなってくる。で、そろそろどこの家庭でもエアコンを使い始めるのばないかと思う。

 

実は俺、こう見えて(笑)数年前には某大手家電メーカーの契約社員として、Yマダ電機やKーズデンキなんかの店頭に立ってエアコンを販売していた。

ほら。電機屋さんに行くと、家電メーカーの札を首から下げている人がいるでしょ?

あーゆー人なんだけど。

 

で、せっかくなので、当時覚えた知識なんかを、エアコンの上手な使い方を交えてここに備忘録を兼ねて書きたいと思う。ま、すでにネット上にさんざん書かれているコトばっかりだけどね~(^ー^)

 

 

 

まず、これからの時期、エアコンを本格的に使うようになると思う。でもちょっと待って!

冬は暖房で使うけど、春にエアコンって普通は使ってないよね?

と言うコトは、使っていない間の数ヶ月分のホコリが、エアコンの上に積もっているかもしれない。そのまま運転すれば、そのホコリを吸い込んで吐き出して、部屋中にホコリが舞うコトになる…。

 

◆しばらく使っていないエアコンを動かす前に、エアコン上部のホコリ掃除と、ついでにフィルター掃除をする◆

 

 つづく

 

祝! ぽてち、復活の兆し!

今朝のニュースで「ポテトチップスが店頭に並び始めている」とやっていた。

 

ぽてち、旨いよな!

ぽてち、最高だな!

カールも決して嫌いではないが、ぽてちかカールかなら、ぽてちを選んでしまうぜ!

カールがぽてちに負けたのも、残念ながら納得できてしまう…。

 

 

 

ところで『ぽてち』とワザとらしく連呼してみたが、意味は伝わっていると思う。

さて。

この『ぽてち』と言う言葉。どこから発生した言葉なのかをご存知だろうか。

かなり有力な説として、20年か30年ほど昔に「なかよし」で連載されていた『きんぎょ注意報』と言うマンガの中で、主人公の【わぴこ】の好物が『ぽてち』、と言うモノ。当時はアニメ化もされ、お茶の間に一気に広まったらしい。

 

こんな感じで、普段何気なく普通に使っている言葉も、実は元々はマンガとかアニメの中で使われていた言葉、なんてコトもワリとあったりする。

 

では、ここでもうひとつ。

自分の恥ずかしい過去、忘れたい過去なんかを『黒歴史』と呼ぶ人もずいぶん増えてきたかと思う。

この『黒歴史』と言う言葉。

実は【∀(ターンエー)ガンダム】の劇中、何度も繰り返し使われた言葉。

劇中では人類が長年繰り返してきた過去の戦争の歴史(これまでのガンダムシリーズ)を指す言葉であり、「黒歴史を繰り返してはいけない!」というように使っていたんだけど。

いつの間にか、恥ずかしい過去やら忘れたい過去なんかを指す言葉になってる…。

 

 

 

 まぁ、なにが言いたいのかと言うと…

 

【ぽてちの復活、めでたいよな!】

 

と言うコト。

 

こんなに嬉しいコトはない…

 
ガンダムラスト - YouTube

 

嫁とケンカした その5

その4の最後に書いた、道を歩いていて転んだ時云々のところ、書き忘れたコトがあるので追加。

 

“道を歩いていて転んだ時、自分で立ち上がる強さと、次また転ばないように工夫する柔軟性を持ってほしい“

 

ってのを、脳内補完よろしく!

 

 

 

 

なんか嫁親の庭木の剪定から始まって、今やそんなコトも忘れるくらい、【嫁vs俺】の図式が出来上がってしまっている。

なんか、こんなのを読まされる読者の方にも申し訳ない気がするんだけど、でも敢えて愚痴らせていただくっ!(握り拳)

 

さて。

ケンカの内容は子育て論に留まらず、【家】のコトにまで及ぶんだな、コレが…。

 

嫁「なんで掃除してくれないのっ?」

嫁「食事の後シンクまで食器を運ぶくらいやってよ!」

嫁「わたしだって仕事をしているのに、わたしばっかり家のコトしてる!」

てな感じで、まとめると

嫁「もう!  なんで気が付かないのっ?!」

てコトらしい。

 

でもさ。

俺、結婚する前に「俺、掃除できないよ?」って宣言してあるんだけど…。それでも嫁、OKしたじゃん。

まぁ厳密に言えば「出来ない」んじゃなくて「苦手」なんだけどさ。

 

以前、「我が家では家事は担当制ではない」って書いたように思うけど、そうは言っても日々暮らしていくうちに、ある程度自然と役割が決まってくるよね。

 

朝食作り、食事の後片付け、ゴミ出し、娘の登校準備・確認、洗濯、食事の片付け、トイレ掃除…なんかは嫁がほとんどやっている。

夕食作り、洗濯物取り込み、麦茶作り、お風呂用意、お風呂の排水口掃除、お風呂掃除…なんかは俺がほとんどやっている。

あとはまぁ、リビングとか廊下の掃除機がけなんかは気が付いた方がやっている感じで、洗濯物干しは、入浴後の浴室乾燥に嫁と俺とで共同作業でやるコトが多い。

 

………確かに、家のコト全体の7割くらいは嫁がやっている…のかも…しれない…。

で、でも!

俺だって「あれやって、これやって」って言ってもらえれば動くぜ!

嫁からすれば「気が付かないのが腹立たしい」のかもしれんけど、気付くか気付かないかなんか、人それぞれやん?

同じモノを見ても、例えば部屋の隅っこにホコリが落ちていても、「掃除機かけよう」と思うのか、ホコリ自体は認識しても気にも留めないのかは、人それぞれやん?

例えば、部屋の汚れ度合い、散らかり度合いが10%の時に嫁が掃除をしたくなるとしたら、俺は20%30%くらい気にも留めず、70%80%くらいになって初めて掃除しようかな、みたいな?

本人が気付かないのに、なんで動ける?

「自分が出来るんだから、誰でも出来て当たり前」とか思っちゃイカンよ。

だったら嫁は、俺と同じようにパソコンが、Excelが使えるのかと問いたい、問い詰めたい、小一時間問い詰めたい

 

人それぞれ、出来るコト出来ないコトがあるんだよ。

嫁は保育士として、児童心理学とかを専門で勉強しているだろうけど、俺なんか完全にド素人なんだから、嫁と同じように子供の心理を考えたり読んだりなんてできねぇーYO!

自分が出来るからって、俺にまで同じレベルを要求すんな!

俺が娘や甥っ子の心理を考えなかったり読み違えたりしたのをいつまでもネチネチ言うな!

 

嫁がExcelが出来なくて俺にヘルプしてきた時に、俺がキレたコトあるか?

無いだろ?

そりゃ多少は「前にも同じコト教えたんだけどな」とイラっとするコトもあるかもだけど、でも嫁が俺に対してキレるほど、俺が嫁にキレたコトは無い、と思う…。

だって。

嫁と俺は違う人間なんだもん。

得手不得手、得意不得意、向き不向きはあるさ。

 「やらない」んじゃなくて、「出来ない」のは仕方ないだろ。

 

確かに家の中のコトでは、嫁の方が気付く点が多いさ。

でもさ。

嫁が気付かないところに、俺が気付いてこっそり処理してるモノだってあるんだぜ?

例えば浴室乾燥のフィルターや、各部屋のエアコンのフィルターとダストボックスとか、嫁、一度でも掃除したコトあるか?

てか、そんなところ、掃除しなくちゃいけないなんて、夢にも思ってないんだろな。

シンクや洗面台の蛇口や、シンクそのものや調理場からIHヒーター周りまで、たまーにメラミンスポンジで磨いているの、気付いてないだろ?

嫁だって、気付いてないコト、案外多いんだって。

 

俺は嫁に完璧を求めてない。そもそも完璧な人間なんて存在しないんだ。人間は神様じゃないんだから、不完全で当然なんだ。

だから、嫁も俺に完璧を求めるな。いいな、求めるなよ?

別に「押すな、押すなよ」の振りじゃないからな?

 

嫁から見て、俺が気付いてないな、と思ったんなら、気付かないコトにイライラする前に、「あれやって、これやって」って言えばいいんだ。

「気付くまで待とう」ってのなら、イライラすんな。

「言わなくても判るだろう」って、俺は超能力者じゃないんだから。

言わなきゃ判らんだろ?

 

 

 

 

 

…とまぁ、嫁とはケンカしつつ、どうにかそこそこうまくやっている、と思う。一応、これでもいつも嫁にこっそりと感謝しているんだ。言わないけどな!

…え?

感謝も言わなきゃ伝わらない?

…別に伝わらなくても良いの!

俺の気持ちの問題だからね。

 

そして、庭木の剪定以降、2週間ほど経ってようやく、嫁親から少~しだけ、歩みよりの姿勢が見え隠れし始めた感じ。

まぁ、嫁も俺も、嫁親に対して謝るコトは何も無いと思っているから、こちらから歩み寄るつもりは無いんだけど。嫁親から歩み寄って来るなら、別に拒んだりはしないかな(上から目線

 

これからもこーやってケンカしつつ、お互いの本音をぶつけあっていけたら、それはそれで幸せのひとつの形かも知れない…。

 

 

【共謀罪】成立

嫁とのケンカ話はちょっと休憩(笑)

 

サイコパス」と言うアニメがある。原作は知らない。

ゲームかな?

マンガかな?

小説かな?

まぁいいや。

アニメ「サイコパス」の舞台は近未来の日本。そこでは人々は心理状態を常に『色相』として監視されている。

で、邪な考えを起こす(劇中ではこの状態を『色相が濁る』と表現)と、たちまち逮捕されてしまう。例えば俺がその世界で、道ですれ違った綺麗な女の子のおっぱいを揉みたい!とか考えただけで逮捕されるかもしれない…。

で、その邪な考えや実際の犯罪行為を数値化(犯罪係数)して一定以上にまで高まると、凶悪犯として裁判も無くその場で処刑されてしまう。

俺なんか1日24時間のうち、起きている時間の99%はえちぃコトを考えているから、そんな世界では5分と生きていられないよな…。

で、その処刑方法がこれまたグロいので、そーゆーのに耐性が無い人は見ない方がいいかもね。

この「サイコパス」の世界ではたぶん、本当に清い心の持ち主しか生きていけないと思う。

 

今日、【共謀罪】が成立した、らしい。

行きつくところは「サイコパス」みたいな監視社会なんじゃね?

考えようによっては、犯罪を未然に防げるかもしれない。これまで警察は、犯罪行為があって初めて動けていたワケだけど。

例えば万引きをしてお店を出て初めて逮捕できていたんだよな。これからは、「万引きしてやるぞ!」と考えただけで、実際には万引きしていなくても逮捕できるようになるのかな。

万引きに限らず、痴漢でも空き巣でもオレオレ詐欺でも、その他のいろんな犯罪行為を実行前に逮捕できるようになるのかな。

犯罪を未然に防げる夢の法案?

 

でもさ。

逮捕されるかされないかの明確なラインが曖昧なんだろ?

例えばこう言うブログなんかも、下手すると

「政府を批判している!」

「国家転覆を企んでいるに違いない!」

「テロ行為に発展する可能性がある!」

「逮捕だー!」

とかってなるかもしれない。

 

俺なんかこーやってちょこっとしたブログを書く程度のささやかなモンなんだけど、プロの表現者にとっては死活問題らしいね。

作詞家とか、映画や演劇の監督とか、演出家とか、作家とか、マンガ家とか、画家とか、風刺画家とか風刺マンガ家とか、あとテレビ番組の内容なんかも。これまでは認められていた表現の自由、権利が、これからはどの表現が逮捕に繋がるのかビクビクしながら活動していかなきゃいけないんだ。

それどころか、政府に媚びを売ったモノだけが認められるような、それこそ北朝鮮みたいになってしまうんじゃないだろうか。

 

いったい、どこを目指しているんだ…???